ニュース・お知らせ

2017年12月

2017吹奏楽部クリスマスコンサート

お知らせ   2017/12/21

日 時   平成29年12月22日(金)  12:50~13:20

場 所   観音寺一高 中庭

演奏曲   鷲の舞うところ、恋、ジングルベル 他

駐車場   正門から入校し、体育館前駐車場に駐車下さい。

高校生ビジネスプラン・グランプリ

今日の観一   2017/12/11

本校生徒の研究が、高校生ビジネスプラン・グランプリ(日本政策金融公庫主催)でベスト100に選ばれました

 ベスト100に選ばれ、表彰を受けたのは、本校の文系課題研究で、高齢者の安全な運転に関するビジネス・プランを研究・提案した4人(小田純也君、田中友貴君、小畑汰地君、香川亮太君 いずれも2年2組)。文系課題研究は今年度より本校で取り組みはじめた授業であり、今回の受賞は今後の文系生徒の研究推進について、大きな励みとなる

 彼らは高齢者ドライバーが多くの事故を起こしている事実に着目し、ドライバーが車に乗れる能力があるかどうかをテストできるアプリの実用化を提案した。このアプリを車のカーナビなどに搭載し、高齢者ドライバー自身にテストを行ってもらい、運転可能な状態にあるかを判断する。可能であればエンジンのロックが解け、不可能な状態にあるのならエンジンのロックが解けず車を発進させることができないという仕組みである。アプリの開発までには至っていないが、社会に役立つその内容や安価で交通事故を減少できる点、香川県の交通事情にも効果があるとして高く評価された。

 なお、全国3247件のエントリーのうち、四国からのエントリーは81件で、ベスト100に選ばれたのは、香川県では本校のビジネスプラン1件であった。

IMG_8636.JPG

IMG_8641.JPG

 

 

 

新体育館緞帳披露式

今日の観一   2017/12/11

新体育館の緞帳披露式が行われました

 12月10日(日)、今年9月に完成した新体育館の緞帳披露式が同窓会主催で行われました。緞帳の原画は、本校卒業生で洋画家の田中岑氏の「凧双つ」です。
 緞帳お披露目のあと、邦楽部、吹奏楽部がすばらしい演奏を披露し、写真部が作成した「今の観一高」のスライドが上映され、式典に花を添えました。
 また、記念公演として、本校卒業生で、本校や観音寺市を舞台とした小説「青春デンデケデケデケ」で直木賞を受賞した、芦原すなお氏によるトーク&ギター演奏が行われました。芦原氏の「文化の拠点 我が母校」と題して行われたトークでは、芦原氏の母校愛があふれ出る内容でした。また、同じく同窓の原隆氏とともに行われたギター演奏では、小説の中で描かれた高校時代のバンド活動を彷彿とさせるものになりました。
 緞帳作成にご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。 新緞帳は今後何十年にもわたり本校および本校生徒を見守ってくれることでしょう。
 
IMG_8575.JPG
 
IMG_8573.JPG
 
IMG_8592.JPG
 
IMG_8610.JPG
 
IMG_8608.JPG
 
IMG_8615.JPG
 
IMG_8620.JPG

地方創生☆政策アイデアコンテスト2017

今日の観一   2017/12/06

本校生徒の研究が、地方創生☆政策アイデアコンテスト2017(内閣府地方創生推進室主催)で地方二次予選を通過した42組に選ばれました。

残念ながら全国1次審査は通過できませんでしたが、全地域で高校生・中学生以下の21組に選ばれました。本校の文系課題研究で、観音寺市の農業について現状を調べ、農業の活性化のための政策アイデアを研究・提案した4人は、いずれも2年3組の生徒です。

https://contest.resas-portal.go.jp/2017/

 生徒たちは、地域の多くの耕作放棄地を見て、市の農業について興味を持ち、現状と課題を統計を用いて分析し、他県の取り組みを調べ、聞き取り調査なども実施し、農業の活性化について、新規就農者が定着するための政策アイデアを作成しました。

 RESASを幅広く活用してデータを収集するとともに、その他の資料の活用、市役所や移住者へのヒアリングなど、幅広く調査を重ね、課題を明らかにしている点や、政策アイデアが抽出した課題に沿っており、かつ、独創性を感じる点などが評価されました。

 文系課題研究は今年度より本校で取り組みはじめた授業です。

 今回の地方二次予選突破は今後の文系生徒の研究推進について、大きな励みとなっています。