おススメ本の部屋へようこそ!

平成29年度より、おススメ本の部屋を開設しました。図書委員と図書部員が、おススメする本を紹介しています。
今後は1ヶ月に2回の更新を予定しています。(長期休業中はお休みします。)
校内の各所にも掲示していますので、興味や関心を持った人は、気軽に図書室に来て読んでみてください。貸し出し中なら予約も可能です!
 
おススメ本Ⅰ
12345
2019/11/11

『すてきなひとりぼっち』 谷川俊太郎

| by 図書担当

読みやすさ:★★★★★ 分かりやすさ:★★★☆☆

 この本は谷川俊太郎さんが書いた詩集です。私は詩の中で「百歳になって」や「私が歌う理由」が特に好きで、一つ一つの言葉が心に沁みます。毎日上手く生きることができない人、悩みを抱えている人、生き方に迷った人は、心を癒してくれるこの本に出会えばそれぞれの生き方が見つかるはずです。
 自分を見てほしいとき、理解してくれる人がいないとき、言葉たちは唯一見てくれます。返ってくる言葉がなくても、本はちゃんと向き合ってくれます。


09:17
12345
おススメ本Ⅱ
12345
2019/11/11

『いなくなれ、群青』 河野裕

| by 図書担当

青春:★★★★★ ミステリー:★★★★☆

 捨てられた人が集まるという階段島。そこに住む人は、この島にやってきた時の記憶がありません。この島は何なのか。ストーリーが進むにつれて謎が明らかになるミステリー小説です。登場人物一人一人が全く違う性格で、特に主人公「七草」と「真辺」という少女が真逆な性格のため、逆の考え方をしているのがとてもおもしろいです。
 二話、三話と続くシリーズなので、興味があったらぜひ読んでみてください。


09:20
12345
おススメ本Ⅲ
12345
2019/11/11

『さよならドビュッシー』 中山七里

| by 図書担当

ミステリー:★★★★☆ 犯人の意外性:★★★★★

 ピアニストを目指す遥は、祖父と従姉妹のルシアとともに火事に遭う。生き残った遥は全身大火傷の大怪我を負う。身体を上手く動かせない遥だったが、リハビリを乗り越え、ピアノのコンクール優勝を目指す。ところが、周囲で遥を狙った事件が起こり、殺人事件まで発生することになる。この『さよならドビュッシー』という話は音楽ミステリー小説です。
 遥はコンクールで優勝が出来るのか。殺人事件の犯人は一体誰なのか。読んでいてとても気になり、どんどんこの話にのめり込んでいきます。火事で大怪我をし、思ったようにピアノを弾くことが出来ない遥の葛藤も描かれています。音楽やピアノが好きな人は是非読んでみてください。


09:21
12345
おススメ本Ⅳ
12345
2019/11/11

『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐

| by 図書担当

友情:★★★★☆ 感動:★★★☆☆

 21歳の後藤大輔は、東京ディズニーランドで準社員として働くために、クルーのオーディションを受けることになった。ぎこちない態度でオーディションや面接を受ける後藤だったが合格し、憧れだった「夢の国」での仕事を手にする。お客を「ゲスト」と呼び、従業員を「キャスト」と呼ぶその職場での仕事には予想を超える厳しさと現実があり、後藤はこの仕事に就いたことを後悔し始める。だが、先輩やゲストとの関わりを通して後藤の心に少しずつ変化が現れ始める。
 人とのつながりを通じて仕事に対する気持ちが変わっていくのを読んで、自分も人とのつながりを大切にしたいと思いました。


09:22
12345
おススメ本Ⅴ
12345
2019/11/11

『たとえ明日、世界が滅びても~』 瀧森古都

| by 図書担当

感動:★★★★★ おもしろさ:★★★★☆

 この本の正しい題名は「たとえ明日、世界が滅びても今日、僕はリンゴの木を植える」です。主人公は、母親に捨てられ、父親をがんで亡くし、夢や希望もない生活を過ごしていました。主人公が、男でも女でも人間でもないピエロの仕事をしているとき、一人の少女と出会います。主人公はその少女と過去の自分の姿を重ね、少女の面倒をみるようになり、笑うことのなかった主人公が次第に笑うようになります。

 私はこの本を読んで、未来に向かうために今を懸命に生きる登場人物を見て、私も頑張らないといけないな、と元気をもらいました。最後までストーリーの先が読めず、楽しんで読むことができました。小説が好きな人はもちろん、今、人生がつまらないと感じている人に読んでほしい一冊です。


09:23
12345
おススメ本Ⅵ >> 記事詳細

2019/07/01

『ReLIFE 1』 武井彩

| by 図書担当

面白さ:★★★★★ 読みやすさ:★★★★☆

 新卒で入社して3ヶ月で退社。現在27歳、無職、彼女なしの海崎新太。就活も失敗続きのある日、リライフ研究所サポート課・夜明了と名乗る人物が目の前に現れる。彼は海崎を社会復帰のための実験プログラム「リライフ」へと誘い、一錠のカプセルを渡す。翌朝、薬を飲み若返った海崎の姿があった。そして、一年間限定の高校生活を送ることに。
 見た目は17歳の高校生だが、中身は27歳なので、いまどきの高校生とのギャップを感じているところや、海崎と夜明のやりとりが読んでいておもしろいです。海崎がクラスメイトと関わることで海崎自身の考えも変わっていきます。そして、恋愛要素があるところも大変おもしろいと思います。


13:34