【職務研修】主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善研修
みんなで進める主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善研修講座
                                 
平成30年12月5日(水)
 

5月に実施した「今日から始める主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善研修講座」から続く本講座では,校種別に講話・演習を行いました。演習Ⅰでは,受講者が持ち寄った実践事例をもとに「主体的・対話的で深い学びの実現には,どのような手立てが有効か」について,自身の手立てを振り返りながら交流しました。そして,単元・題材観,児童生徒観,指導観から授業改善の有効な手立てについて考えました。演習Ⅱでは,「学びの質の向上を目指した主体的・対話的で深い学びの実現に向けて,学校でできること」をテーマに,カリキュラム・マネジメントの三側面から,自分の立場からできることを考えたり,現職教育等で話し合って教員同士で共に取り組めることを協議したりしました。受講者からは,「いろいろな学校の発表を聞いて,子どもが意欲的に取り組めるための手立てをたくさん見つけられた。明日から少しずつ実践してみたい。」「他の教科の先生方と意見交流するのは難しいのではないかと思ったが,学ぶことが多かった。」「今までは『学級をなんとかする』という意識で仕事をしてきたが,『学校全体で教員が一丸となって子どもたちを育てる』という視点でPDCAを取り入れ実践していく必要があると感じた。」などの感想が寄せられました。

 
【職務研修】新任l校長・副校長研修(小・中)
新任校長・副校長研修(小・中)                 平成30年11月15日(木)
 



第3回新任校長・副校長研修会(小・中)では,公開講演として香川大学教育学部教授 坂井 聡 氏より「特別支援教育(発達障害)」と題してご講演いただきました。合理的配慮の具体的な事例紹介とともに,「障がい」とは,心身に機能的・構造的な要因による制限があるというだけではなく,環境要因による活動や参加の制限があるということであり,環境を意識的に改善していくことの必要性について詳しく解説していただきました。「特別な支援を必要としている子どもに対して,熱意や愛情はもちろん大切だけれども,熱意と愛情だけでは変わらない。専門的な知識に基づいた適切な支援技術が必要である。」という言葉がとても印象的でした。フロアを巻き込みながら軽快に進んでいく坂井先生のお話は,大変分かりやすくあっという間の90分でした。

 
【基本研修】初任者研修(小・中・高・特)等
初任者研修(小・中・高・特) 等                 平成30年8月20日(月)
 



丸亀市綾歌総合文化会館アイレックスを会場に,小学校・中学校・高等学校・特別支援学校に新規採用となった教諭・養護教諭・栄養教諭・実習助手・寄宿舎指導員等が参加して研修が行われました。午前は,文教大学教育学部 教授 会沢信彦 氏より「“教師の4ぢから”を高めて信頼される教師を目指そう」と題してご講演いただきました。「伝える力」「まとめる力」「ケアする力」「つながる力」を視点として,グループ協議を多く交えながら,受講者に熱く優しく語りかけていただきました。受講者の感想には,日々の授業や部活動,生徒との関係づくりで悩んでいたことについて改善のヒントを得ることができたというものが数多くありました。午後は,「メンタルヘルス」「男女共同参画社会」「教育法規」について研修が行われました。2学期に向けて,一層引き締まった表情で研修する初任者の姿が印象的でした。

 
【職務研修】新任特別支援教育コーディネーター研修(幼・こ)
新任特別支援教育コーディネーター研修(幼・こ)                   平成30年8月6日(月)
 
◆グループ討議の結果を発表している様子
 
◆松井剛太 氏による公開講演の様子

午前は,香川県教育委員会事務局 特別支援教育課による発達障害の理解と支援についての講話・演習と幼稚園等での支援についての研究協議を行いました。具体的な事例をもとにしたグループ協議を通じて,発達障害の子供たちへの適切な支援について研修を深めることができました。午後は,香川大学教育学部 准教授 松井剛太 氏から「就学前における特別支援コーディネーター」と題したご講演をいただきました。「幼稚園,子ども園での豊富な事例をもとにしたお話から,たくさんの学びがあった」「子どもの思いを受け止めることを大切にして,よりよい特別支援教育を実践していきたい」などの感想が寄せられました。

