記事一覧

監督研修会@愛媛

ファイル 386-1.jpg

今日は愛媛県で監督研修会がありました。


石川県の星陵高校野球部総監督の山下智茂氏の講演を聞いてきました。

山下氏は松井秀喜の恩師であり、星陵高校を何度も甲子園に導き、現在では高校野球の若手指導者を育成する「甲子園塾」で活躍されています。

お話の中で、印象に残ったことは、指導者はただ野球を教えるのではなく、本物の人間を作る指導をしなさいということでした。

礼儀や挨拶などに始まる野球以外のことを徹底して教えること。時に厳しく叱ること。

これをすることが常に勝てるチームの雰囲気=伝統を作っていくとのことでした。


大人は叱る責任、義務がある。

子供には叱られる権利がある。

高校野球は教育の場であるということを改めて感じました。

また、山下氏は石川県を制し、甲子園に出場すること。そして甲子園でチームを勝利に導くために様々な工夫をされ、努力をされていたという経験をお聞きすることができました。


今後の指導に生かしていけたらと思っています。


〝Enjoy Baseball〟