特色

海洋技術科では、船を運航するための知識や技術を習得し、船舶職員や水産関連産業に従事する技術者の養成を目指しています。2年次からは航海計器や船舶運用を学習する航海技術コース、船用機関や電気理論を学習する機関工学コースに分かれて、より専門的な学習を行います。また、各コースとも65日間の翔洋丸乗船実習があり、加えて、カッター、小型船舶の操船、ヨット、ダイビングなど海に関する実習や、エンジン取り扱い、溶接、旋盤などの実習も行います。卒業時に条件を満たせば、五級海技士の筆記試験が免除されます。

実習事例

海洋技術1.jpg海洋技術2.jpg海洋技術3.jpg海洋技術4.jpg
翔洋丸実習操船カッター海図
海洋技術5.jpg海洋技術6.jpg海洋技術7.jpg海洋技術8.jpg
レーダーシミュレーターエンジン溶接旋盤

1年 海洋技術科 現場見学会に参加しました 2023.2.8

1年海洋技術科の生徒たちが丸亀港にて現場見学を行いました。菅原ジェネラリスト蠅諒々から内航海運業について説明をいただいた後、菅原ジェネラリスト蠅離吋潺ルタンカー「勇幸丸」の見学を行いました。船長をはじめ、多くの乗組員の方々から様々な説明を受けたり、また、船橋や機関室などの船内の設備や乗組員の生活スペースを実際に見たりし、生徒たちは船乗りという仕事を肌で感じている様子でした。質疑応答では多くの生徒が積極的に船や、船乗りの仕事について質問を行っており、大変有意義な現場見学になりました。
船橋.jpg機関室.jpg集合写真.jpg
船橋機関室集合写真

校外学習に行ってきました 2023.5.25

5月25日(木)に校外学習が行われました。愛媛県今治市にて、1年生は「来島海峡急流観潮船」に乗船し、2,3年生は「バリシップ2023」に参加しました。1年生は、世界唯一の特殊航法が適用されている来島海峡を実際に見学し、船舶交通について学ぶとともに、大型船が狭い航路を航行している様子に圧巻されている様子でした。また、「バリシップ2023」とは、海運や造船などの海事関係企業が世界中から多く集まるイベントです。それに参加した2.3年生は、各々が興味のある企業に話を聞きに行き、普段学校で学んでいる内容がどのように使われているかを目の当たりにすることによって、自身の進路についてより一層考えている様子でした。
来島海峡見学.jpg操船シミュレーター.jpgバリシップ.jpg
来島海峡見学(1年生)操船シミュレーター(2,3年)バリシップ2023会場


翔洋丸だより

令和5年度

  • 事前航海

令和4年度

令和3年度

令和2年度


取得可能資格(検定)一覧

海技士(航海・機関)ガス溶接技能講習海上特殊無線技士小型船舶操縦士
潜水士危険物取扱者2級ボイラー技士

就職先

青野海運内海フェリー大倉工業香川県漁業協同組合連合会
小豆島フェリータチバナ工業千代田工業平三水産
リベルタイイノガストランスポート神和東幸海運
中栄マリン日本海洋事業

進学先

多度津高校専攻科四国総合ビジネス専門学校四国学院大学福山大学
長崎総合科学大学波方海上技術短期大学校

添付ファイル: fileバリシップ.jpg 163件 [詳細] file操船シミュレーター.jpg 167件 [詳細] file来島海峡見学.jpg 181件 [詳細] file船橋.jpg 221件 [詳細] file集合写真.jpg 311件 [詳細] file機関室.jpg 223件 [詳細] file海洋技術8.jpg 995件 [詳細] file海洋技術7.jpg 967件 [詳細] file海洋技術6.jpg 992件 [詳細] file海洋技術5.jpg 875件 [詳細] file海洋技術4.jpg 869件 [詳細] file海洋技術3.jpg 902件 [詳細] file海洋技術2.jpg 1015件 [詳細] file海洋技術1.jpg 1633件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS