HOME > スクールライフ > 生徒会活動

生徒会活動

■ 本校の生徒会活動は、生徒会スタッフがそれぞれの担当に分かれ、学校行事の企画・運営のすべてに関わり、学校全体の特別活動の心臓部として、 ほぼ毎日自主的に活動しています。
本校生徒会の特色ある活動を紹介します。

リーダー研修

リーダー研修とは

 昭和38年から続く学校の伝統行事です。1年生を対象とし、クラスや部活動で中心となって活躍するリーダーになるために夏休み中の3日間に渡って行われる合宿です。

リーダー研修の目的

 3日間の中で、お互いの意見を言い合ったり、仲を深めたりすることで、自ら進んで行動できるような人材を養成します。

リーダー研修の内容

 リーダー研修ですることは、大きく分けて2つあります。
 1つ目は話し合いです。話し合いと言っても種類は様々で、1つのテーマについて問題を小問に分けて細かく話し合う討論や、テーマについて意見を紙に書いて お互いに意見を深めあうプロアクションカフェなどがあります。最初は簡単なテーマからなので誰でも意見をしやすくなっています。 また、2、3年生が補助員として全力で1年生をサポートするので、不安になる必要はありません。
 2つ目は、親睦を深めるイベントです。参加してくれている1年生同士はもちろんのことですが、2、3年生とも、親睦を深めることのできるレクリエーションを考えています。例を挙げると、椅子取りゲームや人間知恵の輪などがあります。2日目には、みんなで協力してカレーなどを作る野外炊事や、スタンツやみんなで歌を歌うキャンドルサービスもあります。

まとめ

 リーダー研修は1年生のリーダーとしての能力を引き出すための行事なので、研修後は自分の意見を発表したり、自ら行動したりするなどの能力が身につきます。 先輩や友達との仲も深めることができるので、この機会に自分を変えたいと思っている1年生はぜひこの行事に参加しよう!

夕べのつどい

 夕べのつどいは毎年12月に行われるクリスマスイベントです。創立100周年の年から始まり、いつもお世話になっている地域の方々や保護者を招待しています。
 吹奏楽部の演奏や新体操部のパフォーマンス、生徒会役員によるクリスマス劇などを行い、子どもから大人まで楽しんでいただいています!
 また、2014年からの試みであるワークショップではPTAの方々によるバルーンアートや美術部によるサンタさんの帽子作りが行われました。生徒会からは、クリスマスグッズとして「マツボッツリー」と「折り紙」でサンタさん等を作りました。たくさんの子ども達が参加してくれ、楽しそうに作ってくれている姿を見て頑張って考えたかいがあったなと思いました。

弁論大会

 毎年2月にⅠ、2年生のクラス代表者が自分の思いを語る伝統行事です。冬休みの宿題として全員が「将来の夢」や「好きなもの」等について自分の考えをまとめ、原稿に仕上げます。冬休み明けに各クラスで発表しあい、代表者を決めます。この行事で、他の生徒に自分の気持ち等を伝えることが出来ると同時に、聞く側も人の意見を聞いて自分の考えとは違う角度から人の考えを聞くことができ、見解の幅を広げることが出来ます。

新川清掃

 東高の横を流れる新川。私たちは新川の土手を通学や部活動のランニングコースに利用しています。1年間の感謝を込めて、毎年3月にいつもお世話になっている地域の方々といっしょに、東高全ての部活動に協力してもらって新川の清掃をしています。

応援団

 応援団とチアリーダーは生徒会直属の集団で、夏の総体、野球応援に向けて活動しています。他の部活動と比較すると年間の活動は少ないですが、その分夏場の活動は充実しています。毎年、女子も応援団に加入し、元気に東高の夏を盛り上げています。


リーダー研修1
リーダー研修2
夕べのつどい1
夕べのつどい2
弁論大会
新川清掃
応援団