8月24日(火)午後,サイエンス・ダイアログが行われました。

日本学術振興会のフェローシップ制度によって,多くの外国人研究者が日本の研究機関で研究をしています。「サイエンス・ダイアログ」とは,日本の研究機関で最先端の科学研究をしている外国人研究者が英語で講義をするプログラムで,理数科2年生を対象に,毎年実施しています。

今年も,対面の実施を目指して準備をしてきましたが,コロナ禍の影響で,オンラインによる講義となりました。

今回,英語で講義をしていただいたのは,

国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 高知コア研究所の

Dr.John David BEDFORD 先生です。

講義のテーマは Earthquake Science , Studying Earthquakes でした。

JAMSTEC主任研究員の廣瀬様の講義補助もあり,英語での講義も生徒たちはスムーズに理解できたようです。電子辞書を片手に質問を考えたり,身を乗り出して聴いたり,メモを走らせたりする生徒の姿が印象的でした。

030824-2.JPG 030824-7.JPG

030824-6.JPG 030824-1.JPG

地震科学の話からイギリスと日本の文化や,日本の研究の優れた点など,多岐にわたる,学び多き講義となりました。

生徒からの質問も,時間いっぱい,活発に出されました。

030824-5.JPG 030824-4.JPG

030824-3.JPG 030824-8.JPG

英語での質問にチャレンジし,場数を踏むことで,再来月の米国とのオンライン海外研修を成功させたいところです。

関係の皆様,ありがとうございました。

≫ 続きを読む

前の記事の続きです。

昨年度は,Zoomで4つの分科会に分かれ,質疑応答や指導助言が行われましたが,

今年は,リアルなポスターセッションに近い,バーチャル空間会場で行いました。

参加者は自由に,聴きたい発表のところに移動します。

3つのフロアーの会場に,10個のブースが設けられ,40のグループがそれぞれ15分ずつ,2回ずつ発表し,活発に質疑が行われました。また,各ブースには大学や企業等の統計・データサイエンスの専門家の方々から,研究に有意義な指導助言がなされていました。

030821-5.JPG

030821-6.JPG

030821-7.JPG

 

festat.jpg

最後は,2階のフロアに全員集合。本校の運営指導委員でもある,立正大学データサイエンス学部教授 渡辺美智子先生に全体講評をいただきました。

FESTAT2021,今年も,「教員にとっても,生徒にとっても,学びと交流の場」となりました。

20名以上の,大学や企業,行政等の統計・データサイエンスの専門家の方々,そして司会や指導助言等引き受けていただいた多くの大学生の皆様,ご協力,ご参加いただいた皆様,本当にありがとうございました。

終了後は,高校教員,大学や企業の専門家の皆様で,会場を再びZoomに移動し,「交流会(第7回 JDSSP データサイエンス教育研究会)」を実施しました。有意義な情報交換ができました。

FESTAT2021は,JDSSP 高等学校データサイエンス教育研究会との共催で実施しました。JDSSPでは,データサイエンスについての授業実践事例等の意見交換や情報交換が,定例的に行われております。

≫ 続きを読む

キックオフイベントから一か月。

本日,本校主催の全国統計探究発表会,FESTAT2021が行われました。

全国18校40チームが参加しました。

まずは開会行事。

本校含む18校,アドバイザー,学生,その他多くの方々の参加で,Zoomウェビナーを用いて実施しました。

司会は本校出身の大学生です。

開会行事では,香川県教育委員会 工代教育長様と,本校校長からの挨拶から始まりました。

030821-1.JPG 030821-2.JPG

 次に,株式会社日立システムズIT本部DS推進センタ データサイエンティスト 板井 光輝 様にご講演いただきました。

演題は「データ分析実践入門-その統計知識,正しく使えていますか?-」。

データ分析の5つのプロセス,データの理解・整形の重要性,統計学を使用した分析がしやすいデータとみなせる条件,データサイエンスの入門書籍の紹介などなど,示唆に富む,データサイエンスを学ぶ高校生や,課題研究の指導者にとって,役にたつご講演でした。

また,実社会,実務での数学や統計の重要性についても学ぶことができました。

030821-3.JPG 030821-4.JPG

本校会場からも,他校会場からも,時間いっぱい質問にお答えいただきました。

続いては,場所をバーチャル空間oViceに設置した「FESTAT会場」に移って,生徒による発表会です。

続きは,次の記事で…。

 

 

