直轄部
応援部(男子)
  

応援部(女子)
  応援部女子は、8月のまるがめ婆娑羅まつりや9月の斯文祭、2月の応援フェスティバルなど、校内・校外の活動に積極的に参加しています。その中でも1番盛り上がるのは、やはり夏の高校野球応援です。野球部が甲子園出場を勝ち取れるよう、精一杯スタンドを盛り上げていきます。

新聞部
 
こんにちは!!丸亀高校新聞部です!!
みなさん突然ですが、『丸高新聞』をご存知ですか?
丸亀高校で行われる行事や生徒会情報、先生方や丸高生へのアンケート、その他さまざまでタイムリーな丸高情報を掲載しています!!
「丸高について知りたい!!」という方、また少しでも興味がある方はぜひ読んでみてください。きっとあなたのハートをわしずかみッ☆☆
活動は丸高新聞の企画・取材・編集で、兼部も可能です。
新聞部を今後とも、 
どうぞよろしくお願いします!!!
 

吹奏楽部

こんにちは。丸亀高校吹奏楽部です。
明るく、楽しく、前向きな部員が多く、部活の雰囲気も、まるで大きな家族のように和気あいあいとしています。
今は定期演奏会に向け、準備と練習を進めています。この定期演奏会が全員で立てる最後のステージとなります。そのため、部員全員が特別強い思いを持って、練習にのぞんでいます。お時間があれば、ぜひ聞きに来てください。
これからも丸吹をよろしくお願いします。 

図書部
 私たち図書部は、毎週木曜日、本館3階にある“図書室”で活動しています。日頃は、自分の好きな<本>を心ゆくまで読んだり、「Library Station」という広報誌を作ったりしています。<本>の魅力が伝わるよう、毎号、心を込めて作っています。また、2学期に行われる斯文祭では、テーマを決めて1年をかけて調査研究してきたことを展示、その他、書評合戦「ビブリオバトル」に参加するなど、積極的に読書活動を行っています。<本>に少しでも興味のある方は、ぜひ、図書室に足を運んでみてください。私たちと一緒に、学校生活を<本>で彩ってみませんか!?
●大会成績●
第3回高校生書評合戦(ビブリオバトル) 優勝
マイナビ第5回全国高等学校ビブリオバトル決勝大会出場

放送部
 放送部の主な活動は、コンテストへの出場、行事の撮影、卒業DVDの制作です。
 コンテストは年2回あり、アナウンス部門、朗読部門、テレビ番組部門、ラジオ番組部門の4部門に出場します。部員は発声練習をしたり、パソコンで番組を制作したりして日々頑張っており、特に6月の香川県高校放送コンテストでは過去10年以上連続で入賞を果たし、東京で行われる全国大会に出場しています。全国総文祭についても、昨年の長野大会に引き続き、今年も佐賀大会に出場することが決定しています。 
 卒業DVDについては、様々な学校行事を撮影し編集作業をしたものを、卒業式前日に全校生徒の前で放映し、そのDVDを生徒会からの卒業記念品として卒業生にお贈りしているもので、毎年皆さんに喜んでいただいています。 
 以上のように、放送部はよりよい活動を目指して部員一丸となって頑張っています。
 
文化部
英語部
  

演劇部

演劇部は過去に
四国大会18回出場(入賞7回中最優秀4回)
全国大会 3回出場(入賞3回中最優秀2回)

の実績があります。今年2019年は4度目の全国大会出場を決めています。
全員初心者から始めますが、舞台用語を駆使できるようになり、コミュニケーション能力が向上し、現代文の成績も上がります。また、プロの劇作家や俳優が審査や講習に来られるので、より専門的に学べます。何より、本番の舞台でお客様から反応をいただき、緞帳が下りる際に拍手を浴びるあの瞬間は、何にも代えがたい充実感があります。
目標は【富士山】つまり日本一になることです。全国大会は全国2000校以上ある演劇部の中で12校しか出場できません。更にその中で最優秀になれば【富士山】です。しかし結果だけを追うのではなく、一人でも多くの方に感動と幸せを届けることを目指しています。いい舞台ができれば、自ずと結果はついてきます。
演劇は演技が上手いだけでは成り立ちません。脚本、音響、照明、演出、舞台美術、様々な角度から創り上げる総合芸術です。生きる力を育みます。元気が出ます。そして元気を与えます!男女の垣根のない楽しい部活ですよ!一度きりの高校生活、一緒に青春舞台をめざしませんか?
日々の活動や公演情報など最新情報はこちら↓↓
丸亀高校演劇部ブログ

