保健室より

3年間の高校生活を健康で安全に過ごすために、自らの健康をつくりながら、さらに一生のうちで身体面、精神面ともに最も変化の大きなこの時期に、生徒それぞれがより豊かな成長を目指してほしいと思います。

学校生活の基盤となるのは家庭生活です。何よりもまず朝元気で登校できるよう、家庭でのお子様の生活について、特に規則正しい生活と食生活について、心配りをよろしくお願いいたします。


 今年度の保健目標

(1)生涯にわたる健康の基礎づくり

① 定期健康診断の円滑な実施と保健管理・健康教育における結果の活用

・健康診断結果による事後処置の徹底と、配慮を要する生徒の運動・学習・学校行事参加等、個々の対応について共通理解を図る。

・学校管理下のけがについて、担任・部顧問・授業担当者と保健室との連絡を密にし、独立行政法人日本スポーツ振興センターへの申請手続きに遺漏のないよう努める。 

② 生活習慣病の予防など、生涯にわたって健康課題を見つけ、主体的に解決していく能力や態度を養うため、日常の健康管理等を活用し、生徒の健康面や生活面の情報を多面的にとらえ、個々の生徒に応じた適切な日常生活の実践について指導を行う。

 (2)ロングホームルームにおける性教育・・・各学年に応じた指導の充実

   ロングホームルームにおける性教育を通して、異性を尊重する態度を身につけ、異性との交際において適切な意志決定や行動選択ができるよう指導するとともに、個々に応じた具体的な指導ができるよう、日頃より生徒との会話や関係づくりを心掛けた個別指導に努める。

 (3)クラスや部の人間関係や学習に問題を抱える生徒に対する、相談的対応と校内連携の充実

① 保健室においては、様々な対応の機会をとらえて生徒との信頼関係をつくり、生徒自らが自己の心身の問題を考え、適切な行動を見出す支援ができるような保健室経営を目指す。

② 保健室登校生徒等に対しては、担任の先生を中心にスクールカウンセラー等関係者と共に、チ-ムとして一貫した支援が行えるように効果的な連携を図る。

 (4)生徒保健委員会活動の充実

学校保健委員会における研究発表や、南高祭等における「保健展」の開催、心肺蘇生法への参加等を通して、心身の健康と安全の大切さについて生徒保健委員会から学校全体へ発信する。

 (5)学校環境安全・衛生管理の徹底

① 水質検査、照度検査、空気検査に加え、近年新たに追加されているシックハウス関係検査、ダニ又はダニアレルゲンの検査等を適切に実施し環境の改善を図る。

② 全職員による毎月の校内施設設備の安全点検を徹底し、職員・生徒の安全確保に努める。

 (6)「冷房病」予防対策について

 エアコンの使用による身体への影響として、温度差が原因による「冷房病」の症状が出ることが予想される。その予防のためには外気との温度差を十分配慮した室温設定を行い、生徒の体調管理についても適切な対応を行う。

 (7)校内救急体制の徹底・・・・・心肺蘇生法・AED講習会を実施する(当面延期)

 
 

保健室の利用と学校での病気やけがに対する対応について

保健室の利用と学校での病気やけがに対する対応について

(1)お願い

 登校前の健康観察 

   新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、ご不安な日々をお過ごしのことと思います。
   臨時休校時、お子様の健康状態の変化を一番に察知できるのは保護者の方だと思います。
   朝「いつもとちがうな?」と感じたら、いつも以上にお子様の心身の状態に心配りをお願いします。
   また、登校後学校で特別な対応が必要な場合は学校にご連絡ください。 

    観察点  

    ・ 元気がありますか(強いだるさを訴えていませんか。)

     ・ 昨夜はよく眠れていましたか

     ・ 発熱(37.5度以上)していませんか。 

     ・  咳をしていませんか。

     ・  のどの痛みや鼻水が出ていませんか。 

     ・ においや味が分かりにくいことはありませんか。

     ・  食欲はありますか

     ・  目が腫れたり、充血していませんか。  

     ・ 皮膚に発疹やむくみはありませんか     

     ・たびたびトイレに行っていませんか
 

(2)学校で病気やけがをしたとき

   1  保健室での処置は応急手当
    保健室での手当はあくまでも応急処置ですので、ご家庭ではその後の経過観察と手当を
   よろしくお願いします。
  2 保健室における内服薬の使用について

