校長あいさつ

 香川県立三木高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 本校は、平成8年4月に地域からの熱い思いを受け「新しい時代を拓く」といった使命感を持って三木町に開校しました。ゆとりのある時代に建てられたので、校内のどこを見てもゆとりのある広々とした設計になっています。また、東に三木町のシンボル白山、西に清流新川、学校は田園に囲まれ自然豊かな環境にあり、生徒は落ち着いて学業に取り組むことができています。
 また、平成28年度からは、三木高ルネサンス「高き理想を掲げた学校創立の精神を大切にしながら、地域で一番行きたい高校になるべく、さらなる魅力づくりに取り組む」と題し学校改革を進めています。本校の少人数で落ち着いた授業は、高い志を持って、懸命に取り組む生徒にとって絶好の環境です。進路希望に合わせた時間割の設定や、難関大トライアルなどを充実させ、国公立大学だけでなく、難関と呼ばれる大学や医学部などへも進学ができるよう指導を行っています。そして、確実にその成果を出しつつあります。
 さらに本校は、豊かな人間力を備えた生徒が育つ学校でありたいと考えています。まず生徒が自らすすんで、あいさつ、品位ある服装、掃除、時間を守ることが当たり前にできることを大切にしています。また「自主・自律・友愛」の校訓のもと、自主性・主体性を育てる学校行事や部活動の充実を図り、人間力を高める指導を行っています。
 今後とも、本校の教育活動に一層のご理解、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

校長 三谷 浩之

トップへ戻る