教育研究部(国際交流・国際理解)

国際交流・国際理解のブログ

令和6年度 Global Studies Programの説明会のお知らせ

2024年2月21日 16時48分

令和6年度Global Studies Program説明会のちらし

3月1日(金)17:30より、来年度のGlobal Studies Programについて説明会を行います。

参加をご希望の方は、2/16に配布しました「説明会への参加申込書」を学級担任にご提出ください。

多くの生徒や保護者の皆様に関心を持っていただき、ご参加いただけると嬉しく思います。

Global Studies Program 活動報告(GSP)

2023年12月18日 17時00分

S__125214847
Global Studies Program の今期の活動を
南棟4階 1年1組HR教室前にて展示しています。

懇談会など、お時間のあるときにご覧くださいませ。
S__125214849
S__125214850
S__125214851
S__125214852
S__125214853
なお、本プログラムでは、次年度に向けての説明会を
上記のように、令和6年3月1日17時半より、行います。

より多くの坂高生の参加をお待ちしております。

交流会⑤ 坂出高校×フューチャーデザイン日本語学校(GSP)

2023年11月22日 09時05分

 11月26日に交流会を行いました。今回は、坂高生1名×留学生2~3名(同じ国出身の方)というグループで、食事のマナーについて話し合いました。

 IMG_4599 IMG_4600

 坂高生は、お箸の使い方を割り箸を使いながら教えたり、わたし箸やよせ箸といった「してはいけない」ことを伝えたりしました。

 留学生の多くが母国ではお箸を使用しないため、「なぜ、それをしてはいけないのですか?」と、興味津々で尋ねられいましたが、坂高生はこの質問に答えるのになかなか苦労している様子でした。

IMG_4601 

 どんな日本語を使うかという言語の課題もありますが、文化的背景の異なる方々に理由を納得してもらえる表現や説明を考えなければならないからです。

 そして、そもそもの話になりますが、マナーの良し悪しは知っていても、その理由を知らないことも多いからです。「ダメなものはダメなんです…、何でダメなんだろう…」と悩んでしまう姿も見られました。

IMG_4602 IMG_4603

 グループで話しあったことを、全体にも共有します。今回は、ご飯を食べる演技をしながら、説明しました。

 スリランカでは、食事は右手で食べます。第1関節までの指先を使い、顔に指を添わせる向きで口元に運びます。(指が顔に垂直に向く、指を口につっこむ、ような食べ方はNGだそうです。)こぼさないように左手で受けをしますが、こぼれて左手についたものは地面についたのと同じで、口にしてはいけません。生徒にとって一番の驚きだったのは、「ラーメンも指で食べる。小さいころから食べているから、熱くない。」ことだったそう。

 バングラデシュにも、食事の挨拶があるそうです。「ビスミッラ」「アルハムデュッリッラ」

 フィリピンでは、食事をしているときに友人が通りがかったら、食事に誘うのが礼儀だそう。いつ人が訪れてもよいように、食事を作るときはたくさん作り、余ったら持ち帰っていただくそうです。

IMG_4590

 活動後、生徒たちはリフレクション(振り返り)を書くことになっています。よい気づきを得られたようですので、いくつかの言葉を紹介します。

・「外国の方々と関わる際、相手の国のルールやマナーを知らないと、意図せず、相手も自分も不快な気分になってしまうことがあると分かった。」

・「相手の国を知ろうとすることが、お互いを尊重することにつながると思う。」

・「留学生たちが自分の国の文化を日本語で一生懸命に伝えようとする姿を見て、私も外国語(英語)を“使える”ように勉強したいと思った。」

交流会④ 坂出高校×フューチャーデザイン日本語学校(GSP)

2023年11月1日 09時46分

 今回はテーマ「食事」について話をし、話し合った内容をポスターにまとめて発表するという活動を行いました。

IMG_4493 IMG_4496

 坂高生は事前に、「留学生に食べてほしい家庭料理」のレシピを紹介できるように準備してきました。

 「おばあちゃんに電話をして、作り方を教えてもらいました。調味料は適当に、と言われたけれど、『適当じゃダメだよ、どれくらいか教えて!って粘りました。」と報告してくれる生徒も。

 簡単にできるものとして卵焼きやホウレン草のおひたし、お好みの材料でいつでも作れる味噌汁、肉じゃがや茶わん蒸しなど、さまざまな家庭料理を紹介しました。

 IMG_4492 IMG_E4553

 留学生からは、「豚肉は食べられないのですが、別の肉でも美味しいですか?」、「すし屋でアルバイトしているので茶わん蒸しを作ったことがありますが、食べたことはなかったです。今度食べてみます。」など様々な反応が。

