記事一覧

ボトムアップ!

今日は全体練習はなし。


代わりにミーティングを行いました。


第1部はサッカー部顧問の浜崎先生によるボトムアップ講習会。


中間考査明けから平日のほとんどの日は選手考案メニューで練習をしています。何を課題にしてどう取り組むのか、事前にスタッフと打ちあわせはするものの、考えて取り組むのは選手自身です。

あ~でもない、こ~でもない・・・・・・そんなことを言いながらも自分たちで考え、チームの課題を見つけ、それを克服するために取り組むということを続けています。

平日考えて取り組んだことを週末の紅白戦や対外試合でできるかどうか挑戦し、さらに選手だけでミーティングをする。

そこでプレーの確認をし、どうすればうまくいくか改善点を見つける。


話し合ったことを具体的にどうしていくのか練習メニューを考える。

こうしてPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(確認)→ Act(改善)のサイクルを選手だけで回していくことを始めました。

これは広島県の安芸南高校サッカー部監督の畑先生という方が実践されているボトムアップという手法です。

監督が命令をして選手を動かすのがトップダウンだとすれば、その反対がボトムアップ。究極の選手主導です。


すべてがボトムアップなわけではありませんが、少しずつ選手だけで取り組むことを増やしていっています。


小豆島高校野球部がボトムアップに取り組み始めてから約2週間。選手もスタッフもいろいろな新しい発見があり、また上手くいかないことも出てきたわけですが、今日、実際に安芸南高校のサッカー部の視察に行き、約2ヶ月前から小豆島高校のサッカー部でボトムアップに挑戦している浜崎先生にボトムアップに関するミーティングを開催していただきました。

浜崎先生がボトムアップを導入した理由やその成果、また今サッカー部が抱えている課題などわかりやすく話をして下さいました。

そして実際に安芸南高校サッカー部の様子を撮影したDVDを見せて下さいました。

そこには選手が主体となり、自分たちで考えてイキイキとサッカーをしている姿がありました。

選手は映像、またサッカーという他競技とはいえ、同じ年代の運動部員が自分たちでここまでできるのかという衝撃を受けたのではないでしょうか。


そしてそれ以上に自分たちがどうして行ったらうまくいくのかというイメージも湧いたのではないでしょうか。


お忙しい中、1時間を超える内容の濃いミーティングをして下さった浜崎先生に本当に感謝です。


このミーティングをきっかけに自分たちで考え、小豆島高校野球部のボトムアップのスタイルを確立していきたいと思います。


新しい試みがすぐに上手くいくとは思いませんが、全員でチャレンジし、成果を上げたいと思っています。

“Enjoy Baseball”

過去ログ