教育相談室から

教育相談室から
 現代社会の変容の中で、生徒の抱える問題が多様化し深刻化する傾向もみられます。また、社会の変化は大人だけではなく生徒たちにもストレスの増大を招いています。
 今や生徒の相談内容は、心身の成長過程における身体的特徴や性格、友人関係、学業成績や部活動、将来の進路、家庭生活や健康に関することなど多岐に及んでいます。
 このような様々な悩みを抱える生徒一人ひとりに対して、きめ細かく対応するために、学校では、専門家の支援も得ながら、相談体制を作っています。
 教育相談は、一人ひとりの生徒の自己実現を目指し、本人又はその保護者などにその望ましい在り方を助言することであり、その方法としては、1対1の相談活動に限定することなく、すべての教師が生徒に接するあらゆる機会をとらえ、あらゆる教育活動の実践の中に生かして教育相談的な配慮をすることが大切である、とされています。
 もとより、学校における教育相談は、決して特定の教員だけが抱えて行う性質のものでもなければ、教育相談室だけで行うものではありませんが、本校では、教育相談を組織的に実施するため「教育相談室」を設け、校内体制の連絡・調整に当たる教育相談担当教員を配置しているところです。
 あわせて、本校には、臨床心理の専門家としてスクールカウンセラー1名と福祉に関する専門家としてスクールソーシャルワーカー1名が配置されています。
 なお、当然のことですが、相談内容やそれへの対応等に関するあらゆる情報は、個人情報保護の観点から万全に管理しておりますので、安心してご相談ください。
 

教育相談部からのお知らせ[令和2年5月7日更新]

教育相談部からのお知らせ

 本校の教育相談部には9名の職員が配置されており、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー
も1名ずつ定期的に相談活動をしています。生徒だけでなく、保護者の方もお子様との関わりの中でお悩みのこ
とがありましたら、気軽に教育相談部にご連絡ください。なお、個人情報保護の観点から相談内容や対応等に関
する情報については、万全を期して管理しておりますので、安心してご相談ください。

 スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーの違い

  スクールカウンセラー    「話を聴く」仕事の専門家です。面接を通じて、相談者の内面の理解を進め
                 る援助をします。それだけでなく、生徒がよりよい学校生活を
送るために、
                 教職員と一緒に生徒理解を深めていきます。
  スクールソーシャルワーカー 「つなぐ」仕事の専門家です。困った状況に陥った時、その原因をその人自
                 身にでなく、個人と環境との関係性の中で見出します。生徒や保護者にとっ
                 てどうすることが最も良いかとうい視点で、最善策を考え、必要があれば関
                 係者と支援の役割を分担します。

 ●令和2年度カウンセリング実施予定日 (カウンセリングは原則50分を一コマ)
  スクールカウンセラー  原則 毎週金曜日 13:30~17:00
  ● 4月/ 17日     24日              ● 5月/  8日   22日     29日
  ● 6月/  8日(月) 12日    19日    26日  ● 7月/  3日   10日     17日  
  ● 9月/ 11日     18日    25日      ● 10月/  2日      9日     16日      23日   30日 
  ● 11月/  6日     13日    20日          ● 12月/  5日     11日   18日  
  ● 1月/  8日     15日   22日    29日  ● 2月/  5日     12日     
  ● 3月/  5日     12日

  スクールソーシャルワーカー  原則 月1~2回 木曜日 14:30~17:30
   4月16日 5月21日 6月11日 6月25日  7月9日
   
9月10日 9月24日
  10月8日 10月22日 11月5日 11月19日 12月10日
   1月14日 1月28日 2月4日 3月4日
 


 *相談については、学校へ電話(885-1131)をして教育相談係と時間の打ち合わせをしてください。
 *担任を通じて申し込まれてもかまいません。

 