 留学生の皆さんも、朝ごはんやおやつ、ご当地ラーメン(中国)や結婚式に必ず作るものなど、様々な料理を紹介してくれました。

 フィリピンの方が紹介してくれたチキンアドボは、「お米と一緒に食べるととっても美味しい!」とのことで、ぜひ食べてみたいなと思いました。

1

 が、「朝から食べるよ!」とのことで、驚きました。寝起きにチキンアドボ、、、胃がびっくりしそうだな、、、と。(ちなみに、たくさん作って、翌日食べるともっとおいしいそうです。)

IMG_E4557 IMG_E4556 IMG_E4558 IMG_4501

 みんなでポスターを作成し、発表しました。各班、工夫を凝らして素敵なポスターが出来上がりました。

 IMG_E4561  IMG_E4559 IMG_4560 IMG_4562

 やっぱり、自分にとって一番おいしい食べ物は、慣れ親しんだ母国の味だと思います。が、様々な国の料理や味付けを試してみたら、「意外とおいしい!」と思うものに出会えるかもしれませんね。IMG_4551

交流会③ 坂出高校×フューチャーデザイン日本語学校(GSP)

2023年8月29日 11時48分

8月29日(火)に、第3回の交流会を行いました。

 フューチャーデザイン日本語学校は8月下旬にサマーコースを開催しており、それに参加するためにモンゴルの高校生たちが多数、坂出にやってきていました。いつも交流している留学生よりもさらに若く、坂高生たちとほぼ同じ年齢の方々と交流することができるということで、夏休み(実力テストの終了後すぐ)でありながら、多くの生徒が参加しました。

IMG_4332

 モンゴルの高校生たちはそれぞれ民族衣装を身につけており、私たちに「モンゴルの式典でおどるダンス」を披露してくれました。民族の踊りと聞いていましたが、盆踊りのような感じではなく、リズミカルで新しさを感じる音楽で驚きました。

 グループトークでは、「実際に日本に来てみてどう感じた?」「美味しいと思った食べ物は何?」などと日本の感想を聞き出していました。「日本のお土産は何を買ったの?」との質問には、「お餅」と答えた子がいました。モンゴルでは日本のお餅が好まれていて、家族に必ず買って帰るようにと頼まれていたそうです。ちなみに、モンゴルのスーパーでは「雪見だいふく」も一般的に売られているそうですよ。

 IMG_4368 IMG_4367

 「日本のお札を見せてほしい」という子も。お財布から1000円、5000円を取り出して見せると、「野口英世は本当に日本人?西洋人に見えます。」とか、「この女の人はどうしてお札に選ばれたのですか?」との質問が。坂高生は樋口一葉の説明に苦戦しつつも、しっかりと会話をつづけることができました。

 IMG_4371 IMG_4372

 今回は45分という短い時間での交流となってしまいましたが、生徒たちは十分仲良くなれたようです。モンゴルの高校生からいただいたお土産を、見せ合い、自慢しあいながら帰っていきました。素敵な出会いと、宝物を得られたようです。

 次回は9月26日(火)を予定しています。

Global Studies Program5日目(GSP)

2023年8月7日 13時27分

global studies program 5日目(8/4)

 最終日です。生徒たちはプレゼンをより良いものにするために、家に帰ってからも内容を考えたり、発音の練習をしたりと熱心に取り組んできたようです。

 プレゼンのテーマは「自分の強みとは何か、それをどう生かして、コミュニティーに貢献するか」

 自信をつけるには、1に練習、2に練習、3も練習、練習あるのみ。グループリーダーたちにアドバイスをもらったり、メモを見ずにしゃべれるかを確認しあったり、時間ぎりぎりまで練習する様子がみられました。

IMG_4119[1] IMG_4120[1] IMG_4115[1] 

  そして本番です。全員の前で1人で発表することは、本当に緊張することだと思います。さらには、オープンスクールの日でもあったので、中学生や中学校の先生方も教室を訪れてくださり、緊張感はますます高まりました。そのような中でも、全員が大きな声で、胸を張って、しっかりと自分の強みを表現することができました。また問いかけに応えたり、素敵な表現に拍手したりと、聞き手としての姿も素晴らしかったです。「やり切った!」という表情が、とても印象的でした。

IMG_4121[1] IMG_4122[1] IMG_4125[1] IMG_4127[1] IMG_4129[1] 

 その後、グループリーダーからフィードバックを受けます。「いい声だった」、「自信にあふれた姿だった」というポジティブな言葉をもらいつつ、今後に向けたアドバイスももらいました。聞き手の反応を体感した生徒たちは、話すスピードやジェスチャーの頻度なども、プレゼンの質を高める重要な要素であることに気がついたようです。

IMG_4137[1]

