通信制>通信制の概要


本校の特色

3年での卒業が可能です。
単位制を取り入れています。

 
 単位制とは
 ○必履修科目を含めて74単位以上を修得すれば卒業できます。
   (特別活動45時間以上必要です。)

 ○他の高校で修得した単位も加算されます。(条件あり)

 ○修得した単位は累積加算されます。


生徒
専修生;高等学校の卒業を目的とする者
特科生;特定の科目を学ぼうとする者
併修生;定時制課程に籍を置き、特定科目の単位の修得を目的とする者

2019年度は225名が在籍しています。
受講している生徒は、1年生54名、2年生43名、3年生46名、4年生4名、特科生3名、併修生1名。
15歳から49歳まで協力し合い共に学んでいます。


在籍年限
在籍年限は8年です。(転編入者は異なります。)

 

通信制>学習の仕組み


自学自習を原則とする、大切な3つのポイント

レポートを作成し、期限までに提出する。
スクーリングに出席する。
年間2回の試験を受験し、合格する。


レポート
毎月、平均12枚程度のレポートが配布されます。期限内に提出しなければなりません。自学自習を基本に、教科書、学習書を読み、辞書・便覧・資料集などを使い、自分の力で解くことが大切です。また、NHKの「高校講座」は予習・復習の大きな助けとなりますから、習慣付けて視聴することも大切です。

スクーリング(面接指導)
学校で、直接学習指導を受けることをスクーリングといいます。1か月に3~4回、日曜日に行われます。実験や実技をする科目もあります。学習の疑問点を明らかにしたり、先生に直接質問したりできます。なお、科目ごとに出席しなければいけない時間数が決められており、不足すると単位修得はできません。




試験
通信制での1年間は、前期・後期の2期に分かれていて、それぞれの期末に試験があります。それまでのレポートがすべて合格しているかどうか、そして出席しなければいけない時間が不足していないかを確認する資格審査があり、これをクリアーすれば試験を受けることができます。
年間2回実施される試験を受け、合格しなければ単位の修得はできません。