本文へスキップ

             KAGAWA CHUO HIGH SCHOOL

TEL. 087-886-7151

〒761-1794
香川県高松市香川町大野2001番地

学校案内CONCEPT


学校長より

CEO



香川県立香川中央高等学校 校長 鏡原寿吉



 このたび香川県立香川中央高等学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
 本校は昭和62年4月に大野の地に開校しました。
当時、香川県香川郡香川町に設置された唯一の高等学校として、また、香川の中心に位置する学校として、香川中央高校と命名されました。
 開校以来、文武両道をめざす普通科高校として着実に実績を積み、現在は1万名を超える卒業生が県内外で活躍しております。
4月7日の入学式では280名の第34期生を新たに迎え入れようとしており、全校生徒871名で新年度をスタートいたします。
 清らかな香東川の流れと飛ぶ鳥の翼をイメージした校章のとおり、勉学においても部活動においても生徒たちはその両立をめざして毎日活気に満ち溢れた高校生活を送ってほしいと願っています。
 まず学習面については、平成23年度より導入したコース制が10年目となり、生徒一人一人の進路希望に合わせた指導を随所で工夫し、一定の成果を挙げております。
特に国公立大学にはこの3年間(29年度は39名、30年度は34名、令和元年度は36名)で毎年30名以上が合格し、また、難関私立大学や体育系・芸術系の大学にも多くの生徒が合格するなど、各コースの特徴を生かした進路指導を行っております。
昨年度は、3年生を中心に早朝や放課後には自習室や図書室で勉強をする生徒が多くみられ、職員室北側廊下に設置している机も多くの生徒が活用して勉強したり、先生方に質問したりする姿をよく見かけました。
1年生はアドバンスコース・チャレンジコースの2コースに分かれ、教科・科目を学びながらガイダンスを充実させ、2年生からそれぞれの進路や興味、関心に合わせてアドバンスコース(文系・理系の国公立大進学コース)、人文コース、理数コース、芸術表現コース、スポーツ科学コース、メディアコミュニケーションコースの6つのコースに分かれて学習します。
生徒たちはそれぞれの夢に向かって熱心に勉学に励んでおり、その努力が必ず報われるものと期待しています。
 一方、創立以来、部活動は運動部・文化部ともに非常に盛んで、特に、運動部の全国大会への出場生徒数は、ここ数年、香川県の公立高校普通科でトップクラスの成績を維持するなど、県下の運動部のリーダー的役割を果たしています。
この1年間を振り返ってみると、ハンドボール部男子は全国選抜大会優勝・全国高校総合体育大会優勝・国民体育大会優勝の全国大会3冠を果たし、ウエイトリフティング部は全日本女子選抜個人優勝2名・全国高校女子個人優勝2名と同女子団体準優勝、さらに全日本ジュニア選手権大会においても個人優勝2名を輩出するなど、輝かしい功績を残しています。
本校の生徒たちが、いかに頑張ってきたかの証(あかし)です。
特に、ハンドボール部の全国3冠は香川県初の快挙であり、本校の歴史に新たな1ページを刻んでくれました。
全国優勝を果たしたハンドボール部、ウエイトリフティング部のみならず、他の部活動も県、四国そして全国を舞台に活躍し、素晴らしい成績を残してくれています。
 本校には、ホッケー、アーチェリー、レスリング、ウエイトリフティング、なぎなたなど高校に入ってから始めることのできる魅力的な部活動もあります。
 一方、文化部の活動も活発で、多くの部活動が地域の行事やイベントに参加しています。
 本校生徒が学習と部活動に全力をあげて取り組み、学校生活を充実させる中で、困難な状況の中においても、強くしなやかに生きる力を身につけ、周囲にも気配りのできる心優しい生徒に育ってくれることを願っています。
 本校に対しまして、皆様のさらなるご理解、ご支援をたまわりますようお願いいたします。


                                   令和2年4月1日