香川県立高松高等学校

〒760-0017
香川県高松市番町3丁目1番1号  アクセスはこちら
TEL:(087)831-7251
FAX:(087)831-0010
MAIL:takah01・kagawa-edu.jp
(・を@に直して使用してください)
 Copyright©2017-
 Takamatsu High School.
 All Rights Reserved.
 

カウンタ

COUNTER108911
SINCE 2017.10.10
高松高校校舎
 

学校からのごあいさつ

 本校は、明治26(1893)年の開校から、今年125周年を迎えた歴史ある伝統校です。
 戦後の学制改革で、それまでの高松中学校と高松高等女学校がそれぞれ新制高等学校に移行しました。
 その翌年、これら両校が統合されて現在の高松高等学校となり、爾来70年近くの歳月が流れました。
 これまでに数多くの著名人を輩出し、5万3千余名の卒業生は、広く世の各界で活躍しています。

 学舎は、通学至便な高松市中心部に位置しています。
 四囲を白亜の校舎に囲まれたプラザには笹竹がすっくと伸び、シンボルツリーの楠が見守る全天候型運動場など、竣工から四半世紀を経て施設・設備はなお清新さを保ち、落ち着いた教育環境を整えています。
 設置課程は、全日制のほか定時制と通信制です。いずれの課程にも、普通科を置いています。


 本校に校訓はありません。
 しかし、それに代わるものとして、校歌二番に謳われる「独立自主」が尊ばれています。
 旧制中学校の「至誠一貫」や高等女学校からの校章「雪持笹」に込められた不屈と忍耐の精神をも併せ、自由闊達な校風のもと、生徒一人ひとりが高い志を掲げ、自ら学ぶ学校を築き上げてきたところです。


 ここに溌剌と挙る一千余名の生徒は、揺るぎない向学の念のもと、真理の道を究めゆこうとしています。
 意気に燃える若人は、自治を誇りに、数多い校友会活動や多彩な学校行事にも、励むことを忘れません。
 これらを通じて人格を陶冶し、将来、社会に貢献するとともに自らに課せられた責任を果たすことでしょう。
 今後も、生徒・教職員一同、名門校としての誇りを胸に、新たなページを拓いてまいります。

旧正門より望む校舎
 

トピックス

トピックス >> 記事詳細

2018/09/11

第68回 高松高校文化祭

| by 情報教育部
 9月8日(土)、9日(日) 第68回高松高校文化祭が開催されました。天候に恵まれず、また警報発令により終了時間が早まりましたが、2日間で多くのお客様に来場いただきました。

パンフレット 今年もついに、待ちに待った文化祭がやってきました。
 それぞれのクラス、校友会が日々の準備の中で得たもの、そして作り上げた作品の素晴らしさには目を見張るものがあると思います。
 さて、第68回文化祭は平成最後の文化祭となります。今年の文化祭テーマ「CLIMAX」は、平成の文化祭のクライマックス(climax)をかざるべく、人と人との結びつきを大切にし、協力し合ってより高いところを目指し(climb)、自分たちにとって最高のものを作り上げ、来ていただいたお客様にも存分に楽しんでもらえる(max)文化祭を目指すことを表しています。このテーマのもと文化祭に関わるすべての人で盛り上げたいものです。
 今年も最高の文化祭を作り上げることができるはずです。この2日間が、みんなにとって忘れられない最高の思い出になりますように!(文化祭パンフレットより)









開催式 壁画(2-1) 東門(2-5)
201(ハート会) 202(通信制) 203・204(定時制) 205(書道)
206(玉翠会) 211・212(1-8) 社メディ(1-6) 301(美術&漫画)
302(文芸) 303(クイズ) 304(写真) 305(かるた)
312・313(1-1) 314・315(2-2) 数メディ(2-6) 理メディ(2-7)
食堂上(2-4) らせん階段(2-2) プラザ(2-8)
401・402(山岳) 403(1-2) 404(1-4) 405(1-7)
411(囲碁将棋) 412(数研) 413・414(地学) 多目的(1-5)
421(放送) 実験室(理学) 生物(生物) 茶室(茶華)
音楽(音楽) 玉翠(演劇) 玉翠(軽音) 玉翠(語学)
 1-3 吹奏楽
 ダンス オーケストラ

11:09 | 学校からのお知らせ
PAGE TOP