> 学校紹介> アクティブラーニング> 平成28年度校内研究授業 
平成28年度校内研究授業
 平成28年 5月14日(土)4限 コミュニケーション英語Ⅲ
「Christian the Lion」
 3年2組
・知識構成型ジグソー法を使用
・4技能を統合した活動である。
・「主体的な学び」、「協働学習」、
 「深い学び」がある。
 <ダウンロード>
 
280514英語指導案.pdf 
 平成28年 5月25日(水)6限 数学A
「場合の数」
 1年6組
  ・始めに黒板にこの1時間のスケ
 ジュールを書き、時間の使い方が
 わかるように提示した。
・2人組でじゃんけんをさせ、何通
 りの勝敗のパターンがあるかを考
 えさせた。
 <ダウンロード>
 280525数学指導案.pdf
 280525数学ワークシート.pdf
 平成28年 5月31日(火)2限
 平成28年 6月 1日(水)5限
 平成28年 6月 2日(木)5限
 物理基礎 

 ・問題を提示し、個人で予想、グ
  ループ討議、ホワイトボードの発
  表、実験による確認という流れで
  授業を行った。一人で予想し結果
  を示していた授業に比べて、生徒
  が他の人の意見を多く聞くことが
  でき、考えを深めることができ
  た。
 平成28年 6月15日(水)1限
数学A
「円順列」
 1年6組
   ・画用紙で作った円盤を各班に用意
 し、グループの意見をホワイト
 ボードにまとめさせ、全班で共有
 し合って考えさせた。
・いくつかの班の代表者に発表させ 
 た。
 <ダウンロード>
 
280615数学指導案.pdf
 280615数学ワークシート.pdf
 平成28年 7月 7日(木)6限 現代文B 2年7組
 No Image  No Image ・登場人物の心情をグループで考え
  られているか。
 ・生徒主体でグループごとに発表で
  きるように指導を行った。
 <ダウンロード>
 
280707国語指導案.pdf
 280707国語ワークシート.pdf
 平成28年 7月12日(火)1限
 化学
「溶解のしくみ」
 2年3組
 No Image  No Image ・ホワイトボードに分子の構造を書
  いて考えさせるようにした。
 ・予想の段階で、根拠を立てて考え
  させた。
・いくつかの班に発問し、予想や結
 果を他の班と比較させた。
 <ダウンロード> 
 280712化学指導案.pdf
 280712化学ワークシート.pdf
 平成28年11月 1日(火)4限 コミュニケーション英語Ⅲ
「A Miraculous Pianist」
 3年4組
   ・ピアニスト舘野泉さんについての
  英文を読み、リテリングを行った。
  ローテーションペアワークで、繰
  り返し活動した。生徒は、ペアで
  ヒントを出し合って、自分の言葉
  で本文の内容を英語で伝えられる
  ようにした。
 <ダウンロード>
 281101英語指導案.pdf
 281101英語ワークシート.pdf
 <指導助言>
・生徒同士の仲が良く、クラスの雰囲気もよいので、ペアワークが活発にできており、楽しんで英語で表現し
 ようと努力している様子が感じられた。生徒を随時移動させてペアを変えたり、「リテリング」も段階を踏
 んで実施したりするなど、随所に工夫が見られた。
・「活動」を多く取り入れるとき、題材をどこまで深く読めているかとのバランスを考え、「頭」と「心」が
 アクティブになるような指導が必要である。
 平成28年11月 2日(水)5限 物理基礎
「波」
 2年1組
   ・実験のワークシートは、生徒自ら
  が結果を予想したり、次の実験方 
  法を考えたりできるように工夫
  し、生徒の主体的な学びを引き出
  すようにした。
 ・生徒がグループで討議しプリント
  にまとめた結果は、Googleフォト
  で共有し、全体に提示した。
 <ダウンロード>
 
281102物理指導案.pdf
 281102物理ワークシート.pdf
<指導助言>
・実験をしてグループで話し合った内容をGoogleフォトにアップして拡大して映すなど、工夫が見られた。授
 業中の友人の発表を認め合ったり、授業の後も話し合いの内容を質問したりするなど、発展的な内容に意欲
 を引き出せていた。
・単元の中で、どの部分でアクティブ・ラーニング型の指導を取り入れるかを考えることが大切である。必要
 な知識を与え、だんだんに探究する方法を模索する必要がある。
 
 平成28年11月 7日(月)4限 地理B
「日本の農林水産業」
 2年1・2組
   ・生徒が授業に興味をもつように、
  少し難解と思われる課題に挑戦し
  た。図表や多くの情報を提供する
  中で、必要な情報を読み取れるよ
  う、適宜ヒントを与えた。
 <ダウンロード>
 281107地理指導案.pdf
 281107地理ワークシート.pdf
 <指導助言>
・農業について、各分野からの最新の資料を用意しており、生徒も短時間に資料を読んで話し合い、協同的な
 学びができていた。パワーポイントで「今すること」を提示していたため、内容が盛りだくさんであった
 が、スムーズに授業が進行できていた。
・1時間で扱う内容としては量が多いので、資料は事前に配付し、読ませておいてもよい。課題を与える場合
 は、最終的にどのような学力を身につけさせたいかを見通しておくことが大切である。
平成28年11月 8日(火)1限   数学A
「三角形の外心・内心・重心」
 1年6組 
  ・2つの違う課題(内心、外心)に
 取り組んだ生徒をペアにし、互い
 に考えたことを教え合い、確認し
 合わせることで、責任感を持って
 問題に取り組ませた。
・一人、ペア、前後左右などと、目
 的に応じた小集団による学びの場
 を設定した。
・自身の理解度を「他者に説明し納
 得してもらえるほど理解できた
 か」の観点から自己評価させた。
<ダウンロード>
 281108数学A指導案.pdf
 281108数学Aワークシート1.pdf
 281108数学Aワークシート2.pdf
 281108数学A振り返りシート.pdf  
<指導助言>
・教師が一方的に教えるのではなく、問題を個人で解く場面と教え合う場面を作り、深い学びに繋げようとす
 る工夫が見られた。授業後に生徒が疑問点を質問するなど、意欲を引き出すことができていた。
・振り返りは、何を学んだかを書かせるなど、言葉で確認させることが大切である。中学校からの系統を引き
 継ぎ、中学と高校間で情報を共有して知識を深化させる必要がある。
平成28年11月 8日(火)2限   数学Ⅰ
「三角形の面積」
 1年1組 
  ・三角形の面積を利用する問題演習 
 を行った。単に答えを出すだけで
 なく、出されたアイデアのうちど
 の方法が自分にあっているかも比 
 較させた。
・生徒同士の議論を大切にし、生徒
 は必要に応じて
教員が出すヒント
 を利用した。
 
