記事一覧

ファイル 846-1.jpgファイル 846-2.jpg

↑流しそうめんしたり、焼き芋したり、カレー作ってくれたり…いろいろわがまま聞いてくれてありがとうございました。


中学校まではバスケットボールの選手。


高校に入り、どこの部活動に入ろうか迷っているとき、ひょんなことからグラウンドに来てくれ、なんとなくマネージャーとして入部してくれました。

野球は全くの素人。

スコアのつけ方から道具の準備など全てにおいて1からのスタートでした。

2つ上にマネージャーが1人いましたが、入部して4カ月後には夏の大会を終え引退。

マネージャーは1人になりましたが、辞めることなく続けてくれました。

1年生の秋の大会から3年生の夏の大会まで全ての試合でベンチに入り、スコアを書き続けました。公式戦で書いたスコアは19試合分。同年代のマネージャーの中では1番多いのではないでしょうか。

初めて公式戦でスコアを書いた1年生秋の大会は不甲斐ない初戦敗退。一冬超えて臨んだ2年生春の大会、公式戦初勝利。お爺さんがベンチの外から勝利を祝ってくれました。

2年生の夏の大会、そして秋の大会はチームのサヨナラ負けをベンチから見届けました。

公式戦、練習試合含めて調子の良かった時期も苦しかった時期も選手とともに歩んできました。


そして3年生の春の大会。負けスコアを書くことなく大会を終えました。準決勝、試合終了後に涙が溢れました。緊迫した試合から解放されほっとした瞬間に涙が止まりませんでした。それを見て選手と一体となってベンチで戦ってくれている証拠だと思いました。決勝戦、今度は思いきり嬉し涙を流しながら校歌を歌いました。


野球を知らなかった1人の女子生徒は、2年半で大きく成長し、いつの間にか野球部を支え、そして選手とともに戦うマネージャーという素晴らしい戦力になってくれました。


後輩も1学年下に2人、2学年下に2人、計4人できましたが、悩みながらもしっかりと指導してくれました。

3年間お疲れさん。

野球部に入ってくれてありがとう。最後まで野球部で頑張ってくれてありがとう。

野球部のマネージャーは楽しかったですか?

野球というスポーツを好きになってくれましたか?

またグラウンドに元気な姿を見せに来てください。

〝Enjoy Baseball〟