SSH通信vol.2が掲出されました。

こちら

理数科3年生による「課題研究発表会」が開かれました。

東北大学,東京理科大学,東洋大学、岡山大学,香川大学,国立教育政策研究所から先生をお招きし,2年理数科生徒,1年特色コース生徒が参加しました。教育委員会、県内外の高校の先生方や,市役所、企業、保護者の皆さま,報道の皆さまも来校しました。

熱気に包まれた百周年記念館1階大会議室において,各班とも,探究の成果を,英語と日本語で発表し,活発な質疑応答が行われました。08.jpg

06.jpg

07.jpg

09.jpg

10.jpg

発表タイトルは次のとおり(発表順)

1「無難に外角一辺倒」を統計的に検証する
 
2 クスノキの葉の効率の良い分解方法の確立
  
3 紫外線を原因とする印刷物劣化の抑制
  
4 エライオソームの構成物質がアリの種子運搬に与える影響
 
5 新繊維の混合による塗膜の強化の可能性
 
6 BDF~エコな燃料の利活用方法を探る~
 
7 アシスト力アップが香川ファイブアローズの勝利の鍵
 
8 放散虫化石抽出の効率化
  
9 “米”を用いた汚れ落とし
  
10 ハマゴウの発芽メカニズムの解明及び発芽促進法の確立
 

大学の先生からの質問,指摘にもしっかりと答え,貴重な指導助言もいただくことができました。

理数科3年生はこれから,夏にかけて,さまざまな発表会で探究の成果を発表します。

香川県内では,

7月20日(土)サンポートホール高松,第1小ホールにて,

「第7回香川県高校生科学研究発表会」が行われ,本校生徒も発表します。どなたでも入場できます。

本日,2~3時間目に,第1回のSSH講演会が実施されました。

対象は1年生です。

講師は東北大学大学院 教授 渡辺 正夫 先生。

2010年度から、毎年講演をいただいております。

演題は「将来に向けたキャリア形成のポイントとそれを考える基礎となる課題研究のあり方」。

今年から新たなタイトルで、そして講義のなかに、先生に出されたお題に対してグループで考え、発表する時間も。

03.jpg 04.jpg02.jpg01.jpg05.jpg

___

ここ以降は,講演会を運営してくれたSSH委員会の生徒の記録から。

・課題研究とは何か、なぜしなければならないか、キャリアの形成にとっていかに大切か

・数学の解き方を考えることが大切で、考える習慣をつけることが大切であること

・自分で、論理的に考え、トライアンドエラーをたくさんすること

・身の回りに考える種はたくさんあること…「なぜ」と、深く考える、調べること

・失敗から学ぶこと

・なぜ大学に行くのか、その先、なにになりたいか、過去の自分のキャリアと未来をつなげて考えることが大切であること

などなど、いろいろと教えていただきました。

みんなにとってわかりやすい例を出され、伝わり安くおはなしをされていて、反応を大切にされる先生でした。

また、生徒に聞いて、その応答に対してどんどんと追及して深めていくようにお話が進みました。

 

 

講義が終わって、質疑応答の時間になると、時間いっぱい,質疑が続きました。

(出された質問)

・人生や研究で躓いたとき、どのように立ち直るのか

・科学者以外になりたいものはなかったか

・生きていくうえで、どのようなことを心掛けたか。

・大学でなぜ遺伝子の研究をしようと決めたのか。

みんながわかりやすい例を出して、伝わりやすくお話をされていて、反応を大切にする先生でした。また、生徒に聞いて、その応答に対して、どんどん追及していくようにお話が進みました。

≫ 続きを読む

一般公開天体観察会について

5/24(金)20:00~21:00

本校運動場にて実施いたします。

双眼鏡や天体部員が操作する望遠鏡で火星や

春の星々を観察する予定です。

 

お車の方は西門からお入りください。

 

 

例年土曜日でしたが、金曜日に実施致しますので

お間違えの無いようお願いいたします。

 

中止する場合は15時までにHPに掲載いたしますが、

現状の天気予報ですと、よほどの急変がない限り、

予定通り実施できそうです。

 

滋賀大学と連携協定を締結しました。

 ↓

こちらで紹介しています。

https://www.kagawa-edu.jp/kanich01/index.php/news/archives/538

SSH通信を掲出しました。

ここから読むことができます。

 SSH通信2019 1...

