1. TOP
  2. ドロップトーク ~単語モード編~

ドロップトーク ~単語モード編~

入手先など

アプリ名:ドロップトーク(DropTalk)

※このアプリケーションの著作権は Droplet Project に帰属します。

https://itunes.apple.com/jp/app/doropputoku/id373051396?mt=8

こんな教材です

・話し言葉でのコミュニケーションを苦手とする子のコミュニケーションを助けるソフトウェアーです。

・1画面に9つまでのシンボルを配置でき、1画面上のシンボル数と種類は「設定」モードで切り替えることができます。

・「キャンバス」上のシンボルを指で押すと、シンボルに対応した音声が再生されます。

・シンボル(絵記号)とそれに対応した音声が300以上登録されているほか、「シンボル作成」機能で写真や音声を入力して必要なシンボルを簡単に作成することができます。

目標例

・朝の会や授業での号令をかける。

・行きたい所や欲しいものなどを要求する。

こんな子にお勧め

・話し言葉でのコミュニケーションを苦手とする子

・シンボルの意味が理解でき、自分の意思等と対応させて操作できる子

・指先でシンボルを押すことができる子

指導・使用上の留意点

※「ドロップトーク~文章モード編~」(香川西部養護学校 登録)
  http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/?p=1315
 「DropTalk HD」(高松養護学校 登録)
  http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/?p=2186
 「ドロップトークでスケジュール確認」(香川西部養護学校 登録)
  http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/?p=3529
  も参照してください。

2014年10月21日

香川西部養護学校

  • 教材の写真
  • 指導場面の写真