おススメ本の部屋へようこそ!

平成29年度より、おススメ本の部屋を開設しました。図書委員と図書部員が、おススメする本を紹介しています。
今後は1ヶ月に2回の更新を予定しています。(長期休業中はお休みします。)
校内の各所にも掲示していますので、興味や関心を持った人は、気軽に図書室に来て読んでみてください。貸し出し中なら予約も可能です!
 
おススメ本Ⅰ
12345
2019/10/11

『君がいるときはいつも雨』 山田悠介

| by 図書担当

切ない:★★★★★ 不思議:★★★★☆

 この本は、事故で両親とお母さんのお腹の中にいた弟を失い、孤独になった主人公の元に、雨が降ると小さな男の子が会いに来るという不思議な話です。
 小学校最後の夏休み、野球チームでピッチャーをしている主人公は、公園で一人壁当てをしていると、突然雨が降ってきた。仕方なく雨宿りをしていたら、そこに赤い傘を差した男の子が現れた。その日から主人公の不思議な夏休みが始まる。

 私は、この話を読んで初めは少し怖いと感じました。しかし、物語を読み進めていくと、主人公の家族に対する思いや心の内を知ることができ、だんだん物語の中に引き込まれていきました。


13:47
12345
おススメ本Ⅱ
12345
2019/10/11

『死にぞこないの青』 乙一

| by 図書担当

感動:★★★★★  読みやすさ:★★★★☆

 一つのすれ違いから担任に嫌われてしまい、不当な扱いを受けるようになる主人公。その日から、友人がどんどん離れていき、クラス全体が「いじめ」の波にのまれていってしまう。
 つらい日々を送る主人公の前にある日、「アオ」という自分にしか見えない不気味な少年が現れる。果たして「いじめ」は解決されるのか、「アオ」とは何者なのか。「アオ」との出会いから主人公の心や行動の変化にとても心動かされ、最後の新任担任との会話に、心打たれました。


13:48
12345
おススメ本Ⅲ
12345
2019/10/11

『心配事の9割は起こらない』 枡野俊明

| by 図書担当

読みやすさ:★★★☆☆ ためになる:★★★★☆

 この本には、心配事のほとんどは思い込みや勘違いであり、その余計な心配を「減らす」「手放す」「忘れる」という禅の教えに従って排除することで、心を楽にして前向きに生きられるということ、そのために日常的に実践できることが書かれています。少し難しく感じましたが、禅の教えや有名人の言葉には、説得力がありました。

 心配事はほとんどが思い込みであることが分かり、その考えや行動を実践してみようと思いました。とても読みやすい本です。
13:48
12345
おススメ本Ⅳ
12345
2019/10/11

『屍人荘の殺人』 今村晶弘

| by 図書担当

ミステリー:★★★★★ 驚き:★★★★☆

 神紅大学ミステリー愛好会の葉村譲と会長の明智恭介が、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪れます。その合宿1日目の夜、映研のメンバー達と肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭い、籠城を余儀なくされます。そんな中、紫湛荘で殺人事件が起こります・・・。

 この本は、次々と起こる殺人事件、そのトリックが今までにない新しいもので、とても面白く感じました。ミステリーが好きじゃない人でも、一気読みしたくなるくらい面白いので、ぜひ読んでみてください。


13:49
12345
おススメ本Ⅴ
12345
2019/10/11

『この恋は世界でいちばん美しい雨』 宇山圭佑

| by 図書担当

感動:★★★★★ 共感:★★★★☆

 もし、あなたが結婚すると決めた相手と同時に死亡して、目覚めるともう1度生き返れるが、互いに20年の命を分け合って生きなければならないライフシェアリングを提案されたらどうしますか?

 日菜と誠がある日事故で亡くなり、ライフシェアリングという制度で生き返ります。待ち受ける様々な困難や、2人を引き裂いてしまうような出来事などハラハラするシーンが、この本にはたくさんあります。

 私は普段、恋愛小説を手に取ることは少ないのですが、表紙に惹かれてこの本を読むことにしました。この本を読んで、本当に人を愛することの意味や、自分にとって大切な人の存在を深く考えることが出来ました。大切なことに気づかせてくれる素敵な本なので、普段恋愛小説を手に取ることがない人も必見です!


13:50
12345
おススメ本Ⅵ >> 記事詳細

2019/06/17

『銀の匙』 荒川弘

| by 図書担当

命の大切さ:★★★★★ 青春:★★★★☆

 この本は、寮があるという理由で大蝦夷農業高校(エゾノー)に入学した八軒勇悟という主人公が悪戦苦闘の日々を送りながら、いろんなことを賢明に考えていくというものです。八軒にとって何もかもが初体験ですが、過ごしていくうちに仲間が増え、楽しい高校生活になっていきます。しかし、楽しいだけではなく、時折、農業の厳しい現実にもぶつかります。
 僕自身もこの本を読んでいるうちに色々と考えるようになりました。特に「命の大切さ」というのがすごく心に残っています。ちょっぴり恋も芽生えた八軒たちの汗と涙と泥まみれの酪農青春の物語です。皆さんも自分達が普段食べている食材に感謝して、いただきましょう!


09:44