令和元年度 SSH課題研究発表会を開催します。

 日時:令和元年6月20日(木)12:30~15:30

 場所:観音寺第一高校 百周年記念館

理数科3年生10班が課題研究の成果を口頭発表します。

全ての班が,英語による要約発表,日本語による発表,質疑応答を行います。

ご参加を希望される方は,

事前に本校担当者まで,下の申込様式にてお申し込みください。

提出は,FAX(0875-25-4145)または実施要項に記載のメールアドレスまでお願いします。

申込の締切は,6月12日(水)です。

 

なお,理数科3年生保護者の皆さまには,別途,後日御案内いたします。

 

案内文書R1.pdf

実施要項R1.pdf

R1 別紙参加申込書.doc

 

\4月6日(日)、理数科新3年生と、理数科新2年が、バス2台にゆられ、高知県立小津高校で行われた「第7回四国地区SSH生徒研究発表会」に参加しました。香川県からは観音寺第一高校、高松第一高校、徳島県からは徳島科学技術高校、脇町高校、城南高校、愛媛県からは松山南高校と宇和島東高校、西条高校、高知県からは高知小津高校の9校が参加し、合計104枚のポスターが並びました。

有意義な発表交流でした。そして,会場校の桜並木もきれいでした。

ホムペ1.PNG 

ホムペ2.PNG 

 ホムペ4.PNG

 ホムペ3.PNG

 ホムペ6.PNG

 ホムペ5.PNG

3年生にとっては,6月の課題研究発表会に向けた中間発表,2年生はこれから課題研究のテーマを決める材料を集めるとともに,課題研究の具体的なイメージをもつ,有意義な機会となりました。

まずは3年生の気づきと感想をいくつか紹介します。

 

≫ 続きを読む

本校理数科2年生の2グループが、

第8回スポーツデータ解析コンペティション中等教育部門で最優秀賞と、優秀賞を受賞しました。

http://estat.sci.kagoshima-u.ac.jp/cse/sports08.htm

最優秀「アシストから見た選手分析によりファイブアローズを強化する」

優秀賞「「無難に外角一辺倒」を打破せよ。」

の2作品です。

本校生徒が最優秀賞を獲得したのは4年連続。

一位、二位のダブル受賞は2年連続となります。

今後ますます重要になってくるデータ利活用。

SSHの取り組みとして推進していきます。

 

2月14日(木)本校の研究開発成果報告会の様子をお知らせします。

県内外から多くの方々にお越しいただきました。来年から、どの学校でも「総合的な探究の時間」が実施されるなか、注目度が高かったのだと思われます。

大学・研究機関の先生14名、文科省・県教育委員会から5名、香川大学の留学生5名、企業4名、県内中学校2名、県外高校19名、県内高校21名、学校評議員等2名、PTA役員等保護者30名、合計102名の来校がありました。

午前は、国語、英語、公民、数学、芸術(音楽・書道・美術)、体育、物理、生物の授業を公開しました。

15.JPG

17.JPG

16.JPG

午後は、探究発表会です。1年生代表生徒50名、2年生全員(理数科、普通科文系、普通科理系)が発表しました。残りの1年生は、先輩の研究を聴いて、質問をし、コメントシートにコメントを書きました。一部の生徒は運営しました。このページの写真の何枚かは、運勢生徒が撮影したものです。

 

6.JPG

まずオープニングは、バングラデシュ出身で香川大学大学院に在籍するホセイン・イムディ・シャハダットさんによる3分間スピーチ。シャハダットさんは、9月に広島大学で行われた,「未来博士3分間コンペティション2018」において,「最優秀賞」,「シュプリンガー・ネイチャー賞」,「オーディエンス賞」を受賞した方です。さすが。1年生が手を挙げて質問をしました。

3shaha.JPG 4shitumon.JPG

 

いよいよポスター発表会が始まりました。この日のポスターは、理数科の研究発表10本(うち3本は英語)、理数科の活動報告9本(うち2本は英語)、普通科理系の研究発表24本、普通科文系の研究発表29本、1年生の統計1本、1年生の活動報告19本、香川大学の留学生のポスター4本、計96本のポスターが一堂に集まる、壮観なものでした。

1.JPG 2poster.JPG

 

それぞれ,発表の様子。研究者からの厳しい指摘や質問も…。

聴くほうはしっかりメモ。コメントシートに。

9.JPG

23.JPG

21.JPG

13.JPG

10.JPG

22.JPG

今年特徴的なのは、香川大学の留学生のポスター。留学生はバングラデシュ、セネガル、マレーシア出身。生徒は、英語で積極的に質疑するなど、コミュニケーションを楽しんでいました。また、本校生徒の英語発表に対しても留学生から質問され、生徒は一生懸命答えました。

8.JPG

18.JPG

20.JPG

12.JPG 

最後は、岡山大学大学院自然科学研究科の多賀先生から、ご講評いただきました。先生は2019年度に設置50周年を迎える、理数科の第1期生。高校時代の体験にも触れながら、いかに探究の学びが重要か、おはなしいただきました。ありがとうございました。

14.JPG

生徒の発表会のあとは、場所を百周年記念館1階に移して「成果報告会」。

香川県教育委員会教育委員、校長先生のあいさつのあと、SSH担当職員から、SSHの取り組み、課題研究の評価、SSH研究開発の進捗状況等について説明があり、質疑応答、講評がありました。

19.JPG

そのあとは、場所を百周年記念館2階にて、運営指導委員会。有益な指導助言をたくさんいただきました。運営指導委員の先生方、ありがとうございました。