音楽部

こんにちは!丸亀高校音楽部です。私たちは、Jポップやゴスペル、ミュージカルなどを歌うことで、気持ちの良いハーモニーを毎日楽しんでいます。日頃の練習の成果は、老人ホームや幼稚園、校内外のコンサートなどでの演奏を通じて多くの人に楽しんでいただいています。夏は丸亀高校の文化祭である「斯文祭」の第一体育館ステージ発表で、オペラやミュージカルに挑戦しています。「え!?できないでしょう!!」と思う人もいると思いますが、夏休みに必死で特訓して舞台装置なども工夫し、部外からも応援を得て毎回、成功を収めています。オペラを歌うことは貴重な経験になり、ステージで歌うとかなり気持ちいいです♪冬には一年の成果を問うべくアンサンブルコンテストに挑戦。オリジナリティあふれる演奏で賞をいただいています。初心者OK!兼部OK!助っ人OK! 笑顔あふれる音楽部をぜひ一度見に来て下さい!

化学部

どうも化学部です。
本館2階化学室において簡単な実験からちょっと危ない実験まで幅広く行っております。
ルミノール反応やいろいろな種類のスライム作り、色の変化する実験など、多岐にわたった実験を行っております。現在は、液体窒素を使った実験にハマっています。
夏休みは、斯文祭での演示実験の内容を決めたり、予備実験を重ねて必ず成功する方法を確立したりと、日々頑張りました。
化学とは、奥深いものです。宇宙は化学によって動いているといっても過言ではないでしょう。そんな化学に興味を持ったなら、ぜひ化学をより深く学んでください。
化学部もよろしくお願いします。

家庭部
こんにちは、家庭部です☆
調理や手芸作品制作、家庭科分野の研究を加え、斯文祭展示作品を作るために頑張っています。顧問の先生と一緒に毎週楽しく活動しています♪
家庭部に入れば、自分で作りたい料理や手芸作品などを決めてそれを作ることが出来ます。常時、部員募集中です!!
ぜひ一度気軽に調理室を覗きに来てみて下さい(*P∀`q*)) 

華道部

華道部ってどんな部活?と思っている人のために、活動内容を説明します。主に、同じ花を一人ずつ先生に教わりながら生けます。講師の田中先生はとても丁寧にやさしく私たちを指導してくれます。自由花なので、自分で花の構成を考えることができるので、同じ花を生けていても、それぞれに個性的な作品に仕上がります。
作品一つ一つに心がこもっており、華道というのは自分の心の表れだと思います。そして、花を生けていると、心が落ち着き素直な自分を表現することができます。
常時、部員募集中です。兼部でもかまいませんので、ぜひ見学に来てください。

茶道部
丸亀高校茶道部では、表千家の講師の先生をお招きして茶道について学び、練習に励んでいます。主に、九月の斯文祭のお茶会や年初めの初釜といった行事に向けて練習に取り組んでいます。
茶道というと、堅苦しそうなイメージがありますが、決してそんな事はありません!!静かというより、和やかな雰囲気の中、先生からいろいろなことを学んでいます。茶道で使う道具は学校に揃っているので、自由に使えます。
美しい所作や礼儀作法が学べる茶道は将来、絶対に役立つはずです。それに、人をもてなす心も少しずつ身についていけばいいな、と思っています。
ほっとくつろぎたい人は、いつでもおいでください。

社会部
 社会部は部員がいない時期が長く活動していない状況でしたが、現在は部員も増え、熱心に活動しています。斯文祭の展示、丸亀市内の巡検、社会部通信の発行など行っており、2019年度には佐賀県で開催される総文祭の協賛部門である「郷土研究」部門に参加する予定です。

