1. TOP
  2. どこでもチャイム(2)

どこでもチャイム(2)

入手先など

アンドロイドOSを搭載した携帯型情報端末にある標準アプリ「アラーム」

こんな教材です

・学部により時間割が異なる場合がある特別支援学校では、時間によってはチャイムが鳴りません。また院内学級などでは、病院内のため始業と終業のチャイムが鳴らすことができません。そこで、上記の著作権フリーのサイトより「学校のチャイム」の音源をダウンロードし、携帯型情報端末に転送して、アラーム音として、鳴らしたい時間に鳴らしました。

目標例

・チャイムの音を聞いて、授業の始まりや終わりを意識することができる。

こんな子にお勧め

・授業の始まりや終わりが意識しにくく、場面の切り替え委が苦手な子
・聴覚が優位で、音声で見通しをもつことができる子

指導・使用上の留意点

・機種変更などで不要になった古い携帯型情報端末を活用すれば、コストはかかりません。
・携帯型情報端末で「You Tube」等の動画サイトをブラウザアプリより開いて「学校 チャイム」で検索し再生することで、同様にチャイムを鳴らすことができます。

2018年3月26日

高松養護学校

  • 教材の写真
  • 指導場面の写真