Pick UP

活動内容

活動内容およびイベントを掲載しています。

香川漆芸の5技法

蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)、彫漆(ちょうしつ)を創り上げた玉楮象谷。後藤塗(ごとうぬり)を創り上げた後藤太平。象谷塗(ぞうこくぬり)は創立者がわかっていない。5つの技法が国の伝統的工芸品に指定されている。研究から独自の技法を創案し、やがて香川漆芸の礎を築きあげた。

蒟醤(きんま)

東南アジア由来の技法。堅地の上に漆を十数回重ね、塗膜に厚みを持たせた後、鋭敏なケンと呼ばれる刃物で模様を線彫りして、そこに色漆を埋めて乾かす。表面を平らに漆を研ぎ出すと、線彫りした部分のみ色漆が残り、模様がはっきり見えるようになる。

存清(ぞんせい)

堅地の上に漆を十数回塗り厚みをもたせた後上塗りを施す。そ の上に色漆で模様を漆絵や蒟醤で描き呂色仕上げを行う。その後 図案の輪郭などを刃物で毛彫りし、画風を整えると上品で繊細な 味わいがでる。毛彫りには金の細かな粉を刷り込む場合もある。

彫漆(ちょうしつ)

古くは堆朱、堆黒と呼ばれた。表面に100回近く漆を塗重ねた 後に、(100回で厚さ3mmほど)漆をレリーフ状の模様に彫る。 断層によって繊細で立体感のある美しい模様が作り出される。現 代では様々な色の漆が用いられており、表現の幅を広げている。

象谷塗(ぞうこくぬり)

香川漆芸の祖、玉楮象谷から名をとり象谷塗と呼ばれる。素地 に不規則ならせん状の彫りを入れ、生漆を刷り込む。その上に真 菰(川や池に自生する稲科の多年草)の粉末をまいた後、スリ漆で 仕上げる。使い込むほどに渋みを増す、民芸的な味わいがある。

後藤塗(ごとうぬり)

江戸時代末期、高松藩士の後藤太平によって発案された。中塗 りの後朱漆を塗り漆が乾かないうちにたんぽや指先で叩いて凹凸 の地紋を作る。乾いた後、透漆を薄く塗り込み仕上げる。塗りの 堅牢さから日用品の仕上げとして永く愛されている技法である。

最新の活動内容を投稿しています。

Members

18 1st Year
5 2st Year
7 3st Year
30 Total menber

Contact

Contact Info