写真部

私たち写真部は、「写真は思い出のポストイット」をモットーに日々活動を行っています。
学校行事はもちろんのこと、校内での風景や丸亀城に行ってみたりと、様々な場所、季節、人物を撮影しています。
部員全員が仲が良く、毎週明るく元気に楽しく活動している部です☆
同じ趣味を持つ者同士、時に楽しく批評し合いながら、お互いに切磋琢磨で頑張っています!
私たち部員がカメラを向けた時は、ぜひ満面の笑みをしてみてください!!そんな貴重な一瞬一瞬を残します。
みなさん、こんな写真部はいかがですか? 応援よろしくお願いします☆

書道部
私たち書道部は、斯文祭への作品出品を目標に練習に励んでいます。基本的には、毎週月曜日から金曜日の放課後、2時間程度練習しています。書きたい時に来て、自主的に練習をするという、とても自由な部活です。なので、塾で忙しい人も、家が遠い人も気軽に入部できます。もちろん、兼部もOKです。普段の練習では、臨書作品や創作作品の制作ですが、今年は創作作品のTシャツ作りにも挑戦しました。斯文祭では、部員一人ひとりの個性を十二分に生かした作品を発表できればと思っています。また、斯文祭だけでなく、校外のコンクールに作品を出品する機会もあり、それぞれがチャレンジしています。これからも、日々練習に励み、技術を高めるために努力していきたいと思います。

数学部

こんにちは、数学部です。
数学部と聞いてどんなイメージを思い浮べますか?数学部といっても、普段は数学の問題を解いたりしているわけではありません。数学部は、主にパソコンを使ってプログラミングなどに取り組んでいます。毎年5月に行われる運動会で得点の集計をするのと、毎年9月に行われる斯文祭で1年間の成果を展示しています。斯文祭では、製作したパソコンゲームやパズルの展示のほか、部誌『数学JUN(数学的な話題や歴史について調べた内容を収録した冊子)』も毎年配布しています。
特に目指す大会などはありませんが、数学オリンピックに出場する人のために、ほぼ毎月、数学部主催「数学オリンピック対策クイズ」も校内に掲示しています。
数学部では、運動会と斯文祭のとき以外は特に活動に時間的拘束はありません。他の部との兼部もOKです。
(公式Webサイト https://sugakubu.com/

生物部


私たち丸亀高校生物部は、興味をもった分野について調査・実験・観察をしたり、土器川や丸亀城で観察や採集をしたりしています。
夏の合宿では長時間の野外調査も行い、思い切り自然を堪能しています。
活動の成果は年1回発行する部誌「銀杏」や、斯文祭の校内展示としてまとめています。
身近な生物を材料にしても、新たな発見はたくさんあります。
また、実験に失敗はつきものですが、そこから得られるおもしろいことも多いものです。
日々の活動の中で、生物にふれるたび、いつもその謎の多さに驚かされています。
ぜひ、一緒に生命の神秘にふれてワクワクしましょう!

地学部
 
地学部はロマンの部活です! 
夜空の星を眺めるのが好きだったり、岩石や鉱物がどのようにして形成されるのか調べたり、地球の中や外で起こっているさまざまな現象に興味を持ち、日々、観測や研究を行っています。特に、学期に1回行っている校内天体観測合宿では、月のクレーターや惑星の写真を撮影したり、望遠鏡で星を観察したり、星を見ながら語り合ったり…。 
また、夏休みには、県外に出向いて、地質調査や天体観測を行うなど、校外での実習をさかんです。最近では、高知県室戸市に行って、海岸段丘や鍾乳洞の観察などの実習を通して、自然について学んでいます。
合宿だけの参加も可能なので、ぜひ、みなさん、自然の面白さについて一緒に学びましょう!

