目  的
(1) 体験的な学習を通して、自己の職業適性や将来設計について考え、主体的な職業選択能力や職業
意識・勤労観を育てる。
(2) 実習を通して、産業界の実際的な知識や技術に触れることにより、これまで学んだ学習内容と職
業との関連を着実に理解するとともに、学習意欲の高揚を図る。
(3) 異世代の人たちと接触することにより、コミュニケーション能力を高める。
(4) 地元産業界をはじめとする地域社会との連携を推進するなかで、自己の役割を認識する。
期  間
 毎年 2月初旬
対  象
 2年生 商業科(専門パターン)
       
実 習 先  県内各地の事業所
 本校のインターンシップは、生徒が保護者の協力を得て、自ら実習したい事業所を見つけ、直接依頼
しております。
 事業所の皆様にはご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、ご理解、ご協力いただきますよ
うよろしくお願い申し上げます。
実習時間
 午前8:30〜午後5:00(各実習先の勤務時間に準ずる)
事前指導
(1) 保護者説明会
     PTA総会後の学年団集会および保護者懇談会にて主旨の説明。 
  (2) マナー研修
     1月〜2月、「対面応対を中心とした接客マナー」についてインターンシップ実施に伴う事前
 指導を実施。
  (3) 「課題研究」にて、インターンシップに関する指導を2学期より開始。
     
そ の 他
(1) 交通費および昼食等が必要な場合は、自己負担とする。
(2) 事故等の保障について
 「インターンシップ・ボランティア活動賠償責任保険および障害保険」、「独立行政法人日本スポーツ振興センター」に加入

Copyright(c) 1996-2005 Takasho.All Right Reserved.