記事一覧

ひっそりと・・・しかし、虎視眈眈と。

ファイル 643-1.jpg

このブログは事前に数日分更新することが可能になっているため、今回は8月28日分まで一気に更新しています(8月23日14時現在)。

そのため、常に同じブログが先頭になっているため、毎日訪問して頂けるお客さんの数も日に日に減っています。

毎日更新できれば見る人も楽しく定期的にこのブログに訪れてくれるのでしょうが、ブログを主に更新している教員が学校で仕事ができない日もあり、なかなか毎日更新することは難しいのが現状です。

今回のブログは、一気に更新したあとにひっそりと更新しているため、あまり見てくれる人も少ないかもしれません。

さて、今日、第94回全国高等学校野球選手権大会が幕を下ろしました。

決勝戦は奇しくも春の選抜大会と同じ組み合わせ。大阪桐蔭高校対光星学院高校でした。


試合は3-0で大阪桐蔭高校が勝利し、見事春夏連覇を成し遂げました。


今大会、大阪桐蔭高校の強さは際立っていましたが、他のどの高校もレベルが高く、見ていてとても刺激的な試合が多かったと思います。

多くの投手が140km/hを超えるストレートを投げる。あるいは狙っていても打てない決め球を持っている。


打者はとにかくスイングが速い。大会を通じて50本を超える本塁打が飛び出しました。1試合1本以上のペースで本塁打が出たわけです。

目標にしていた甲子園への道は7月22日、香川大会準々決勝で断たれてしまいましたが、甲子園での試合を見てみると、全国レベルとの差は非常に大きいなと痛感してしまいました。

しかし、甲子園の土を踏みたい。そこで勝負したいという想いには変わりありません。

ではどうしたらその目標は達成できるのか?

まずは甲子園に出場する学校がどのような練習をしているのか、どのような意識で野球に取り組んでいるのかを学ぶこと。

そしてできることは真似ること。

その上で、それらの学校に追いつくために他校とは異なることをすること。

革新=イノベーションを起こすこと。


甲子園のレベルは非常に高いですが、同じ高校生がする野球に過ぎません。

そこに到達することが不可能とは思えません。

「不可能」と思われていることを「可能」にする。

そのために日々、小豆島高校野球部は新たな可能性を探り、チャレンジをしていきます。


本日を持って全国約4000校、すべての学校が新チームとなりました。

新チームでの新たな戦い。

ひっそりと・・・しかし、虎視眈眈と香川県の頂点を目指して頑張ります。そして、甲子園への切符を掴みたいと思います。


〝Enjoy Baseball〟