美術部
こんにちは。美術部です。
活動時間は、原則平日の放課後17時まで。長期休業中は9時から11時まで活動しています。美術室は本館4階にあり、風通しもよく窓越しの風景も素敵です。そんな恵まれた環境で制作することに感謝しながら、限られた時間を有効に使う工夫を各々でしています。
さて、肝心の活動についてどのようなイメージを持たれるでしょうか? 
「静かに、もくもくと絵だけ描いている?」
「地味…?」
「絵のうまい人だけの集まり??」
残念ながら (!?) すべて違います。確かに絵を描くことは主の要な活動です。しかし「美術」とは『美しさ』を表現する『術(すべ)』のこと。絵が苦手でも、表現の仕方はたくさんあります。油彩水彩に限らず、粘土やプラ板を使った造形など部員達の得意な分野で作品作りを試みています。
また、9月の斯文祭は、制作した作品をただ並べるだけではなく、来場してくださるお客様の目線に立って、魅力的な展示空間を目指しています。何かと凝り性な私達にとってもアイデアと忍耐力が必要とされますが、それだけに得られた充実感は大きいものです。
いかがですか?少しイメージが変わったでしょうか??もし、興味を持ってくださった人はぜひ美術室に足を運んでみてください。お待ちしています。

物理部
  

文芸部
みなさん、こんにちは。明るく愉快な文芸部です。
文芸部では部誌の『砂時計』を年に4回から5回の割合で発行、また斯文祭には部誌『埋火(うずめび)』も発行し、部員が丹誠込めて作った小説や詩、エッセイなどを掲載しています。小説はミステリーからファンタジー、現代物まで幅広いジャンルのものです。少しでも興味を持たれた方は、各教室の背面黒板の前に『砂時計』を配布していますので、読んでみて下さい。あなたも『砂時計』に作品を発表してみませんか?

将棋部

「盤上力まず、日常緩まず」の気持ちで、学年に関係なく、棋力の向上を目指して毎日楽しく活動しています。具体的には、実戦力をつける対局を中心に、詰将棋や棋譜並べ等で基本を身に付けることに力を入れています。また、県高等学校総合文化祭への参加はもちろん、顧問の先生が、年に数回、新聞社主催の将棋大会等を紹介してくれるので、それらにも積極的に出場しています。他の高校の生徒と将棋を指すのは程よい緊張感があり、終局後は感想を述べ合ったりして交流の輪も広がります。斯文祭では、たくさんの人が将棋を指しに来てくれましたが、将棋部は初心者歓迎なので、いつでも部室をのぞきに来て下さい。思考力、集中力、決断力を身に付けたいと思っている皆さん、是非、将棋の面白さを味わってみませんか!

平成30年度主な成績
第41回香川県高等学校選手権大会(H30.5.27) 男子個人戦8位・女子個人戦準優勝
第31回全国高等学校将棋竜王戦香川県予選(H30.7.16) 男子個人戦15位
第42回全国高等学校総合文化祭将棋部門 兼 第54回全国高等学校将棋選手権大会(H30.8.8~10) 女子個人戦出場
第35回香川県高等学校文化連盟将棋選手権大会(H30.11.11)  男子個人戦9位
 
運動部
弓道部(男女)

我々弓道部は弓道の稽古に毎日励み、総体でよい結果が出るように努力しています。
弓道は基本が大切で、精神統一も必要とする武道であるので、日々精進して稽古に取り組む事が何より大切です。
また、的を狙って弓を引くので、敵は自分自身以外ありません。
だから、唯一の敵、自分自身に打ち勝てるよう努力しています。 

剣道部(男女)
私たち丸亀高校剣道部は、校訓「終始一誠意」のもと、技術面は勿論、日々の稽古の中で常に礼節ある言動がとれるよう剣道を通じて学んでいます。
部員数も年々増え、男女とも四国大会出場以上を目標に、時間を大切に一本一本集中して取り組んでいます。

2017年度主な成績
県総合体育大会:男子団体3位・四国総合体育大会出場
県新人大会  :女子個人3位・四国新人大会出場2018年度主な成績
県総合体育大会:女子個人ベスト8・四国総合体育大会出場

テニス部(男女)

私たち丸亀高校テニス部は、毎年、総体の目標を団体で県ベスト4入り、四国大会出場として、日々練習に励んでいます。
そんな中、去年とおととしは目標達成し、四国大会に出場し、去年は四国でベスト4に入ることができました。
今年も、目標である四国大会に出場し、去年よりもっと良い結果を出すことができるよう、全力でプレイするので、応援よろしくお願いします。