校外の相談機関

●校外の相談機関  校外でも下記の相談所等で相談が受けられます。

・カウンセリング

相談所

所在地

相談内容

受付時間

電話


香川県精神保健福祉

センター


高松市松島町1-17-28

香川県高松合同庁舎

メール相談あり

月~金

   9:0016:30

087-804-5565

香川県教育センター

高松市郷東町587-1


不登校、いじめ、学業・進路、交友関係、発達障害

(要予約)

*メール相談あり

kesoudan@kagawa-edu.jp

月~金

   9:0017:00

第2・4土曜日

   13:0017:00   

087-813-0945

(受付)

・電話相談

名称

相談所

相談内容

受付時間

電話

子ども電話相談

県教育センター

児童生徒、高校中退者からの電話相談

9時~21時(通年)

087-813-3119

子育て電話相談

24時間いじめ電話相談窓口もある(087-813-1620)

*全国統一のいじめ電話相談ダイヤル

(0570-0-78310)

9時~21時(通年)

子育てに関する悩みや不安

087-813-2040   

子供のネットトラブル電話相談

SNS等に誹謗中傷や個人情報を無断で掲載された場合の対応。

チェーンメールやなりすましメールによる被害を受けた場合の対応等。

月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)9時~17

087-813-3850

24時間いじめ電話相談

いじめなどの相談

24時間(通年)

087-813-1620

0120-0-7831024時間子供SOSダイヤル)

メール相談

学校生活、進路・適性、家庭生活、心と体に関する相談

月曜日~金曜日(祝日・年末年始は除く)9時~17

香川県教育委員会HPから

FAX相談

087-881-3272

こころの電話相談

県精神保健福祉 センター

乳幼児から老人までの

心の相談

月~金

9:0016:30

087-833-5560


子どもと家庭の電話相談

子ども女性相談

センター

子どもや家庭に関する相談、18歳未満の子ども対象

月~土

   9:0021:00

087-862-4152

少年相談電話

県警本部内      

非行問題、犯罪被害などに関する子どもと親からの相談。メール相談もあり

月~金

   9:0017:00

087-837-4970

少年相談電話

中讃少年サポート  センター

0877-33-3015

子育てホットライン

(面談もあり・面談は要予約)

県教育委員会

家庭教育の悩みや不安に関する相談。ファックス相談は常時


月~金

   9:0016:30

 18:3022:00

日 13:0016:30

087-861-4951

fax 087-831-1912

香川いのちの電話

社会福祉法人香川いのちの電話

不安や悩みの相談

年中無休24時間


087-833-7830

fax 087-861-4343

 
教育相談室トピックス
2017/10/02

教育相談講演会

| by 教員
平成29年度 教育相談講演会
1.講師 坂井 聡 先生(香川大学教育学部教授)

2.演題 「多様性を受け入れるとは?」

3.日時 平成29年9月15日(金)
       12:15~13:05(4限目)

4.北体育館

5.対象生徒 2年生263名(2-4 実習中のため不在)
              、教職員

 香川大学教育学部教授 坂井聡先生を講師にお迎えして「多様性を受け入れるとは?」についてご講話頂きました。

 様々な映像を見せていただき、その中でリオオリンピック・パラリンピックの映像が流され、車いすバスケなどの白熱した試合風景に生徒は釘づけになっていました。

 障害とは、個人が持っているものではなく、活動できないことや参加ができないことが障害であるというお話がありました。コンタクトやメガネを失くしたため自転車に乗れない。これも障害にあてはまり、“特別なもの”から誰もがもつ“状態”として障害を認識する必要があると学びました。

 「環境が整えば障害は無くなり、その環境を作るのは自分たちです。この学校に来てよかったなと思える、誰も排除されない学校を目指してほしい。」とお言葉を頂きました。先生のお話から、生徒は、障害は個人にあるものではなく周りの環境にあるものであると学んでいました。
 「多様性」という言葉を初めて聞いた生徒も中には何名かいたようで、今回の講演会をきっかけに自分たちの枠組みを変え、どの人も本当の力を発揮できるような南高にしていくにはどうすればいいのか考えながら、充実した学校生活を送ってほしいと思います。


10:00 | 報告事項