本日,WWL×SGH探究甲子園に出場しました。

以前のニュースで,本校普通科文系コースの生徒グループが,初参加で,この大会の探究活動プレゼンテーション40校に選ばれたことをお伝えしていました。

本校の発表はグループAの1番目。

もう随分慣れてきた,Zoomを使っての発表です。

大学の先生からの質疑,講評をいただきました。

他の高校の発表もしっかり聴いて,フィードバックコメントを書きました。

030321-1.jpg

030321-2.jpg

030321-3.jpg

030321-4.jpg

勉強になった1日でした。

3月16日6.7校時に,理数科2年生と,福井県立若狭高校の生徒がZoomを使って,課題研究の合同発表会を実施しました。

12月に実施した前回に続いて2回目の取組です。

両校とも,前回よりも研究が進んでいました。

分野ごとに5つの会場に分けて,10分の発表,10分の質疑応答と,たっぷりと時間をとって交流しました。

お互いに鋭い質問や,似たようなテーマも…。

030316-a.jpg 030316-b.jpg

030316-c.jpg 030316-d.jpg

030316-e1.jpg 030316-e.jpg

楽しく交流することができました。

030316-all.jpg

本来であれば,1回目はオンライン,2回目は対面の交流,という企画だったのですが,

2回ともオンラインとなりました。

関係者の皆さま,ありがとうございました。

今後とも,ご縁があることを祈りつつ・・・。

本日,東北大学が実施しているグローバルサイエンスキャンパス(GSC)事業

探求型「科学者の卵養成講座」の発表会に,理数科2年生1グループが

オンラインで参加しました。

030316-3.JPG 030316-1.JPG

秋田,宮城,福島,岩手,東京,埼玉…と東北や関東の学校名が並ぶ中,

「香川県立観音寺第一高校」。

遠く離れた大学の取組に参加できるのも,オンラインならではです。

発表と質疑応答に楽しく取り組みました。

030316-4.JPG

 

カメラの位置もばっちりで,1年前に比べると,随分と準備に慣れてきたように見えます。

030316-2.JPG

昨年度はコロナ禍のために紙面発表のみとなってしまった第1回香川県高等学校探究発表会。

今年は感染症対策を徹底した上で,高松市のサンポートホールで開催されました。

全38本の発表のうち,本校は普通科文系3本,普通科理系2本の,計5本を口頭発表しました。

ただし,本校は現地に行かずに,オンラインで参加しました。

030306-1.jpg

030306-2.jpg

030306-3.jpg

030306-4.jpg

他の学校のみなさんや,指導助言者の先生方から,多くのご質問やご指導ご助言を受けることができました。ありがたい機会でした。

対面発表とオンライン発表のハイブリッド形態の実施を企画していただいた主催者の皆さまに感謝です。

今年度の本校は,オンラインの取組が一気に進んだ年でした。

もはや教員も生徒も,オンライン発表は特別な取組みとは思っておらず,便利で手軽なもの,という認識になってきたように見えます。

3月最初で学年末考査が終わり,

放課後生物教室では・・・

030303tohok...

Zoomを使って生徒3人がPCに向かって話しています。

大学の先生から,課題研究について指導助言を受けているようです。

なんと助言いただいているのは,東北大学 大学院 生命科学研究科 教授 渡辺先生

・・・なんてぜいたくな・・・!との思いで写真を1枚。

 

思えばコロナ禍で,遠方でも,このようなことが可能になりました。

生物の研究に限らず,大学の先生や学生と,オンラインで指導助言をいただける機会は,

徐々に,しかし確実に増えています。

一昔前には考えられなかったことの連続だった1年間でした。

今の高校生(というか,観一生)がうらやましい限りです。