1. TOP
  2. クイックトーカー 12

クイックトーカー 12

入手先など

メーカー名  パシフィックサプライ株式会社

http://www.p-supply.co.jp/products/234

こんな教材です

・キー(スイッチ)に対応した個別メッセージを録音・再生できるVOCA(携帯用会話補助装置)です。

・子どもが理解できる絵や写真、数字、言葉などをシンボルシートに貼り、機器の側面から挿入してキー(スイッチ)として使用します。

・シンボルシートに対応した個別メッセージを5パターン録音・再生することができ、様々な場面(コミュニケーション用、朝の会等の司会用、個別学習用など)で使うことができます。シンボルシートは側面から入れ替え、個別メッセージのパターン切り替えは右上のボタンを操作して行います。

・クイックトーカーは3種類あり、それぞれキー(個別メッセージ)数と総録音時間が異なります。(キー数7:合計6分、キー数12:合計12分、キー数23:合計18分)

目標例

・ボタンを押して意思表示する。

・ボタンを押すことで、話に登場する物や動物の名前を発表する。

・紙芝居や絵人形に合わせてボタンを押し、場面の文を発表する。

こんな子にお勧め

・内言語はあるが、言葉での表現が難しい子

・シンボルマークや絵や数字と言葉(単語)が一致する子

・指示や言葉を聞いて絵を指さしできる子

・自分で指さした画面を押さえることができる子

指導・使用上の留意点

・子どもがメッセージ切り替えボタンを気にする場合には、自作カバーを付ければ集中して学習に取り組むことができます。

※クイックトーカー7(香川西部養護学校 投稿)も参照してください。
 http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/?p=953

2014年10月1日

香川西部養護学校

  • 教材の写真
  • 指導場面の写真