ニュース・お知らせ

地方創生☆政策アイデアコンテスト2017

今日の観一   2017/12/06

本校生徒の研究が、地方創生☆政策アイデアコンテスト2017(内閣府地方創生推進室主催)で地方二次予選を通過した42組に選ばれました。

残念ながら全国1次審査は通過できませんでしたが、全地域で高校生・中学生以下の21組に選ばれました。本校の文系課題研究で、観音寺市の農業について現状を調べ、農業の活性化のための政策アイデアを研究・提案した4人は、いずれも2年3組の生徒です。

https://contest.resas-portal.go.jp/2017/

 生徒たちは、地域の多くの耕作放棄地を見て、市の農業について興味を持ち、現状と課題を統計を用いて分析し、他県の取り組みを調べ、聞き取り調査なども実施し、農業の活性化について、新規就農者が定着するための政策アイデアを作成しました。

 RESASを幅広く活用してデータを収集するとともに、その他の資料の活用、市役所や移住者へのヒアリングなど、幅広く調査を重ね、課題を明らかにしている点や、政策アイデアが抽出した課題に沿っており、かつ、独創性を感じる点などが評価されました。

 文系課題研究は今年度より本校で取り組みはじめた授業です。

 今回の地方二次予選突破は今後の文系生徒の研究推進について、大きな励みとなっています。