記事一覧

紅白戦

ファイル 374-1.jpg

今日は3年生部員4人のうち3人(大澤、大下、向井)が練習に参加してくれました。


そこでスタッフ3人を含めての紅白戦を行いました(スタッフは守備のみ)。


3イニングスのゲームを2試合行いました。

3イニングスですから、イメージとしては終盤7~9回の攻防戦。


いかに1点を取るか、追加点を取るのか。


いかに1点をやらないか、点差を考えて守るか。

この紅白戦でさまざまな課題が見えました。

【投手】
・制球力が低く、カウントを整えることができていない。
・クイック、けん制、バント処理の精度を上げる必要がある。


【守備】
・簡単なゴロ、フライを確実にアウトにすること。
・ランナーの走力、点差などの状況を考えての守備位置の変更。


【走塁】
・常に次塁を狙う走塁。
・打球を見ながらの走塁。ランナーコーチに頼らない。
・走力アップ。


【打撃】
・緩急への対応。
・強い打球が打てる打力(長打力)。
・バントの成功率アップ。


特に打撃面では目立った選手はほぼいませんでした。


12月からマシンを中心にひたすら遠くに飛ばすことを課題に数打ってきたので、多少スイングは力強くなった気がしますが、前から来る投手の球を打っていないので、タイミングが取れておらず、打ちきれていない選手が多く見られました。

春の大会まで残り2ヶ月と少し。

ここから少しずつ練習を実戦に近づけていき、大会で勝ち上がることができるようにしていきましょう。

今日の紅白戦、少しではありますが、成長が見られた部分も垣間見られました。春、大きく成長した小豆島高校がお見せできるのではないかと楽しみにしています。


ウエイトトレーニングや基礎練習で蓄えた力を実戦で発揮できるよう、1月・2月の練習を考えて取り組もう。

3年生の3人、手伝いに来てくれてありがとう。おかげで良い練習ができました。

阪倉(京)、受験勉強大変だと思うけど、残り少ない勝負の日々。1日1日を大切に、ベストを尽くしてください。


〝Enjoy Baseball〟