本日,1年生と2年生の希望者9名が,東京都のSSH校,東京都立多摩科学技術高校が主催する

「オーストラリアのグリフィス大学のオンライン授業」に参加しました。

・AIやドローンに興味がある

・英語の講義を聴いてみたい

・英語の勉強になるかも

・本校の海外との連携事業の前の練習に…

動機は様々ですが,校外模擬試験が終わった後の14:00~16:00まで,物理教室にて,1人1端末で参加しました。講義はすべて英語でした。

031030-2.JPG

本校の生徒も質問をするなどして,積極的な姿が見られました。031030-1.JPG

分からない言葉は,電子辞書をたたいて,すぐに調べる姿も…。

031030-3.JPG

グリフィス大学Dr Francesco Olivieri 先生の講義が面白かったことはもちろんですが,

多くの他校の高校生が参加していることに,大きな刺激を受けたようでした。

昨今のオンラインの拡充で,他校の面白い企画にも,気軽に参加できるようになりました。

このような機会をいただき,ありがとうございました。

本日,本校理数科2年生物グループ2チーム6名が,香川大学で行われた

EJEA Conference in Kagawa 2021 に参加しました。

使用言語はすべて英語でした。

発表タイトルは

“Investigating the Mechanism of the Marsilea Mutica's Nyctinastic Movements”

211023-2.JPG 

211023-4.JPG

“The Relationship Between the Crystalline Lens and Vitreous Humor's Quality in Fish Freshness”

211023-5.JPG

211023-3.JPG

でした。自分たちが行っている研究について,英語でアブストラクト,ポスター,そして発表と質疑応答ができました。とても良い経験になったようです。

211023-1.JPG

なお、“The Relationship Between the Crystalline Lens and Vitreous Humor's Quality in Fish Freshness”は、ポスターアワード(審査員特別賞)を受賞しました。

本日の講師の先生は、 

岡山理科大学獣医学部 教授 森川茂 先生です。

「新興感染症はどこから来るのか?」と題して、1年生全員にお話をいただきました。

今回は1年生6クラス全ての教室を森川先生とZoomでつなぎ,オンライン形式で行いました。

211022-0.JPG 211022-1.JPG

内容は

1 ウイルスとは?人獣共通感染症とは?新興感染症とは?

2 SFTF(重症熱性血小板減少症候群)

3 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

4 他にもヒトにリスクのあるウイルスはあるのか?

といった,今,最もみんなが知りたい内容で,

感染症の専門家の講義に,生徒は興味深く聴き,メモを走らせていました。

講義の合間で,質問の時間をとっていただきました。1年生にとって,オンライン講義や質疑応答などは不慣れですが,何名かが質問をしました。

・獣からヒトへの感染について

・ヒト由来のウイルスが獣に感染することはあるのか

・ウイルスに季節性がある理由とメカニズムについて

・抗体陽性率を表した地図について,白くなっている地域があるのはなぜか

・第6派はどうなるのか

・感染力についての説明で出てきた数値は,どのように割り出したのか

などなど。

211022-6.JPG 211022-5.JPG

211022-4.JPG 211022-3.JPG

生徒だけではなく,大人もまだまだ話を聴きたくなる,興味深い講演会でした。

本日,本校の百周年記念館で,シティオブホープ ベックマン研究所 名誉教授 山口陽子先生による SS健康科学特別講義が行われました。

211008-1.JPG

例年,理数科の海外研修に先立って,行われるものです。

コロナ禍で,実際に渡航する海外研修は今年度も中止となってしまいましたが,ベックマン研究所の先生からの英語による講義,Duarte高校の生徒との交流は,今年度もオンラインで実施予定です。

ベックマン研究所の歴史やがんや糖尿病のしくみ,海外高校との交流に向けた話,海外で研究することについてなど,学び多き講義になりました。

211008-11.JPG 211008-2.JPG

211008-3.JPG 211008-4.JPG

211008-5.JPG 211008-6.JPG

生徒は講義を聴きながらしっかりメモをとり,時間いっぱい質問が続きました。

こんなにも「学びたい」生徒たちの姿を見ると,実際に訪問研修ができるようになってほしいと願うばかりです。

ご多用で,長旅であるにもかかわらず,本校までお越しいただき,生徒の質問にも一つひとつ丁寧にお答えいただきました。大変ありがたい時間となりました。