おススメ本の部屋へようこそ!

平成29年度より、おススメ本の部屋を開設しました。図書委員と図書部員が、おススメする本を紹介しています。
今後は1ヶ月に2回の更新を予定しています。(長期休業中はお休みします。)
校内の各所にも掲示していますので、興味や関心を持った人は、気軽に図書室に来て読んでみてください。貸し出し中なら予約も可能です!
 
おススメ本Ⅰ
12345
2019/11/25

『冷たい校舎の時は止まる』 辻村深月

| by 図書担当

ワクワク度:★★★★★ ミステリー:★★★★☆

 いつものように学校に登校した深月と博嗣は、何かがおかしいことに気づく。それは始業時間になっても人しか登校していないことだ。ホストという謎の人物によって深月達は外に出ることもままならぬ中、時計がおかしな時間で止まっているのに気づく。この時間の意味も分からず、これからどうなるのだろうと思っていた夜、8人のうちの1人が無残なマネキン人形となって見つかった。ここから抜け出すには、忘れてしまった「何か」を思い出し、屋上にいるこの世界のホストに会いに行かなければならない。

 登場人物の設定が細かく書かれており、物語の中に引き込まれていきます。


15:48
12345
おススメ本Ⅱ
12345
2019/11/25

『ケーキ王子の名推理4』 七月隆文

| by 図書担当

恋愛:★★★★☆ 夢:★★★★☆

 この本は、スイーツが大好きな女子高生の有村未羽とパティシエを目指す最上颯人の物語です。パティシエのコンテストで優勝した二人は、優勝旅行でフランスへと向かいます。そこで、二人の前に世界一のシェフといわれるライバルが現れます。帰国後、高校の文化祭で、未羽と颯人の関係が進展していきます。夢に恋にと青春を感じられる一冊です。

 この小説で私が好きな場面は、颯人と未羽がフランスで、世界一のシェフ ルイ・デシャンと出会い、最初は勝つという思いしかなかった颯人が、最後にはとても大切なことを知ることができるところです。もう一つは、文化祭で起きた衝撃的な出来事です。気になる人は、1巻から読んでみてください。きっと、はまること間違いなしです!


15:49
12345
おススメ本Ⅲ
12345
2019/11/25

『夢見る帝国図書館』 中島京子

| by 図書担当

図書館の歴史:★★★★☆ おもしろい:★★★☆☆

 上野公園で出会った「喜和子さん」にある提案をされる私。その提案とは、「図書館を主人公に小説を書く」こと。しかし、その本が完成しないうちに喜和子さんは亡くなってしまう。私は、本を完成させるために、「としょかんこじ」の謎を追う。

 この本のおもしろいところは、本当に上野図書館を主人公に書かれている部分があることです。上野図書館の歴史を知ることもできます。喜和子さんの人生も、上野図書館の歴史も、どちらも面白いので是非読んでみてください。


15:49
12345
おススメ本Ⅳ >> 記事詳細

2019/11/11

『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐

| by 図書担当

友情:★★★★☆ 感動:★★★☆☆

 21歳の後藤大輔は、東京ディズニーランドで準社員として働くために、クルーのオーディションを受けることになった。ぎこちない態度でオーディションや面接を受ける後藤だったが合格し、憧れだった「夢の国」での仕事を手にする。お客を「ゲスト」と呼び、従業員を「キャスト」と呼ぶその職場での仕事には予想を超える厳しさと現実があり、後藤はこの仕事に就いたことを後悔し始める。だが、先輩やゲストとの関わりを通して後藤の心に少しずつ変化が現れ始める。
 人とのつながりを通じて仕事に対する気持ちが変わっていくのを読んで、自分も人とのつながりを大切にしたいと思いました。


09:22
おススメ本Ⅴ
12345
2019/11/25

『本当は恐ろしいグリム童話』 桐生操

| by 図書担当

ホラー:★★★★☆ 世界の歴史:★★★☆☆

 “贅沢病”の白雪姫とその夫の王子は“死体愛好家”、「カエルの王子さま」の王女は“男嫌い”など、初版のグリム童話は、今のグリム童話とは似ても似つかぬ内容でした。そこには、グリム兄弟が生きていた当時の背景や、「これ、本当に子供に読ませるの!?」というような描写があります。癖がかなり強めの登場人物達が織り成す物語。

 私は、この物語を読んでグリム兄弟が生きていた当時の状況が分かり、世の中には色々な人がいるんだなと思いました。世界の歴史やホラーが好きな方にオススメです。


15:50
12345
おススメ本Ⅵ
12345
2019/11/25

『蛇にピアス』 金原ひとみ

| by 図書担当

過激度:★★★★★ 痛み:★★★★☆

 「スプリットタンって知ってる」この少し衝撃的な一言から始まる物語。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。今を生きる者たちの生の本質を鮮明に描いた金原ひとみのデビュー作。
 ページ数は114Pととても短いので、あっという間に読み終えることができました。独特な世界観に引き込まれます。過激な表現の中にどこか共感できるところもあり、10代の今こそ読んでほしい本です。


15:51
12345