> 学校紹介> アクティブラーニング 
アクティブ・ラーニング
高松北高等学校は平成28年度と平成29年度の2年間「学びの改革推進モデル校事業」の指定を受け、「アクティブ・ラーニングの視点を取り入れた授業改善」の研究に取り組みました。



〈計画〉
 平成28年度 平成29年度
 取組の概要 飛翔プロジェクト

  教員の指導力向上-アクティブ・ラーニングを取り入れた「思考力・判断力・表現力」を高めるための指導方法を研究・習得して授業改善することで、生徒の学びの力を向上させる。

 飛翔プロジェクト
 ~アクティブ・ラーニング型授業の定着・発展~


  平成28年度「学びの改革推進モデル校事業」 
 の研究成果を踏まえ、さらにアクティブ・ラー
 ニングを取り入れた「思考力・判断力・表現力」
 を高めるための指導方法を定着させて授業改善
 するとともに、単元ごとの教材開発をして教員
 間で共有することで、学校全体の指導力を向上
 させ、生徒の学びに向かう力を養成する。 
 取組の詳細 1.アクティブ・ラーニング研究会の立ち上げ
   普通5教科の各教科教員2名を研究委員と 
   して、研究会を立ち上げ、先進校視察など
   を通してアクティブ・ラーニングの指導方
   法を研究する。

 
2.研究会メンバーなどによる校内現職教育に
   おけるモデル授業の実践

 1学期:アクティブ・ラーニングの研究者に
     よるモデル授業(校内外に公開)と先進
     校視察 
 2学期:先進校視察をもとにした指導方法の
     研究と研究会メンバーによる研究授
     業(校内公開)
 3学期:研究会メンバーによる公開授業(校内
     外公開)とまとめ

 1.アクティブ・ラーニング研究会の拡充
  昨年度、国語、地歴・公民、数学、理科、
 英語の各教科2名を研究委員として立ち上げ
 た研究会を、保健体育、芸術・家庭の教員も 
 研究委員として加え、アクティブ・ラーニン
 グ型の指導法を研究し、指導案を単元ごとに
 作成する。

 2.研究委員などによるモデル授業の実践
 1学期:昨年度の研究成果をもとに、単元ご
       とのアクティブ・ラーニング型の指
     導案を教科ごとに作成。
 2学期:指導案をもとにした、研究委員など
     による研究授業(校内外公開)を実施。
 3学期:研究委員などによる成果発表会(校内
     外公開)とまとめ

3.学校のHPでの情報発信
  昨年度、学校のHP内に開設した「アク
 ティブ・ラーニング研究」のページに指導案
 や研究授業などの研究実践を随時掲載し、ア
 クティブ・ラーニング型授業の実践に資する。
校内研究
組織
 名称「アクティブ・ラーニング研究会」計14名
 ・会長   -校長
 ・取りまとめ-教頭・教務主任
 ・研究委員 -5教科の教員各2名
 名称「アクティブ・ラーニング研究会」計18名
 ・会長   -校長 
 ・取りまとめ-教頭・研究主任
 ・研究委員 -各教科の教員2名
 
香川県立高松北高等学校
〒761-0121
香川県高松市牟礼町牟礼1583-1
TEL 087-845-2155
感染症の連絡は,こちらを参照してください。
授業日19:00-7:30と休日終日は,留守番電話対応となります。〔詳細
FAX 087-845-2157

  
来校は正門よりお願いします。
 

学校案内(2019年度)


※画面クリックでPDFファイルが開きます。〔容量4.64MB〕
 

スマホからの閲覧について

スマートフォンからアクセスすると、最初は次のような画面になります。


画面左下のボタンをタップすると、通常の表示に変わります。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


 
カウンタ
COUNTER325648
 2016.9.19~
QRコード