 
【専門研修】教育相談の校内体制づくり研修講座
教育相談の校内体制づくり研修講座 -不登校の子供へのチーム援助-  平成30年8月6日(月)  

◆教育相談のアイデアを共有する様子
      
不登校の早期対応のための情報共有と組織的支援を効果的に行う支援体制づくりや,ケース会議の進め方について考えました。また,アンケートの作成例や記録シートなど,日々忙しい業務の中でも簡単にチーム支援を始められるアイデアを紹介したり,お互いに情報交換しながら無理なくできる教育相談のヒントを見つけたりしました。
受講者からは「これまでは,どこから取り組んだらよいのかという迷いや焦りから対応を急いでしまいがちでしたが,″できることをできるだけ″というお話があったように,スモールステップで確実に対応していくようにしたい」「一人で抱え込むのではなく,チームで話し合いをしながら,その子に合った援助の仕方を考えていくことでよい援助になるのではないかと,演習を通して感じた」などの感想が寄せられました。
 
【基本研修】中堅教諭等資質向上研修Ⅱ(小・中・高・特)
中堅教諭等資質向上研修Ⅱ(小・中・高・特)                  平成30年8月3日(金)
 
◆グループでの協議内容をまとめたホワイトボード

◆キャリア教育について協議している様子

研究協議「キャリア教育における各校の取組と校種間連携」には,小学校,中学校,高等学校,特別支援学校の先生方が受講しました。校種を混ぜたグループ協議では,異校種におけるキャリア教育の考え方を聞くことができ,充実した時間となりました。国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター 総括研究官 長田 徹 氏による公開講演「キャリア教育の在り方」では,多くの実践事例について,映像資料とともに分かりやすく紹介していただきました。
受講者からは,「様々な実践を紹介していただき,まるで自分がその実践に取り組んだかのような感動を体験できるお話だった」「キャリア教育は,まさに人間力をはぐくむ教育であると感じた」などの感想が寄せられ,今後の実践に生かすことのできる有意義な研修となりました。

 
【基本研修】初任者研修/新規採用養護教諭研修/新規採用栄養教諭研修
初任者研修(小・中)                                                              平成30年8月1日(水)~8月3日(金)
 
◆五色台周辺での自然体験学習の様子
 
◆野外炊事の説明を熱心に聞く様子

今年度,小・中学校の新規採用となった教諭,養護教諭,栄養教諭の217名が,香川県立五色台少年自然センターで2泊3日の宿泊研修を行いました。今年は例年に比べて酷暑の中での研修となり,熱中症も心配されましたが,無事終了いたしました。
班ごとに決めた「めあて」を達成するため,教師としてはもちろん,子供の視点からも研修を見つめて,「こんな時はどうする?」「どんな声かけをする?」等について考えました。そのため,協議の時間には熱心な話し合いが展開されました。五色台周辺を歩きながら自然や歴史について学ぶ自然体験,仲間と協力することの大切さを学ぶ野外炊事では,五色台少年自然センター職員の熱心な指導のもと,教師として子供たちを引率した際に大切なポイント等について研修しました。また,帝塚山大学の小西先生からは,アイスブレイクやキャンプファイヤーの指導をいただきました。活動の魅力に引き込まれ,受講者の顔には笑顔が広がっていました。各学校でもアイスブレイクを活用した実践が広がるのではないかと思います。キャンプファイヤーの集いでは,各班で工夫を凝らしたスタンツが披露されました。
2泊3日の研修を通して,受講者相互の絆が一層深まるとともに,今後の指導に生かそうとする前向きな気持ちを感じることができました。

 
【専門研修】ICTを活用した授業づくり研修講座
ICTを活用した授業づくり研修講座                               平成30年8月2日(木)
 
