1. TOP
  2. リアル電話でやり取り練習 

リアル電話でやり取り練習 

入手先など

<使用アプリ> Face Time(通信アプリ)~ Apple

         http://www.apple.com/jp/ios/facetime/

        Keynote(プレゼンテーション用アプリ)~ Apple

         https://www.apple.com/jp/ios/keynote/

 

・スマートフォン

・モニター用デレビ

こんな教材です

・本実践では、スマートフォン同士を通信アプリで無線(Wi-Fi)接続し、電話のやり取り練習をしました。

・無線(Wi-Fi)接続すれば、通話料がかからないため、時間や回数を気にせずに電話練習ができます。

 

・プレゼンテーション用アプリで作成した電話のやり取り練習のためのスライド教材をテレビ画面に映し、生徒は、話す言葉を自分で確認しながら練習しました。本実践では、最初は会話の内容をそのまま映し出し、学習の進行に合わせて会話の要点に線を引いたり、カッコ書きにしたりするなど、スライドの内容を変えていきました。

・自信がつくと画面を見ずに電話のやり取りができるようになりました。

目標例

・電話での受け答えができる。

・相手の話の要点を聞き取る。

・伝言する内容をメモする。

こんな子にお勧め

・電話の受け答えを練習している子

・相手の話を正確に聞き取る練習をしている子

・相手の話を聞き取り、伝言する練習をしている子

指導・使用上の留意点

・やり取り練習と合わせてプリントでも学習すると効果的でしょう。

2016年1月28日

香川西部養護学校

  • 教材の写真
  • 指導場面の写真