 <ダウンロード>
 281108数学指導案.pdf
 281108数学ワークシート.pdf 
<指導助言>
・席を詰めて座らせ、生徒が話し合うところ、教師が説明するところのメリハリがついており、普段から授業
 のルールが確立していることが感じられた。課題に対しての生徒の答えや発想をもとにした教師とのやり取 
 りの中で、理解を深める工夫も見られ、数学ができる生徒にもそうでない生徒にも刺激になり意欲を引き出
 していた。
・授業で取り上げなかったレベルの高い問題を家庭学習に繋いだのはよかったが、苦手な生徒には個別指導も
 必要である。
 
平成28年11月17日(木)4限 
 国語総合B
伊勢物語「筒井筒」
 
1年5組 
   ・普段からちょっとした話し合い
  や、互いに意見を言い合う機会
  を設けるよう心がけ ている。
 ・話し合いの時間を少しでも確保し
  たかったので、班内の役割を生徒
  に決めさせるのではなく、教師が
  指定した。
<ダウンロード>
 281117国語指導案.pdf
 281117国語ワークシート.pdf
 281117国語WBレイアウト.pdf
 
<指導助言>
・4人のグループ学習で、一人一役で役割分担を決めていたため、スムーズに話し合いや発表が進んだ。多く 
 の生徒が挙手をして発言するなど活発な授業で、楽しそうに課題に取り組んでいた。指導と評価を一体化す
 るために、グループで話し合ったことを個人で振り返らせて、プリントに書かせ回収していたのもよい。
・話し合いを充実させ、考えを深めさせるためには、テキストの中から根拠を見つけさせ、想像した部分と区
 別させる必要がある。
 
平成28年12月 8日(木)4限 現代文B
小説「こころ」
 
2年4組 
   ・グループ内で自分の意見を言える 
  か。
 ・他の生徒の意見を聞いて自分の考
  えを深めることができるか。
 ・グループの意見をまとめて発表で
  きるか。
 <ダウンロード>
 
281208国語指導案.pdf
 281208国語ワークシート.pdf
<指導助言>
・グループの学習で役割を決めていたため、各グループとも活発に話し合い、本文のキーワードからさらに深
 いテーマについて考えることができていた。登場人物の関係を構造化して、可視化するようなワークシート
 を工夫して作成していた。
・3分程度の短時間で、話し合いのテーマを指示し根拠を示した上で話し合わせたり、最初に気づかなかった
 ことに気づいたことを再構成し押さえていくような振り返りを確実にしたりすることで、読解が深まる。 
 平成28年12月13日(火)4限化学基礎
「中和反応と塩の生成」
 
1年4組 
   ・生徒に科学的に考える力をつけさ
  せるため、あえて難しい分野を取
  り上げた。
 ・生徒が段階的に考えられるよう、 
  細かく小分けにして考察させた。
 ・生徒がつまずきそうなところを予
  想し、話し合いのときにあらかじ
  め小黒板に書いておいたヒントを
  与えた。
 281213化学指導案.pdf
 281213化学ワークシート.pdf 
<指導助言> 
・実験を取り入れ、予想をさせて生徒から疑問を出させるなど、生徒を主体的・能動的に活動させる工夫が見
 られた。生徒の疑問を丁寧に取り上げ、授業の展開に取り入れようとする姿勢が感じられた。
・グループ学習のときには、一人一人の役割を明確にしておき、どこまで考えるのか、ワークシートにどのよ
 うに書くのかなどの指示を明確にすると、さらに理解を深めることができる。  
 
香川県立高松北高等学校
〒761-0121
香川県高松市牟礼町牟礼1583-1

TEL 087-845-2155
FAX 087-845-2157


  
 


 

学校案内

 

スマホからの閲覧について

スマートフォンからアクセスすると、最初は次のような画面になります。


画面左下のボタンをタップすると、通常の表示に変わります。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


 
カウンタ
COUNTER110955
 2016.9.19~
QRコード
 

学校紹介
校長あいさつ
教育方針
コース
教育課程
年間主要行事
沿革
校歌
学校環境
情報公開
スクールライフ
年間行事予定
月間行事予定
日課表
緊急時の対応
食堂・購買部
ブログ
特設ブログ
北高ブログ
進路指導
部活動
運動部
文化部
PTA
北稜かわら版
お問い合わせ
アクセス
証明書の発行について
教育実習について

Copyright(C)2016 Takamatsu Kita High School All rights reserved.