台風・非常変災時の対応について

基本的な考え方

大雨・洪水・暴風・暴風雪・大雪の警報のうち、いずれかの警報が、高松市に発令されている場合には、全校生徒が登校できない。また、高松市以外の市町に発令している場合には、その市町に居住する生徒は登校できない。


臨時休業の判断基準

時刻状況具体的な対応
午前6時大雨・洪水・暴風・暴風雪・大雪の警報のうち、いずれかの警報が、高松市に発令されている。全校生徒が自宅待機
(なお、午前6時以後、登校までの間に発令された場合も、その時点で自宅待機とする)
午前10時までに警報が解除された場合対象となる警報がすべて、高松市で解除されている。
※高松市以外の市町で解除されていない場合は、その市町に居住する生徒は自宅待機を継続する。
安全に留意して登校する。(ただし、登校が危険な場合は無理をしない)
登校時刻などの指示は、学校HP掲載と39メールによる。  
午前10時対象となる警報が、高松市で継続している。臨時休業
学校HP掲載と39メールで指示を出す。