◆教科を問わず授業で汎用的に使えそうなアプリを試す様子  ◆ICTを活用した授業づくりのアイデアを発表する様子 

電子黒板やタブレットPC等のICTを活用した授業づくりについての研修講座です。文部科学省の学びのイノベーション事業報告書や平成29年度香川県教育センター研究成果報告書「未来の学びにつながるICTを活用した授業づくり」での実践事例から,学習場面ごとのICT活用の類型と実践のポイントを取り上げました。
受講者が持ち寄った「ICTを活用していない」学習指導案をもとに,効果的なICT活用についてグループで討議し,結果を共有しました。
受講者からは,「大人でもこれだけワクワクするのだから,子どもたちにとって魅力的な授業にするため,積極的に活用したいと思った」「知らなかったアプリや活用のアイデアについて他校種の先生とも情報交換できとよかった」「I(いつも)C(ちょっと)T(トラブル)機器の特性を理解してしっかり備えることも大切だと分かった」といった感想が寄せられました。

 
【専門研修】ネットトラブルの現状と対応研修講座
ネットトラブルの現状と対応研修講座
-ネットいじめ・ネット依存を中心に-                    
平成30年8月2日(木)
 
◆ネットトラブルについての講義の様子

◆ネットいじめの防止について協議している様子

本研修は,児童生徒のネットトラブルの防止と対応の方法を考えることを目的とするものです。
ネットいじめについては,いじめをどのように見つけ,どう対処するべきか,またそれを可能にする開発的な取り組みについて理解を深めました。グループ協議の結果,SNSの利用の仕方を児童生徒に学ばせることの大切さが再確認され,その方法の一つとして,生徒自らが啓発動画を作成する実践例の紹介がありました。
ネット依存については,特にオンラインゲーム依存者の心理を理解し,そこからの脱出をどのように支援していくべきかについて,事例協議を交えつつ考えました。受講者からは,学校現場での経験に基づく,予防や対応の仕方についての様々な提案があり,全員で共有することができました。

 
【基本研修】20年経験者研修(小・中・高・特)
20年経験者研修(小・中・高・特)                                                        平成30年8月2日(木)
 
飯野眞幸 氏による講演の様子
 
◆ブレインライティングの結果を発表している様子

教職,養護教諭,栄養教諭の20年経験者研修では,高崎市教育委員会 教育長 飯野眞幸 氏をお招きして,「学校組織マネジメント」と題したご講演をいただきました。学校組織マネジメントの考え方についてのお話の後、学校種ごとのグループに分かれてブレインライティングの手法で「地域や保護者から信頼される学校」というテーマで意見を出し合い,研修を深めました。受講者からは,「ブレインライティングの手法を,現職教育や生徒会活動にも取り入れたい」「学校は組織で動くものであるということを改めて考えさせられたので,自覚をもって仕事をしていきたい」などの感想が寄せられました。

 
【専門研修】地元の自然から学ぶ!さぬきの森フィールドワーク研修講座
地元の自然から学ぶ!さぬきの森フィールドワーク研修講座       平成30年8月1日(水)
 
◆自然生態園でのフィールドワークの様子
 
◆スライドフィルムマウントを使った観察の様子

国営讃岐まんのう公園で,インタープリター・ボランティア 井上博夫 氏のご指導のもと,講話やフィールドワークを通して,郷土の自然や理科教育,環境教育に関する研修を行いました。午前中は,はじめにアイスブレイクをした後に,「里山の自然:人と自然の関わり」と題して,まんのう公園の歴史や里山の自然環境について学び,「さぬきっ子環境スタディ関連学習」などの研修を行いました。午後からは,「さぬきっ子環境スタディ関連学習」の中にある自然の感じ方に関するアクティビティを行った後,さぬきの森のフィールドワークを行いました。フィールドワークでは,自然生態園に生息している動植物の説明を受けながら,鏡やスライドフィルムマウントを使った五感で感じる自然の楽しみ方などを体験しました。参加者からは「実際に自分が歩いて聞いて触って匂って感じたことがたくさんあった。この楽しさを子どもたちに伝えていきたい」などの感想をいただきました。

