香川県立高松桜井高等学校

〒761-8076
香川県高松市多肥上町1250番地


(087)869-1010

部活動

部活動 一覧

バレーボール部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

男子、女子ともに初心者、経験者関係なく練習しています。仲間を大切にしており、経験者が初心者に一から丁寧に教えて、 1年間でとても成長し、試合に出場しています。試合のときは、全員バレーで勝利を目指しています。

バスケットボール部

詳しい活動紹介はこちら     

○一言

単純に技術力を身につけることだけでなく、高校生として 身につけておくべき礼儀や、精神力を身につけていきたいです。 また、自分たちが好きなことに打ち込める環境作りをしてくれている、 すべての人への感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

陸上部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

学校内に80mのオールウェザー走路、300mのトラック、砲丸投のサークル、円盤投げのサークルがあり、素晴らし練習環境が整っています。本校では、高校から本格的に陸上競技を始める生徒も多いのですが、卒業時には県の有力選手までに成長する選手もいます。各自の目標を持って練習に取り組めるのが、陸上競技の魅力です。一人ひとりが記録の向上を目指し、また、四国大会、全国大会でも活躍できるよう日々努力しています。

↑このページのはじめに戻る

剣道部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

目 標
学習と部活動の両立
基本的生活習慣の確立及び部活動、学校生活を通じての人間形成
全国大会、四国大会での上位入賞

↑このページのはじめに戻る

テニス部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

・男子
文武両道をめざし、1人ひとりが高い意識を持ってプレーすること、そして団体での四国大会出場を目標に部活動に取り組んでいます。いままでに2度ほど団体ベスト4入りし、四国大会出場を果たしました。部員は中学からのテニス経験者もいますが、高校に入学してからテニスを始めた者も多く、全国大会出場にはまだまだ手が届きませんが、着実に力を伸ばし、チーム力も上がっています。  高校生活の3年間をともに汗を流し、テニスに打ち込んでみませんか!

・女子
女子テニス部ではこれまで団体戦・個人戦を通じて何度も四国大会への出場を果たしてきました。経験者はもちろんのこと初心者でもやる気のある人はぜひ来てください。部員一丸となって団体でも全国大会出場を果たし、高松桜井高校テニス部の新しい歴史をともに作りましょう。 大会数も多いため決して楽ではありませんが、学業と部活動との両立を果たして、充実した高校生活を送りましょう。

↑このページのはじめに戻る

野球部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

すばらしい練習環境をはじめ、学校や応援してくださる皆様方のお力添えあっての野球部でありますので、ひたすら謙虚に精進し、皆様に応援されるに値する野球部でありたいと思います。
目標は『甲子園出場』です。
練習試合の戦績は野球部私設応援ページへ。

↑このページのはじめに戻る

サッカー部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

『全国大会出場』を目標に、校内にある南グラウンドで週6日、汗を流しています。 グラウンドは陸上部との共用ですが、照明が整備されているなど、充実した練習環境が整っています。 日ごろの学校生活においては、部活動のみならず学習も一生懸命に取り組み、文武両道を目指しています。 学校や保護者をはじめとしたサッカー部を応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、今後も『愛されるサッカー部』であり続けたいと思います。

↑このページのはじめに戻る

卓球部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

 基本的な技術は身についてきたと言えるが、今後、上位に進むためには心技体のすべてにおいて向上することが必要である。男女とも次年度の県総体に向けてなお一層の努力を行っていきたい。

↑このページのはじめに戻る

バドミントン部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

 基本的な練習メニューはキャプテンを中心に部員自身が考えて、ゲーム(試合)やトレーニングゲームなども盛り込んで工夫して活動しています。試合に向けて自分の競技力向上を目指すのはもちろんですが、仲間との時間を大切にしたり、進学しても、大人になっても楽しめるバドミントンを目指しています。

↑このページのはじめに戻る

水泳部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

  水泳部は、部訓として「桜魂」、そして人間性の向上、競技力の向上、文武両道を基本理念として掲げ、日々練習に励んでいます。部員は、高校から水泳を始めた者も多く、各自が自己タイムの向上を目標に互いに励まし合って練習に取り組んでいます。 練習は、スイミングクラブに通っている者もいますが、校内にあるきれいな25Mプールで週6回練習しています。 冬季は、近隣の温水プールに週3回程度練習に出かけ、その他は校内で筋力トレーニングに励んでいます。 まだ、実績こそ多くはありませんが、髙松桜井高校水泳部は、県下でも数少ない学校水泳部として、チームワークを大切に、今後益々発展していきたいと考えています。

