[ カテゴリー » 部活動 » 科学 ]

東かがわ市少年少女発明クラブでのボランティア

東かがわ市少年少女発明クラブの指導補助ボランティアとして本校科学部1・2年生4名が参加しました。
今回は「音で楽しもう -試験管笛・グラスハープ-」をテーマに、音の大きさや高低の変化について講義をしました。振動とか周波数などと発言する子どももいて、教える側の生徒がびっくり。音叉や気柱共鳴装置・オシロスコープなどを使った実演の後、予め作成して持参した試験管笛・グラスハープを渡し、クリスマスソングを皆で演奏しました。残った時間は子どもたちが気になる装置のところで音を出してみたり振動を体感したりととても賑やかに過ごしました。
全員分の試験管笛を準備するところから始まり、まだ物理を学習していない1年生が中心となって自分たちで勉強しながらの取り組みでした。

higashikagawa-invention-001

higashikagawa-invention-002

higashikagawa-invention-003

higashikagawa-invention-004



— posted by webmaster at 03:59 pm  

日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU2018)高校生セッション 参加

5月20日から5日間にわたり幕張メッセ(千葉市)でJpGU2018が開催されています。
5月20日開催の高校生セッション(ポスターセッション)に理数科3年生2名が参加しました。
2年生から課題研究で取り組んできた高高度発光現象スプライトをテーマとした研究をポスター「可聴音による落雷位置の調査及び落雷とスプライトとの関係性を探る」で発表し、第一線の研究者と議論を行いました。

「日本地球惑星科学連合」とは、9000人以上の会員数を有する地球惑星科学分野の学会です。
session1
高校生セッション会場(幕張メッセHall7)


session2



   

— posted by webmaster at 12:50 pm  

科学体験フェスティバル

香川大学で開催された香川県科学体験フェスティバルに科学部中心に6名が参加。「化学変化で天気を知ろう」のコーナーで、来場した子どもたちにお天気ねこや液晶温度計の作成のお手伝いをしました。
2015taikenfes



 

— posted by webmaster at 06:00 pm  

サンポート高松にて第3回香川県高校生科学研究発表会

 県内8校から口頭発表11グループ、ポスター発表14グループが参加しました。科学部はポスター発表に参加。写真のように、大勢の高校生が集まった中で、「ミドリゾウリムシの光走性の研究」を発表しました。緊張した様子でしたが、聞いていた高校生や先生方、審査員の方からの質問にも答えました。科学部は「奨励賞」を受賞。励みになりました。三高から参加した理数科3年と天文部も奨励賞をもらいました。
happyou1
発表の様子

happyou2
表彰式後に受賞した三高生で


   

— posted by webmaster at 08:00 pm  

岡山大学での発表

7月31日(木) 岡山大学創立五十周年記念館で、第9回となる2014年度岡山大学大学院自然科学研究科・環境生命科学研究科高大連携・一般公開「高校生・大学院生による研究紹介と交流の会」が開催され高校生78件、大学院生から26件の研究発表がありました。
科学部のポスター発表「インドール酢酸がミドリゾウリムシに与える影響」が優秀賞に選ばれました。

s-okayama



   

— posted by webmaster at 10:24 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0116 sec.
prev
2019.3
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31