2018年度主な成績(女子)
県総合体育大会 団体 ベスト4
県総合体育大会 個人シングルス ベスト4
四国高等学校テニス選手権大会 団体 ベスト4
県新人大会   個人シングルス 準優勝

サッカー部(男)

僕たちサッカー部は、毎日楽しく、時には厳しく、練習に励んでいます。 顧問の先生のご指導の下、強く、うまくなるために練習しています。 目標は県大会で納得のいく結果を出すことです。
 県内での公式戦は10、11月に行われる高校サッカー選手権大会、1,2月の新人戦、5,6月の総体の3つです。また、2種リーグは4~12月で行われます。 全国的に一番大きな大会といえるのは高校サッカー選手権ですが、開催時期的に受験との兼ね合いで三年生になってからは出場することができません。そのため僕たちは、どの高校も三年生が出場できる総体を最大の目標にしています。 
県内でも部員の数は少ないほうですが、そのぶん全員が団結して全力でプレーしたいと思います。 

柔道部(男女)
こんにちは!丸亀高校柔道部です。
柔道といえば、どのようなイメージを抱きますか?古臭くて、汗臭くてしんどいイメージではないですか?しかし、丸高柔道部にはそんな重~いイメージはありません!学校行事に積極的に参加し、「少しでも多くの笑いを!」をモットーにがんばっています。目立ちたい人には持ってこい!の部活です。
残念ながら県内高校の柔道人口は減少しており、丸高も例外ではありません。しかし、柔道に対する熱い想いはどこにも負けません。条件は厳しいですが、少しでも充実した練習になるように工夫しています。

水泳部(男女)
現在、水泳部は各大会に向けて個人がそれぞれのスクールで練習に励んでいます。学校のプールでも練習できるので、スクールに通っていない生徒でも入部できます。5月にプール開きで、9月まで練習することができます。毎年インターハイや国体に出場する選手がおり、2年前にはインターハイで優勝するという快挙も成し遂げました。
【2018年度成績】
◎ 県総体優勝 男子200m自由形、400m自由形優勝
◎ 四国選手権大会 男子200m自由形、400m自由形優勝
◎ インターハイ、国体出場

ソフトテニス部(男女)
 女子ソフトテニス部は平成29年度の総体後に部員数が0となる危機を乗り越え、今年度は新1年生6名を迎え、2年生2名を加えた8名で個人・団体ともに四国大会出場を目指して、日々練習に取り組んでいます。
初心者も多く、基本を大切にしながら技術的にも精神的にも向上することを目指しています。

ソフトボール部(男)
ソフトボール部は全国大会出場を目指して、日々練習に取り組んでいます。技術的に向上することを目指すのはもちろん、礼儀正しく、当たり前のことを当たり前にできることを大切にしています。
【2018年度主な成績】
平成30年度男子強化大会兼第73回国体選手選考会  準優勝
第58回香川県総合体育大会ソフトボール競技     準優勝
平成30年度香川県高等学校新人ソフトボール競技   準優勝

卓球部(男女)
こんにちは。丸亀高校卓球部です。
卓球というと、簡単で誰にでもできそうなイメージがありがちですが、実際やってみると「難しい」と思う人がきっと多いと思います。卓球とは、他の球技に比べコート(台)もボールもとても小さいのですが、飛び交うボールは速く、スマッシュに至っては初速160㎞/hをこえます。だからある意味、最速の球技とも言えるのです。そのぶん、自分がスマッシュをきめることができると、うれしさがあります。そんな卓球を毎日楽しく、雨の日も風の日もやっています。今は、次の大会に向け練習中です。これからも大会優勝を目指して、がんばっていきたいと思うので、よろしくお願いします。

2018年度主な成績
県総合体育大会:男子個人シングルスベスト16・四国総合体育大会出場(1名)
県高校新人大会:男子団体ベスト4・男子個人シングルスベスト8(1名)・ダブルスベスト8(1組)
全国選抜県予選:男子個人シングルス第3位

