1. TOP
  2. 手元中継モニター~製作編~

手元中継モニター~製作編~

入手先など

<使ったもの>

・タブレット端末機に標準で付いている、カメラ機能(動画撮影モード)を使います。

・AppleTV(テレビ~タブレット端末機無線接続機):Apple

・モニター用テレビ

 

こんな教材です

・本実践では、子どもが製作活動をしている様子を、指導者がタブレット端末機の動画撮影機能を使って撮影し、同時にその画面をモニター用テレビに映し出しています。

・指差しても、指先とか指導者の顔を見るなど授業で見て欲しいところに注目するのが難しい子がいます。本実践では、見て欲しい部分を、見て欲しい角度から撮影し、テレビに写しました。テレビモニターの枠があるおかげで、どこに注目をすれば良いかが子どもにスムーズに伝わりました。

・AppleTV(テレビとタブレット端末機を無線接続する機器)を使ってワイヤレス環境を作ることで、子どもや指導者の動きが制限されず便利です。ケーブルにわずらわされずにリアルタイムで「ここをみてよ」と伝えることができるようになります。

目標例

・友達の活動の様子を見る。

・これから自分がする活動の見通しをもつ。

こんな子にお勧め

・弱視があり、友達が活動している様子が見えにくい子ども

・車いすに乗っている、肢体不自由があり姿勢を変えることが難しいなどの理由で、近づいて様子を観察するのが難しい子ども

・どこに注目して良いかが分かりにくいこども

指導・使用上の留意点

子どもの目線で活動を中継(撮影)できるように工夫しましょう。

※「手元中継モニター~お料理編」(高松養護学校 登録)「手元中継モニター~お勉強編」」(香川西部養護学校 登録)も参照してください。

2015年4月6日

高松養護学校

  • 教材の写真
  • 指導場面の写真