高松商業高校情報数理科は、将来の高度情報化社会で活躍できるよう、「学力」と「情報力」の育成に取り組んでいます。将来の夢の実現に向かって、進学先でリーダーシップをとって研究できる人を育てます。

  1. 普通科では学べない専門科目「情報」
    • プログラミングを通して、論理的な思考力や順序だてて問題を解決する能力を育てます。また、理系科目の学習内容をプログラミング等を利用してより深めます。大学進学後にも役立つ内容を扱います。

  2. グループ研究
    •  1、2年次には、グループごとにテーマを設定し、研究を行う「アクティブラーニング」を取り入れています。生徒たちは、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学びます。

  3. 少人数指導
    • 2年次からは、「情報重点」パターンと「理系重点」パターンに分かれ、数学や理科の普通科目だけでなく、情報の専門科目でも2年次に実施する研修旅行でのグループ研修や、 3年次の課題研究などで、生徒一人ひとりの適性や進路に応じた指導を少人数授業で行います。