創造的英知と豊かでたくましい人間性の涵養は、未来を築く若者の育成をめざす本校創立の基本精神である。これを基調にして、次のような教育方針を定め、個性的でいきいきとした学校づくりに努める。

(1) 豊かな心をもち、自ら学び、意欲的で主体的な生徒を育成する。
(2) 一人一人の生徒理解を深め、個性の伸長を図る。
(3) 人間尊重の精神に立脚し、人権意識を高める。
(4) 社会連帯意識を育て、国際感覚と幅広い視野を持つ生徒を育成する。
(5) 心身を錬磨し、規律と信愛に満ちた清新明朗な校風を確立する。

本年度の重点目標 ー考える人材の育成ー

(1) 学習指導の充実
• 授業の充実と改善に努め、生徒の学習意欲と学力の向上を図る。
• 具体的な学習方法を指導し、自主的・自発的な学習習慣を確立させる。
• 読むこと、書くこと、話すことの指導を通じ、自ら深く考える意欲と態度を育てる。

(2) 進路指導の充実
• 人間としての在り方・生き方について考えを深めさせるとともに、未来への展望を持たせ、望ましい職業観や勤労観を確立させる。
• 生徒の能力や適性を的確に把握し、それらを最大限に伸長させる。
• きめ細かな進路指導を徹底し、将来の進路を選択・実現する力を育成する。

(3) 生徒指導の充実
• 遅刻、服装、挨拶、校内美化、情報モラル等の指導を徹底し、規律ある生活習慣を確立させる。
• 交通安全指導等を徹底し、生命や安全に関わる指導の充実を図る。
• 個々の生徒理解を深め、家庭との密接な連携のもと、教育相談の充実を図る。

(4) 特別活動の充実
• 学習と部活動の両立振興を図り、心豊かでたくましい人間形成をめざす。
• ホームルーム活動を通して、望ましい人間関係を形成し、相互の人格を尊重する態度や真の友情を培う。
• 防災についての指導の充実を図り、防災意識を高める。
• 地域清掃奉仕やボランティア活動等を通して、地域との交流を深めるなど、社会の一員としてよ りよい人間関係を築く態度を育む。
• 体育祭、西高祭や修学旅行等の学校行事において自主的活動を推進し、規律ある集団行動を体得するとともに、責任感、連帯感の涵養や社会性を培い、学校生活の充実を図る。

次期学習指導要領、大学入学共通テストに対する取り組み

【 国語 】

 漢字、語彙、古典文法、漢文句法など、読解するための基礎的な知識の定着を図ります。その上で、現代文では、実用的な文章も含めて多くの文章を読ませ、要点を的確に捉えることができるようにするとともに、読み取った情報を基に文章を書くことで、自分の考えをまとめる力が付くようにします。古典では、作品の背景や当時の習慣などを知ることを通じて、古典の世界に親しみを持つようにするとともに、関連した文章を幅広く読み、様々な見方に触れさせるようにします。現代文、古典いずれにおいても、グループワークを積極的に取り入れ、対話的な学びを進めていきます。

【 数学 】

 授業に関しては、単元の終わりに課題解決型の授業をできるだけ実施してくとともに、グループで話し合い、お互いに協力して問題を解決したり、生徒同士で教え合ったりする機会を設けることで、クラス全体の理解度・定着度を高めるようにします。問題演習の際にも、課題解決型の問題を多く取り入れるようにします。テストでは、知識を活用して解くような思考力を問う問題を多く出題するようにします。

【 英語 】

 急速に進展するグローバル化への対応が不可欠であり、英語教育においても、協働・発信型の学習の充実が求められています。また、国立大学の受験においては、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能について、民間の認定試験が課されることが発表され、この4技能を偏りなく身に付けることが必要になっております。これらに対応するため、これまで以上に4技能の指導をバランスよく行います。このうち「話す」ことについては、個人やグループで発表したり、インタビューテストを行ったりする機会を増やすことにしています。その際、ALT(外国後指導助手)の指導の下、実践的な発表を行うとともに、確実にフィードバックすることができる場となるようにします。「書く」ことについては、本校独自に作成してきた「英語表現ノート」を改訂して使用し、「書く」技能を高めるようにします。それらも含めて、民間の認定試験に対応するための準備もすすめております。