HOME > 学校紹介 > 校長室より

校長室より

■□■ ご挨拶

 4月6日に始業式が行われ、また4月7日の入学式では222名の意気揚々とした新入生を迎え、令和3年度は全校生695名でスタートを切りました。
 本校は1908(明治41)年に木田郡下高岡村外四箇村学校組合立白山女学校として創立されて以来、幾多の変遷を経て1969(昭和44)年に現在の校名である香川県立高松東高等学校に改称されました。開学当初より地域に根ざし、今年で創立114年目を迎える県下でも有数の歴史と伝統を誇る学校です。卒業生は32,000人を超え国内外を問わず各方面で活躍する有為な人材を多く輩出しています。平成29年度に現在の新校舎が完成し、新生東高として新たなスタートを切りました。
 本校は「知性・清純・責任」の校訓のもと、地域とのきずなを尊重し、「地域に根ざして愛される学校」としての学校づくりに努めています。「東高へ行きたい・行かせたい学校」をめざし、特に「人間力向上」を掲げて「阿蘇富士教育」(あいさつ・そうじ・ふくそう・じかんを守る)を推進するとともに、新校舎改築を機に更なる「学校力向上」をめざし、積極的に「学力向上」と「地域貢献活動」に取り組んでいます。地域の課題を掘り起し、地域の方々と共に考え解決していく中で、生徒の大いなる成長を感じ取ることができます。また、芸術鑑賞や人権教育、道徳教育など情操教育にも力を注ぎ、社会の変化に柔軟に対応し、地域社会だけでなく国際社会でも活躍できる人材の育成に努めています。
 このような教育方針のもと、まだまだ先の読めないコロナ禍ではありますが、生徒は勉学や部活動、学校行事や生徒会活動、ボランティア活動などに工夫しながら全力で取り組んでいます。高松東高校は、生徒の可能性を最大限に伸ばし、夢に向かってチャレンジする生徒を力強く応援する学校です。
                             令和3年4月 校長 山下達雄

■□■ 基本方針

1 教育の基本方針

 本校と地域のきずなを尊重し、「地域に根ざした愛される高校」としての学校づくりに努めるとともに、生徒一人ひとりの資質と能力を最大限に伸ばし、 社会の変化に柔軟に対応でき、地域社会だけでなく国際社会でも活躍できる、心身ともに健全で情操豊かな人間の育成に努める。

スローガン

新生東高プロジェクト 第二章
  〜新校舎に新しい歴史を刻む(「人」と「学び」を育てる東高)〜

2 めざす学校像・生徒像・教師像

学校像 東高に行きたい・行かせたい、と思われる学校

生徒像 笑顔を絶やさず、元気とやる気あふれる生徒

教師像 生徒に、あんな人になりたい、と思われる教師

3 教育目標……東高ブランドをつくれ!(阿蘇富士教育)

① 阿蘇富士教育を行うことで、凛とした生活態度の生徒を育成する。
② 生徒に主体性を引き出す授業を通して、将来を生き抜く実践的知識技能を獲得させる。
③ 道徳教育と人権教育を推進し、遵法精神を高めるとともに他者を思いやる心を育てる。
④ 部活動・学校行事等を通して、体力、忍耐力、礼儀、協調性などを身に付けさせる。
⑤ ボランティア活動等の地域貢献活動に参加することにより自己有用感を育てる。

4 重点実践目標

① 人間力向上……健全で健康な人間になるために

目 標
□基本的生活習慣の身についた生徒の育成
□他者を思いやることのできる生徒の育成
□社会性を身につけた生徒の育成
実践項目
□「阿蘇富士教育」の推進
□道徳教育及び人権教育の推進
□部活動の推進
□ボランティア活動等の地域貢献活動の推進

② 学力向上……質の高い社会生活を送るために

目 標
□社会生活に必要な知識や技能のもととなる基礎学力を習得させる
□生徒の進路に応じた学力を身につけさせる
実践項目
□授業における阿蘇富士教育を徹底させる
□授業及び定期考査を大切にさせる
□家庭学習の充実などを通して自ら学ぶ姿勢を身につけさせる
□朝の読書を通して読む力、考える力を身に付けさせる

ページトッヘ