 
【専門研修】やってみようプレゼンソフト(基礎・実践編)研修講座
やってみようプレゼンソフト(基礎・実践編)研修講座         平成30年8月1日(水)
 



情報通信交流館e-とぴあ・かがわを会場に開催した,プレゼンテーション作成ソフトPower Pointの基本操作や効果的なプレゼンテーションの仕方について学ぶ研修講座です。午前は,SmartArtを使って表やグラフなどの資料を作成する方法や,アニメーションを使ってスライドをより魅力的に見せる方法など,基本的なことを学びました。午後は,学んだことを活用して,受講者がそれぞれのテーマに沿ってプレゼンテーションを作成しました。e-とぴあ・かがわの講師からもアドバイスをいただきながら,思い入れのある素敵なプレゼンテーションをつくることができました。

 
【職務研修】新任特別支援教育コーディネーター研修(小・中・高)
新任特別支援教育コーディネーター研修(小・中・高)                 平成30年8月1日(水)
 
◆個別の支援計画作成演習の様子
 
◆井上ともこ先生による公開講演の様子

午前は,香川県教育委員会事務局 特別支援教育課による「個別の教育支援計画と個別の指導計画」と題して講話・演習がありました。個別の教育支援計画と個別の指導計画の意義,作成手順,活用方法などについて,実際の作成演習を交えてお話をいただきました。また,長期的展望に立った支援の大切さなどについてもお話をいただきました。午後は,鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 特命教授 井上ともこ 氏から「発達障害のある子どもへの支援について~社会性を育む支援の在り方~」と題してご講演をいただきました。受講者からは,「具体的な事例から,社会的自立に向けた取り組みについて考えることができた」「コーディネーターとして,学級担任を支援していける力量を培っていきたい」など,これからの実践につながる感想が寄せられました。

 
【専門研修】はじめてさわるタブレットPC研修講座
はじめてさわるタブレットPC研修講座                平成30年7月30日(月)
 
◆タブレットPCの基本操作を演習する様子
 
◆星座アプリをARモードで閲覧する様子

本研修は,学校教育現場へのタブレットPC導入が進みつつあることから,タッチ操作や文字入力などの基本操作を理解し,各種のアプリを実際に使ってみる体験を通じて,授業づくりでの活用へのきっかけとなることを目的とした初心者向けの講座です。情報通信交流館e-とぴあ・かがわを会場に,AndroidにもiOSにも同時に対応させながら演習を行いました。
これまでタブレットPCに馴染みがなかった受講者も,前半で基本操作を理解し,後半はいろいろなアプリの機能を楽しみながら体験することができました。また,検索したアプリのアクセス権限を確認しながら端末にインストールしたり,アップデートやセキュリティ対策をしたりする方法も学びました。
「なんとなく使っていたタブレットの操作や機能について基本から理解し直すことができたのでよかった」「いろいろなことに使えそうだと分かったので,『授業でのタブレットPC活用方法』のような講座があれば受講したい」といった感想が寄せられました。

 
【基本研修】初任者研修/新規採用養護教諭研修/新規採用栄養教諭研修
初任者研修(幼・こ・高・特)              平成30年7月25日(水)~27日(金)
 
◆絆を深めたキャンプファイヤーの集いの様子
 
◆カレーライスを作った野外炊事の様子

今年度,香川県内の県立高等学校,特別支援学校,公立幼稚園・こども園に新規採用となった教諭,保育教諭,養護教諭,栄養教諭の99名が香川県立五色台少年自然センターにおいて,2泊3日の宿泊研修を行いました。
記録的な猛暑のため,プログラムを短縮し,給水と休憩の時間をしっかり確保しての研修となりました。ウオークラリーや自然体験学習,野外炊飯でのカレーライスづくりなどの活動を行いました。キャンプファイヤーの集いでは,帝塚山大学講師 小西浩嗣 先生からアイスブレイキングやキャンプファイヤーの手法と意義についてご指導をいただきました。和やかな雰囲気に包まれて,体を動かしながら楽しく学ぶことができました。
この宿泊研修を通して初任者相互の絆がさらに深まり,学んだことを今後の指導に生かそうとする強い気持ちを感じることができました。