↑このページのはじめに戻る

ハンドボール部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

ハンドボール部は、男女とも四国大会への連続出場を目指して日々練習に取り組んでいます。 初心者で始める人も多く、野球、テニス、バスケットボール、ソフトボール、サッカーなどの経験者がいます。また、主体的に活動することを大切に考えており、練習メニューも顧問の用意したものをこなすのではなく、常に自分たちで考え、ミーティングを重ね、教え合い、工夫しながら切磋琢磨しています。やる気のある人はぜひ来てください。一緒に四国大会出場を果たしましょう。

↑このページのはじめに戻る

新体操部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

新体操の活動を通じて、様々な出会いや経験をし、人として成長できる部活動を目標としています。音楽と芸術と心と身体と技の心技一体、また文武両道を目指します。 経験者は、もちろん、バレー、器械体操、ダンス等をしていた人、未経験者も、やる気さえあれば、できます。ぜひ、私たちと一緒に活動してみませんか。新入生の入学、入部を心待ちにしています。

ダンス同好会

詳しい活動紹介はこちら

○一言

私たちは2016年に発足したばかりの同好会です。生徒のみなさんが自主的に活動しています。皆さんも一緒にダンスしてみませんか。

↑このページのはじめに戻る

吹奏楽部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

生徒の自主的活動を最大限に尊重して活動しています。その背景には、多くの の指導に関わっている方々の支援があってのことと深く感じています。その感謝の 気持ちを忘れないで日々精進していくつもりです。 目標は、『まずは、全国大会出場』です。

↑このページのはじめに戻る

合唱部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

ほとんどの生徒が合唱未経験ですが、各自がそれぞれに「上手くなりたい。」「きれいなハーモニーを作りたい。」など目標をもって日々練習に励んでいます。明るさと元気をモットーに今後も頑張りたいと思っています。 まずは、コンクールにおいて、四国大会出場を目標としています。

↑このページのはじめに戻る

美術部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

アットホームな雰囲気で、みんな和気藹々なところが、美術部の最大の長所です。おしゃべりに熱中しすぎて、作品制作ができない日もあるほどですが、とにかく放課後が楽しいので、放課後は自然と美術教室に足が向いていまいます.

↑このページのはじめに戻る

書道部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

書道といえば、おかたい「お習字」のイメージがありますが、書道部で制作する作品は多種多様です。いろいろな道具を使って、様々な表現方法を試みることができます。特に文化祭の作品は、畳3畳分の巨大な大字作品や、繊細な仮名作品等バラエティに富みます。

↑このページのはじめに戻る

理学部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

 理科の得意な人も、あまり得意でないけれども理科の好きな人も大歓迎です。 仲良く活動していきましょう。

↑このページのはじめに戻る

新聞部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

少ない部員ながら、分かりやすく、かつ、読み応えのある新聞作りを目指しています。

高松桜井新聞

↑このページのはじめに戻る

文芸部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

作品で自己表現をすることの楽しさを味わいながらこつこつと活動しています。

↑このページのはじめに戻る

放送部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

放送部といえば「お昼の放送」や「行事の司会」と思われがちですが,アナウンス・朗読・番組制作が主な活動です。特に番組制作は映画を作るので,演劇部的な要素もあります。また,卒業生には放送関係の大学や声優の道に進んだ人もいます。

↑このページのはじめに戻る

茶華道部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

日本の素晴らしい文化である茶道・華道の習得に励んでいます。週に2回活動を行っており、月に2回は外部より講師の先生に来ていただき、お手前の練習をしています。また、学期に1回程度季節の花を用いた生け花や11月には炉開きを行い、日本の四季を感じる行事も行っています。

↑このページのはじめに戻る

家政部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

 なかなか一人ではできないことを文化祭では被服・手芸作品として製作したり、肉まんやパンを発酵させてを作ったりと仲間がいるから一緒にできるという魅力があります。

↑このページのはじめに戻る

演劇部

詳しい活動紹介はこちら

○一言

 全国大会出場を目標に、部員と顧問が総合芸術と言われる演劇に取り組んでいます。

↑このページのはじめに戻る

↑このページのはじめに戻る