理数科2年生が,3月22日から25日の3泊4日で,台湾に行ってきました。

事業名は「海外科学交流研修」。

23日に,高雄市立瑞祥高級中学と,

英語で、課題研究のポスター発表,質疑応答などの交流をしました。

英語を母国語としない外国の生徒と、英語で交流し、研究というものがグローバルに行われていることを体感させることが、この事業のねらいです。

その時の様子の一部を,写真でお伝えします。

1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg5.jpg6.jpg7.jpg8.jpg

 

≫ 続きを読む

第7回データビジネス創造コンテスト(主催:慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボ)の本選会が3月17日(土)に開催され,本校の生徒の研究が,見事,「高校生部門賞」を受賞しました。

http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/dig7/

データを収集と分析をもとに,「女性ウケするうどん屋」を提案する内容でした。

受賞のときに,「全体とは違う傾向のものを見つけ出し,どこが違うのかを分析していくという,統計分析の王道で,理にかなっている」との講評をいただきました。

この時の様子を,日本品質管理学会の会報のなかでご紹介いただきました。↓

チーム U-girls≪第7回データビジネス創造コンテスト≫

本校の第2期SSH,「課題研究をより広く,より高く」をスローガンにしています。普通科文系クラスから,データサイエンスの分野で活躍する生徒があらわれました。

hp-1.png hp-2.png 

hp-3.png

 

理数科の2年生7名は、

来週の22日から25日まで、

海外化学交流研修に出かけます。

連携校の瑞祥高級中学と事前交流として、

スカイプで交流しました。

簡単な自己紹介、好きなものや文化等について、積極的に

コミュニケーションをとることができました。

 

来週、現地にて、スムーズにポスターセッションができると思います。

7.jpg6.jpg5.jpg4.jpg3.jpg2.jpg1.jpg

本校生徒の研究が、第7回データビジネス創造コンテスト(主催:慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボ)の本選会に出場する9組に選ばれました。

内容は、売れている「うどん屋」の共通点を調べ、「女性ウケするうどん屋」のアイデアを、データを収集、分析して提案しました。

その生徒は、いずれも2年2組(普通科文系クラス)の生徒です。

http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/dig7/

文系課題研究は今年度より本校で取り組みはじめた授業です。

今回の本選出場は今後の文系生徒の課題研究推進について、大きな励みとなっています。