本日、SSH生徒研究発表会(第二部)が、オンラインで実施されました。

本校理数科の数学グループの研究

「卓球の試合の可視化は不可能か?〜データサイエンスに基づく新たな指標の提案〜」

が、第一部の224本のポスター発表から代表校6本に選ばれて、発表しました。

審査の結果は

審査委員長賞でした。昨年一昨年に続き、3年連続です。

今年も、堂々とした、研究の面白さを感じさせる、楽しい発表でした。

 

9:40からの発表本番は、ちょうど課外の2時間目。

理数科2・3年生は、YouTubeライブ配信をみんなで視聴して応援しました。

030820-2.JPG 030820-1.JPG

≫ 続きを読む

KSB(瀬戸内海放送)の

「高校生と見つける,私たちのSDGs」に本校理数科3年生3名が出演します。

課題研究のテーマに関連する企業を訪問しています。

vol.71 2021年8月22日(日)放送(再放送:2021年8月27日)

vol.72 2021年8月29日(日)放送(再放送:2021年9月3日)

vol.73 2021年9月5日(日)放送(再放送:2021年9月10日)

 

 

本日、第23回中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会(福岡大会)が、オンラインで開催されました。

口頭発表部門では、本校から1グループ(数学)が

「カマタマーレ讃岐の強化策の提案〜シュートにおけるPA内進入の重要性〜」

を発表し、優秀賞を受賞しました。

 

ポスター発表部門でも、

「ダイラタント流体を応用した衝撃吸収実験」

「気孔開閉運動に基づいたオジギソウにおける調位運動のメカニズムの解明」

を、紙面で発表しました。

本校の2年生の理数科,普通科理系,普通科文系特色,普通科文系,男女混成の6名からなるチームが,先日問題分析編を突破(準優勝)し,「イノベーション編」への出場権を獲得しました。

そして,16日,17日の2日間で,オンラインで開催されました。

新規性があってインパクトのある提案を,一日かけてワークショップを行い,提案していくものです。

密を避けて,一人一つの端末で,参加しました。

030816-2.JPG 030816-3.JPG 030816-4.JPG030816-5.JPG 030816-1.JPG030816-6.JPG

 

バーチャル・コラボレーションツールAPISNOTE,Zoom,Slackなどを用いたワークショップ。

頭がフル回転するような,充実した時間を過ごしました。

8月4日,令和3年度SSH生徒研究発表会が,神戸の国際展示場で開催されました。

今年度は,発表者と引率者のみの参加で,分野ごとの分散開催でした。

ポスター発表,質疑応答をおこない,審査を受けました。

030804-3.JPG

030804-4.JPG

夕方,審査結果の発表がありました。

本校の数学・情報分野に出場していたチームの

「卓球の試合データの可視化は不可能か?~データサイエンスに基づく新たな指標の提案~」

という研究が,全体発表校に選ばれました。

030804-1.JPG

030804-2.JPG

030804-5.JPG

昨年一昨年に引き続き,3年連続で全体発表校に選ばれました。

全体発表(最終審査)は,8月20日にオンラインで実施されます。

7月24日の記事で,第9回香川県高校生科学研究発表会ライブ発表の部の様子をお伝えしました。

今年度のこの大会,ライブ発表の他にYouTubeによる限定公開で,県内9校,19本の発表動画を視聴しあい,Google Formsを使ってコメントしあう,オンデマンド発表部門が,7月22日から7月31日まで開かれていました。

コメント総数1032件と,活発な交流が行われました。

さて,こちらの部門も審査がありました。

本校は

ライブ発表部門で

「デンプンの効率的な分解法」が 奨励賞 を

オンデマンド発表部門で

「PA内進入によるカマタマーレ讃岐の勝利への道筋」

「気孔開閉運動に基づいたオジギソウにおける調位運動のメカニズムの解明」

「CNF防曇液の作成~実用化に向けて~」

が 優良賞 を受賞しました。

8月2日午後,大阪大学研究室体験が行われました。

昨年に引き続き,オンライン実施となりました。

本来であれば,大阪大学大学院工学研究科を訪問し,2泊3日で大阪大学大学院の学生の皆様と一緒に研究(実験→考察→発表)を体験するプログラムで,今年度こそ対面実施をと準備を進めてきましたが,感染者急増のため,対面実施を断念せざるをえませんでした。

学び多き内容で,生徒も真剣に参加していました。

大阪大学の皆さま,このような機会をいただき,本当にありがとうございました。

030802-1.JPG

030802-2.JPG

030802-3.JPG

030802-4.jpg