 
【専門研修】プログラミング教育の授業づくり(基礎編)研修講座
プログラミング教育の授業づくり(基礎編)研修講座         平成30年7月26日(木)
 
◆ビジュアルプログラミングに取り組む様子  ◆発展的な課題に挑戦するチームの様子 

今年度からの新しい専門研修講座です。小学校学習指導要領と各解説,「小学校プログラミング教育の手引き(第一版)」をもとに,小学校段階におけるプログラミング教育について,導入の背景や教育課程での位置づけ,実践のために必要な基本的な考え方などを,順を追って具体的に説明した後,実際にいろいろなプログラミング教材を模擬授業形式で体験していただきました。
「プログラミング教育のイメージを持つことができた」「ペアやチームで,いろいろなプログラミング体験をしてみて楽しかった」などの受講者の感想から,小学校プログラミング教育のねらいやどのような授業が期待されているのかを理解していただけたと考えています。そして,ご自身でプログラミングを楽しむことで,授業づくりのアイデアを生み出す「はじめの一歩」となったと考えています。

 
【職務研修】新任校長研修会/新任教頭研修会
新任校長研修会/新任教頭研修会(小・中・高・特)         平成30年7月26日(木)
 



金沢大学法科大学院教授で弁護士の野坂 佳生 先生をお招きして,「学校現場の法的リスク管理~訴訟事例から学ぶ法的責任の理論と対策~」と題したご講演をいただきました。
「現場にとって訴訟事例は,『他山の石』としてできるだけ多く触れるべきものであり,それを現場で共有し,組織的なリスク管理につなぐことで,リスクを避けることができる」とのお話に,「学校現場でどういう視点でリスク管理に気をつけるべきか分かりやすく教えていただいた」「リスク管理についてより深く考えるきっかけになった」「学校に戻ったら,再度,現場を見直してみたい」といった感想が寄せられました。受講者にとって大変有意義な研修となりました。

 
【専門研修】特別支援教育の視点からの授業研修講座
特別支援教育の視点からの授業研修講座               平成30年7月24日(火)
 
◆授業のUD化の基本などについて講話の様子
 
◆異校種のメンバーで事例研究をする演習の様子

本研修は,小学校,中学校,高等学校,特別支援学校の教員を対象に,通常の学級における特別支援教育の視点からの授業づくりについて,講話や演習を通して考えていく研修です。前半は,支援を要する子どもの困り感を理解する疑似体験や授業のユニバーサルデザイン化の基本についての講話,後半は,異校種のメンバーでの事例研究を行いました。
参加者からは「体験を通して,様々な困難さを抱えている子がいることに気付くことができた」「普段の授業で何気なくしていることが,支援になっていることもあれば困り感を高めていることもあると感じた」「違う校種の人と事例研究することで,様々な立場からの支援について考えを深められた」等の感想が寄せられました。

 
【職務研修】校長研修会(高・特)
校長研修会(高・特)                       平成30年7月24日(火)
 

 

本研修では,香川県高等学校PTA連合会と共催で,前大津市教育委員会教育長で大津市教育委員会いじめ問題等教育課題アドバイザーの 桶谷 守 先生 をお招きして,「今の時代に求められる子どもたちとの関わり~学校を取り巻く諸問題を通して~」というテーマでご講演をいただきました。
桶谷先生には,現代の子どもたちが身をおいている生々しく危うい人間関係を浮き彫りにするような数々のいじめの事例をあげながら,いじめの原理を丁寧にご説明いただきました。改めていじめの恐ろしさ,残酷さを感じました。また,現代社会においては,子どもたちだけでなく,我々大人を取り巻く環境も大きく変化していることを受け,人間関係にもがく子どもたちを前に大人はどうあるべきなのかなどについて,力強く導いてくださるようなお話をしていただきました。教員にも保護者にも有意義な研修となりました。

 
【専門研修】小学校国語の授業づくり研修講座
小学校国語の授業づくり研修講座
公開講演「主体的・対話的で深い学びを実現する国語科教育」             
平成30年7月23日(月)
 
