一つ前の記事の続きです。

さて、このFESTAT2020 Kick Off イベントの目玉でもあります、講演も実施しました。

ご講演いただいたのは、今日本で一番忙しいといわれる

安宅和人先生による講演

「”withコロナ時代”を考える」と題した講演でした。

本校のSSH運営指導委員の渡辺美智子先生(慶應義塾大学大学院教授)にご紹介いただき,今回の講演が実現しました。

安宅先生は、2012年よりヤフー株式会社のCSO(チーフストラテジーオフィサー)として、ビッグデータ戦略など多くの部門でご活躍されています。2013年にデータ時代に即した人材育成を目指すために有志でデータサイエンティスト協会を立ち上げられました。また、AI・データ時代における人材育成、産業革新などに関する政府の様々な委員もされています。2017年からは滋賀大学データサイエンス教育研究センター アドバイザリーボードメンバー、2018年からは慶應義塾大学環境情報学部教授に就任されました。ご著書は、「シン・二ホン」「イシューからはじめよ」など多数ございます。

kick off 01... 

kick off 01... 

kick off 01...

「未来は目指すものであり創るもの」

「Jump!」というメッセージは、心に届いたと思います。

ありがとうございました。参加生徒からも様々な質問が出ました。

コロナウィルスとGoToキャンペーンについて、AIと倫理について、知性について…

興味が尽きませんでした。

司会をしてくれた大学生によると

「1時間、若者はどうあるべきか、どうするべきか、ただただ圧倒されながら考えさせられる、そんな1時間でした」

とのこと。まさしくその通り。

Zoomの反応ボタンで各校から拍手が起こり、この講演は幕を閉じました。

 

3時間余りのFESTATキックオフイベント、学び多き贅沢な時間となりました。

 

7.29追記

このイベントが、教育新聞の7月28日付記事で紹介されました。

記事 → https://www.kyobun.co.jp/news/20200728_05/

8.5追記

このイベントが、四国新聞8月5日付記事で紹介されました。

記事 → https://www.shikoku-np.co.jp/dg/article.aspx?id=K2020080500000000600