なぎなた部(女)
皆さんは「なぎなた」を知っていますか? 
「なぎなた」とは女を磨く素敵に無敵な武道です★
「なぎなた」には演技競技と試合競技があります。演技では型の美しさを競い、試合では防具をつけて戦います。(つまり剣道みたいな試合です。)実は・・・部員のほとんどが初心者なのです!!!しかし、専門の先生のご指導もあり、良い成績を残す事ができています。
さぁさぁ!!なぎなた部に入って楽しい高校生活を送りましょー♪

バスケットボール部(男女)
他校より練習時間が短いので、1人1人が意欲を持ち、集中して練習するよう心掛けています。
目標をチームで共有し、全員で目標に向って頑張っています。(男子)
私たちは、日々「凛々しく」をモットーに練習に励んでいます。 四国大会出場をチームの大きな目標とするとともに、支えてもらってい入る周りの人に感謝しながら人間的にも成長することも大事な目的として頑張っています。 応援よろしくお願いします!!(女子)

バレーボール部(男女)

男子バレーボール部は、四国大会出場を目標に、自主性を重んじ、自分たちで考え、動き、チームを作ることを目指しています。そして、大好きなバレーボールができることに感謝し、支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れないように日々練習に取り組みます。部員の半数は、バレー未経験者で、未経験者も大歓迎です。是非見学に来て下さい。


【バレーボール部(女子)】日々の活動 ・第2体育館で、ほぼ毎日(定期試験中を除く)練習しています。
・練習時間は短いですが、集中して充実した練習を行っています。
・大会で勝ち上がれるように、目標を高くもって活動しています。
・「応援されるチーム」を目指しています。
そのためには、競技だけでなく、日々の学校生活にも真摯に取り組みます。
どうぞ応援をよろしくお願いします。

2018年度の主な成績
県高校総体 :3回戦敗退(ベスト16)
県選手権大会:ベスト8
県新人大会 :2回戦敗退(ベスト16)

ハンドボール部(男女)
  

野球部(男)
  

陸上部(男女)

陸上部は、自己記録の更新や四国大会、全国大会の出場を目標に活動しています。近年では、県大会優勝、四国大会優勝、全国総体出場などの実績を残しています。陸上競技は個人競技ですが、だからこそ仲間を大切にし、常に声を掛け合い、明るい雰囲気で練習しています。
私達は、お互いを高めあい切磋琢磨し合えるチームを目指し、練習に励んでいます。そして、先生方、家族、OBの方々をはじめ、たくさんの方々の支援を受けて活動ができていることを忘れず、常に感謝の気持ちを持って「チーム丸高」一丸となり精進していきます。
また、部員の中には、中学校のときの自己記録を大きくのばす選手も、高校から陸上を始めて活躍している選手もいます。陸上経験者はもちろん、未経験者も大歓迎です。
少しでも陸上に興味のある方、体を動かすのが好きな方、ぜひ一度見学や体験に来てみてください!

ワンダーフォーゲル部(男女)
「ワンダーフォーゲル部」と聞いて、どんな部活動か、想像できる人は少ないと思います。「ワンダーフォーゲル」とはドイツ語で「渡り鳥」という意味です。私たちはこの言葉どおり山から山へと渡り歩いています。夏は北アルプス(立山・槍ヶ岳など)、秋は四国の山々(石鎚山・剣山など)、春は伯耆大山などに出かけ、四季折々の大自然を堪能しています。それらの合宿に向け、普段は丸亀城でランニングや歩荷(ぼっか)をしたり、テントの設営や炊飯の練習を行ったりしています。実は登山競技は県総体もあり、体力や歩行技術を中心として、設営や炊飯、救急や気象、自然観察まで、多岐にわたる審査項目のもと、総合的な登山の能力を競います。最近は四国大会やインターハイにも出場しています。 私たちと一緒に山登りを楽しみませんか。
【主な活動実績】
2017年 県総体 男子最優秀パーティー  
                     インターハイ出場(14位)
2018年 県総体 男子最優秀パーティー  
                      インターハイ出場(7位)