『スクールライフ』→『日々の学校生活』にて日頃の学校活動の様子を更新しております。 シンボルマーク
 
  • 校舎と正門 ・ 北門
  • 校訓碑『終始一誠意』 ・ 校舎南側
  • 丸亀城から見た校舎 ・ 運動場から見た校舎
  • 運動会 ・ 音楽学習成果発表会
  • 記念館 ・ 校舎正面
  • 野球応援 ・ 玄関ホール
  • 斯文祭準備 ・ 演劇部上演
> 学校紹介> スーパーグローバルハイスクール(H28) 

平成28年度 スーパーグローバルハイスクール

1 はじめに
(1) スーパーグローバルハイスクール事業とは
スーパーグローバルハイスクール(SGH)とはグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、国際的に活躍できる人材の育成を図ることを目的とした、文部科学省による事業です。
本校は、平成28年度、文部科学省のSGHのアソシエイト校に選定されました。また、香川県教育委員会の「香川版SGHプラン」の実践校として、香川県教育委員会から経費等の支援を受けて、香川大学、大阪大学、関西学院大学、地元企業、丸亀市市役所、地域と深く連携して、本校独自の新しいプログラムを開発・実行していきます。

(2) 今年度の開発構想名
「うどん県から世界へ!コシの強い讃岐型グローバル・リーダーの育成」

(3) 今年度の取組・ねらい
「地方創生」をテーマとした「課題研究」を実施することで、主体的・能動的・協働的に課題を発見・解決できる力の育成を目指します。また、英語でのディベートや海外の高校生との交流を通して、英語でのコミュニケーション能力等の向上を図ります。これらの活動を通して、「コシの強い讃岐型グローバル・リーダー」の育成に取り組みます。
また、様々な大学・学部と連携した活動により、学問への探究心がさらに高まることが、進路意識の向上や進路志望の実現につながることも期待しています。

2 スーパーグローバルハイスクール構想調書の概要

3 身に付けさせたい力

4 取組の概要(取組・成果等)

5 取組の詳細・実施記録
(1) 課題研究
1学期
4月13日(水)
オリエンテーション
SG講演会①「地域の現状・課題・対策を学ぶ」(丸亀市役所

4月20日(水)
SG講演会②「地域の強みを生かした地方創生・世界戦略」今治造船、四国化成

4月27日(水)
SG講演会③「学問分野別講義」(大阪大学工学部香川大学農学部

5月12日(木)
SG講演会④「学問分野別講義」(香川大学教育学部関西学院大学

5月25日(水)
SG国際交流(台湾の高校生との交流)
SG講演会⑤「学問分野別講義」(香川大学経済学部香川大学医学部

6月8日(水):課題発見
研究分野・グループ決定(各グループ約6名)、研究テーマ検討

6月22日(水):課題発見
フィールドワーク(見学、聞き取り・アンケート調査等)
地域医療生物資源観光・町おこし教育モノづくり・起業国際貢献  

7月6日(水):課題発見
フィールドワークのまとめ

7月20日(水):課題発見
課題研究の進め方等について

夏休み
:課題発見
大学研究室訪問(希望者)
地域医療生物資源観光・町おこし教育モノづくり・起業国際貢献

2学期
9月7日(水)
:課題発見
研究協議

9月21日(水):課題発見
フィールドワーク(聞き取り・アンケート調査等)
地域医療生物資源観光・町おこし教育モノづくり・起業国際貢献

10月5日(水):問題解決
研究テーマ決定
「企画書」作成
(連携機関からの指導)

11月2日(水):問題解決
研究テーマ決定
「企画書」作成
(連携機関からの指導)

11月16日(水):問題解決
「企画書」の中間報告会(連携機関からの指導)
地域医療生物資源観光・町おこし教育モノづくり・起業国際貢献

12月14日(水):問題解決
研究協議(じっくりと考える)
「企画書」完成

冬休み
:問題解決
研究協議(じっくりと考える)
「企画書」完成

3学期
1月18日(水)
:問題解決
研究協議(じっくりと考える)
「企画書」完成

2月1日(水)
:問題解決
研究協議(じっくりと考える)
「企画書」完成

2月15日(水)
分野別発表会(「企画書」のプレゼン:分野内で)
地域医療生物資源観光・町おこし教育モノづくり・起業国際貢献

3月15日(水)
SGH発表会(「企画書」のプレゼン:各分野の代表による)

春休み
海外研修(台湾:希望者)

(2) ネイティブスピーカーによるSG講座(斯文土曜塾)

6 評価
(1) 「身に付けさせたい力」についての自己評価
(2) 中間報告会・分野別発表会での自己評価(ルーブリック)

7 次年度に向けて