体質による副作用の問題や、原因がわからない頭痛や腹痛の場合、薬によりその痛みを抑えることで重大な病気の発見の遅れにつながるなどの危険性も考え、本校でも内服薬の使用は控えていますのでご理解をお願いします。必要な場合は、本人にあった薬を持参させてください。

   3 けがや病気の際の医療機関への受診について・・・緊急時の連絡先を明確に。

けがや病気の程度により医療機関を受診する必要が生じた場合ですが、最近の病院は受診時に必ず保険証が必要なことや、ご家庭によっては、その後の通院の関係で希望する病院があることから、基本的には保健室から担任の先生を通じて保護者の方に連絡し病院に連れて行っていただいております。緊急を要する場合や保護者の方に連絡がとれない場合は、学校で対応をいたします。また、急な発熱など病状によって早退させる場合も、原則として担任から家庭連絡を行い、お迎え等をお願いしています。

 

健康診断の実施予定と結果の通知について[令和2年6月30日更新]

健康診断の実施予定と結果の通知について
 令和2年度 健康診断行事予定をお知らせします。  健康診断行事予定(2020.6.29).pdf
なお、健康診断の結果、検査や治療が必要な場合は、直ちにお知らせしますので、速やかに専門機関を受診し、検査結果は必ずクラス担任の先生までご提出ください。

 

定期健康診断について

* 定期健康診断について

  Ø学校保健安全法施行規則の一部改正が行われ、平成284月から健康診断の内容が変わりました。(変更内容は以下のとおりです)

    座高の検査の削除

    寄生虫卵の有無の検査削除
    色覚検査の実施  保健調査票に項目を追加(平成27年度より実施)

    四肢の状態(運動器検査)の追加  保健調査票に整形外科項目を追加

    *運動器とは、骨・関節・筋肉・靭帯・神経など身体を支えたり動かしたりする
          機関の名称です。

     お子様の運動器疾患の早期発見のために追加されることになりました。
     整形外科項目の詳細は、整形外科(運動器)のチェック項目について.pdfをご覧ください。

 

感染症について[令和2年2月5日更新]

出席停止の対象となる感染症と期間について
 インフルエンザなどの集団感染の恐れのある学校伝染病は、出席停止(欠席日数には含まれません)となります出席停止の対象となる病気と期間は、下記基準「 出席停止の期間の基準(令和2年2月).pdf 」のとおりです。自宅療養では、出席停止の取り扱いができませんので、必ず病院で病名を確かめてください。感染した場合は、「感染症による欠席届」( 出席停止 保護者届出用紙(令和版).pdf )に記入して、担任の先生を通じて早急に保健室までお知らせください。
 

熱中症予防と応急手当

 熱中症の予防と対策をお知らせします。ご注意ください。    熱中症の予防と対策1.pdf
熱中症の予防と対策
熱中症の予防と対策
 

学校医さんに質問

学校医さんに質問 

  学校保健委員会で、健康について気になることを学校医さんに質問しました。そこで学校医さんから教わったことをみなさんにもお伝えします。 学校医さんQ&A.pdf

学校医さんQ&A

 

 

お知らせ

「保健だより」は、『 各種たより 』のページに掲載しています。ご覧ください。
 
保健室トピックス >> 記事詳細

2017/05/29

心肺蘇生法講習会を実施

| by HP主担当

519日(金)心肺蘇生法及びAEDの使用に関する実技講習会が職員・専攻科1年生を対象に実施されました。

「心肺蘇生法国際ガイドライン2015」に基づき、以下の7項目に重点を置き指導を受けました。
 1.119番通報で口頭指導を受けよう
 2.呼吸の確認に自信が持てない場合も恐れずに
   直ちに心肺蘇生法を開始
 3.胸骨圧迫の深さは約5㎝(6㎝を超える
   過剰な圧迫を避ける)
 4.テンポは100120/分 
 5.胸骨圧迫は、胸をしっかり元の位置に戻す
 6.胸骨圧迫の中断は最小限(10秒未満)に
 7.訓練を受けておりその技術と意思がある場合は
   人工呼吸を行う

13:07