 
 
 

今年度も,元文部科学省教科調査官の井上一郎 氏を講師にお迎えし,公開講演を行いました。夏休みに入って初めての月曜日,たくさんの先生方が参加されました。13:25~16:25の3時間,たっぷりと研修に臨み,残りの夏休み期間での自己研修に対する意欲が高まった方も,たくさんいらっしゃったようです。以下,受講者の感想の一部をご紹介します。
「現場ではアクティブラーニングが全くうまくいかず,悩みの多い毎日ですが,今日はたくさんのヒントと刺激をいただくことができました」
「子どもに,この教材を通して,どんな力を付けさせたいのか,どういうラーニング・スキルを身に付けるチャンスがあるのか,強く意識して,子どもたちに向き合いたいと思います」
「自分自身のラーニング・スキルの欠如も含めて,しっかり向き合い,研修していきたいです」
「これからどんな力が大切なのかが分かりました。プロセスこそが学力。そして,深い学びにつながることが分かりました」「国語の読解力は,他の教科にもつながっていること,算数の文章問題をグループで考えたことが参考になりました」
「算数の時間にも,数字だけではなく,言葉にも目を向ける授業をしていきたいです」
「自分の指導を振り返り,反省する点が多く,とても勉強になりました。そして,これから教育を受ける子どもたちはうらやましいなと思うとともに,自分の指導力を自分で伸ばす努力をしなければと,気持ちが引き締まりました」
「これから,井上先生が見せてくださったような授業が全国で行われ,自分もできるようになるかなと思うとワクワクします」

 
平成30年度 第1回 香川県教育センター運営協議会
平成30年度 香川県教育センター運営協議会(第1回)        平成30年7月13日(金) 
      
この会は、香川県教育センターの事業及び運営について協議する会です。
運営協議会は、教育関係者や学識経験者、PTAや報道関係など11名で構成されており、毎年2回開催しています。
第1回運営協議会では、平成30年度事業計画について、各方面から多くのご意見をいただきました。議事録および資料 を本サイトに掲載していますので、ご覧ください。


 
【専門研修】小学校外国語教育/中学校英語 指導力・英語力向上研修
小学校外国語/中学校英語 指導力・英語力向上研修         平成30年6月14日(木)
 
研究協議「自校の外国語活動の取組」(小学校)
 
◆演習「『話すこと』に係る言語活動」(中学校)

本研修は,小学校の中核教員及び中学校の英語担当教員を対象に,英語教育推進リーダーが講師となって行う研修です。参加者がペアやグループになって模擬授業等を行う体験型の内容で,お互いの実践やアイデアを共有できるよい機会となっています。
小学校の中核教員は,新学習指導要領等の講話,自校の外国語活動における取組についての研究協議を行いました。また,中学校の英語担当教員は,「話すこと」に係る言語活動についての演習を行いました。
参加者からは,「やれば力になるだろうと思いつつも実践できていなかった取組を,他校ではすでに実践されて成果があったという話を聞くと,一つからでも実践していこうと思いました」「授業内でフリートークなどの時間を
できる限り確保して,生徒が英語を話す機会が増えるようにしていきたいです」などの感想が寄せられました。

 
第1回 香川県教育センターと市町教育委員会との連絡協議会
第1回 香川県教育センターと市町教育委員会との連絡協議会   平成30年6月11日(月)

この会は,教育センターと市町教育委員会及び市町教育委員会相互の連携を図ることを目的に,平成26年度から始まったものです。
今回は,教育センター事業の概要説明の後,働き方改革,業務改善への取り組み状況,小・中連携,地域連携や学校支援員の現状と課題,特別の教科道徳及び小学校外国語活動・英語科の評価方法等について情報交換を行いました。
市町教育委員会に県教育センターの取組に対する理解と協力をいただくとともに,市町教育委員会相互のネットワークづくりとなる大変有意義な会となりました。
 
