校訓



友愛 誠実 剛健

制定 昭和39年4月26日

校訓制定のいきさつ
 学校にも、伝統というか校訓というか、そういうものがあり校章があり、校旗があるものである。家と同じく古ければ古いほどその格調も高い。70年になる三本松にも、昔は「終始一誠意」とか「真剣」とかいうものを掲げて校釧としていたようである。しかし、私が来たころは、そういうものはなかったようである。校旗も大川中学時代のものが残っていて、高校になって20年近くになるというのに、三高の校旗はできていなかった。これらのことは、そう堅くなってことあげせず、なければなくてもよいが、みんなが納得できるものがあるなら、あってもいいと私は考えた。まず校訓である。これは伝統として今も生きているもの、これからもぜひ生かさなければならないものを、まずあげるべきだと思った。自分でもよく読み、よく見、よく聞き、そしてよく考えた。伝統は何か、生きているものは何か、これから生かしつづけねばならんものは何かと。それには文句なしに「友情の精神」があげられる。友情ということばでは校訓にふさわしくないので、友愛とした。次に誠実。これは人としての生き方の根本である。終始一誠意である。もう一つは、校歌の一節にある「意志剛健の雄姿こそわが学園の亀鑑なれ」の剛健である。外に、粗野なので礼節も考えた。反骨精神があるというので、また、中正ということもどうかと思った。しかし、三項目くらいが適当で、五項目では徳目の羅列みたいで気にくわない。練りに練り、職員生徒にはもちろん、卒業生や有識者の意見もきいて、友愛・誠実・剛健に決めた。昭和39年4日26日、創立記念日である。学校から8キロほど南に、標高420mの美しい山がある。虎丸山といって本校鎮護の山である。この山頂まで、全校生徒が毎年駈足で登る。これが長く続いておる創立記念日の年中行事である。この日この山上でこの校訓を正式に発表した。
第14代校長 香川正信著「つち音」より引用


校歌


kouka






ほんまもん

平成22年4月8日 設置


 記念碑「ほんまもん」は,彫刻家 流政之氏に大中三高会(川北文雄 会長)が本校の創立百十周年を記念して制作を依頼し,完成,設置されたものです。「ほんまもん」とは,讃岐弁で「本当のもの」という意味で,生徒がひろく大きな望みをもって,「その名に値する本当のもの」をめざす道標となるよう,生徒が行き交う本校正門中庭に建立されています。
honmamon-statue
ほんまもん(全体)

honmamon-plate
ほんまもん(プレート)

  • 「ほんまもん」製作者
  • モニュメント:流 政之
  • 土台:大字 徹
  • プレート題字:川北文雄

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0088 sec.
prev
2019.2
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28