【基本研修】中堅教諭等資質向上研修Ⅱ(高・特)
中堅教諭等資質向上研修Ⅱ(高・特)                 平成30年6月6日(水)
 
◆各校のSWOT分析について協議している様子
 
◆各自のキャリアを説明している様子

この研修は,高等学校や特別支援学校での在職が10年を経過した教諭等が対象です。この日は高校13名,特別支援学校6名の先生方が受講されました。
午前は,学校組織マネジメントに関する講話と演習を行いました。「概論」では,SWOT分析を基に各校の特色や強みを再確認すると同時に,マイナス要因や弱みを改善するための手法を学びました。「キャリアの振り返り」では,各自の教職キャリアをグラフ化して客観的に分析しました。ご自身の資質や力量を認識して発揮することで,ミドルリーダーとして学校の運営により積極的,中心的に関わっていくことにつながります。
午後の「教育法規Ⅱ」では、服務に関することを中心に研修し教職公務員としての責務と自覚を再確認する良い機会となりました。「研究課題別協議」では,学級経営,キャリア教育(進路指導),教育相談,生徒指導の4つのテーマから1つを選択し,継続的に実践研究に取り組む課題を設定して発表しました。

 
【専門研修】今日から始める主体的・対話的で深い学びの実現
今日から始める主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善研修講座
                                 
平成30年5月18日(金)
 
◆公開講演
 
◆講話・演習(小学校部会)

今日から始める主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善研修会」を開催しました。公開講演には116名,講話・演習には78名(小学校部会32名,中学校部会25名,高等学校部会21名)の参加がありました。

公開講演では,横浜国立大学 名誉教授 髙木展郎 先生より,「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」をテーマに,学校づくりや授業づくりについて,実践事例の紹介を交えながら御講演いただきました。

後半は,当センター指導主事が「学びの質の向上を目指した主体的・対話的で深い学びの実現」と題して,校種別に講話・演習を行いました。参加者は,主体的・対話的で深い学びの実現するための課題設定について話し合いました。

参加者からは,「まず,自分自身が,授業中に話しすぎだと感じたので,しっかり問いを考え,子どもたちが自由に発言しあえる雰囲気や授業づくりをしていきたいと思いました」「学習課題をしっかりと練り直すためにも,改めて単元についての自分自身の認識を深め,生徒の発言を大切にできる授業をしていきたいです」などの感想が寄せられました。


 
 

【所在地】

〒761-8031
  香川県高松市郷東町587-1
【電 話】
  087-813-0955(総務課)
  087-813-0931(教育研究課)
  087-813-0941(教職員研修課)
  087-813-0945(教育相談課)
 
【FAX】
  
087-881-3270
【E-mail】
 

 

教育センターの概要
教育センター要覧
教育センターだより
教育センター運営協議会


お知らせ
イラスト集
教育関係リンク集
Webサイト更新履歴
過去のトピックス
よくあるご質問
教職員研修
基本研修
職務研修
専門研修
公開講演
研修講座案内
受講申込システム
研修講座受講後アンケート
欠席等の手続き
手引き・様式ダウンロード
警報発表時の対応
新しく教員となったみなさんへ
教育相談
教育相談の概要
来所相談
電話相談
メール相談・FAX相談
子どものネットトラブル相談
学校支援アドバイザー活用事業

情報教育支援
ネットトラブルに関する
 学校現場での対応事例集
ネット依存分析ツール
カリキュラムセンター
研修サポート事業
学校教育力向上支援事業
学校教育指導委員派遣事業
幼児教育の推進体制構築事業
教育ライブラリー
研究相談
施設開放事業
物品の貸出
アンケートサービス
研究成果
アクティブ・ラーニング
  ノ ススメ in かがわ
未来の学び in かがわ
研究発表会
調査研究報告書
学力・学習状況調査
その他の資料
指導案・教材情報等
指導案・実践事例
小学校外国語玉手箱
さぬきの授業 基礎・基本
香川県教育委員会作成資料
その他の資料


所内専用
所内研修用
長期研修用

Copyright © 2018 Kagawa Prefectural Education Center All rights reserved.