 午後は、プログラム全体の振り返りを行い、閉校式です。クラスは、達成感と寂しさに満ちていました。

IMG_4139[1] IMG_4034[1] IMG_4043[1] IMG_4046[1] IMG_4052[1] IMG_4057[1] IMG_4058[1] IMG_4140[1]

プログラムは終了してしまいますが、この経験がこれから先も生徒たちに刺激を与え続けてくれることを期待しています。

IMG_4069[1]

Global Studies Program4日目(GSP)

2023年8月7日 13時06分

global studies program 4日目(8/3)

 4日目のテーマはSDGsです。それぞれのGoalを英語で説明し、どのGoalが最も大切だと思うのかを考えました。生徒によって、強く関心があるGoalは違います。教育創造コースに所属している生徒たちからは"No Poverty"や”Quality Education"、"Gender Equality"を挙げる声が。"Life Below Water"を選んだ生徒は、海岸清掃ボランティアに参加したことがあったようです。自分の身の回りの事柄に落とし込んで考えることができました。

IMG_4084[1] IMG_4085[1] IMG_4087[1] IMG_4088[1] IMG_4089[1] 

 ケーススタディでは、興味深いことがありました。「日本はもっと公園を作るべきだ、agree or disagree?」という問いに、agreeとする班とdisagreeとする班がそれぞれ同数。ところが、どちらも「環境保全のために」という理由だったのです。環境を守るためにという思いは同じなのに、公園を作るべきか否かで意見が真逆になってしまったのはなぜでしょうか。

IMG_4090[1] IMG_4092[1] IMG_4093[1] IMG_4094[1] IMG_4095[1] IMG_4096[1] IMG_4097[1] IMG_4098[1] IMG_4099[1] 

 お昼休み明けには、皆で輪になってパキスタンの踊りを踊りました。

IMG_4100[1] IMG_4101[1] IMG_4102[1] IMG_4104[1] IMG_4105[1] IMG_4107[1] IMG_4106[1] IMG_4108[1]

 午後からは、最終日のプレゼンに向けての準備を始めました。まず、マニュエルがプレゼンをします。生徒たちは、「声が小さい」「自信がなさそう」「楽しんでない」などと批判します。生徒が着目したことのすべてが、聞き手に良いプレゼンだと思ってもらえるための大切な要素です。

IMG_4109[1] IMG_4111[1] IMG_4113[1] IMG_4112[1]

 明日はどんなプレゼンを聞くことができるのでしょうか、楽しみです。

Global Studies Program3日目(GSP)

2023年8月3日 17時21分

Global Studies Program3日目(8/2)

 3日目の始まりは、ミャンマーのじゃんけんゲームから。生徒たち同士もグループリーダーともずいぶん仲良くなり、和気藹々とした雰囲気です。

20230803_064444000_iOS

 が、英語で発言するのはまだまだ緊張するよう。マニュエルがいい表現を教えてくれました。「ネガティブな内容を話す時は、stillかyetをつけましょう」

 "I am nervous."ではなく、"I am still nervous."

 "I don't speak English."ではなく、"I don't speak English yet."

 というのです。stillやyetをつけることで、「今はまだできないこともあるけれど、これから先の未来までずっとできないわけではない。」という意味を込めることができます。できるようになるために努力するこれからの自分にもっと期待しましょう。

 Though students are still shy,  they are trying very hard to push theirselves up!

20230803_064621000_iOS 20230803_064713000_iOS

 今日のテーマはself-expression(自己表現)

  「全ての人やモノが同じ」という世界はつまらないものです。昨日までのレッスンで、私たちは一人一人異なる考えを持っていることを理解しました。が、それが私たちの中にとどまって、見せないままではもったいない。自分を表現するにはどんな方法があるのか考えました。そして、「自分の好きなもの」をテーマにTシャツをデザインし、相互に紹介しました。

20230803_064821000_iOS 20230803_064834000_iOS 20230803_064913000_iOS 20230803_064938000_iOS 20230803_065007000_iOS 20230803_065022000_iOS  20230803_065128000_iOS 20230803_065212000_iOS 20230803_065319000_iOS 20230803_065347000_iOS

 午後は、「自分たちでイベントを企画・運営するとしたら」を考え、プレゼンしました。イベントを運営するにあたって、重要な視点は「参加する人が、安心感を持てる」こと。Safe Spaceであると感じることができる場所であれば、自分を表現しやすいはずです。どのようにしてSafe Spaceを確保するのかを考えながら、企画をしました。

20230803_065530000_iOS 20230803_065718000_iOS 20230803_065910000_iOS 20230803_070927000_iOS 20230803_070909000_iOS 20230803_070955000_iOS 20230803_071019000_iOS 20230803_071052000_iOS 

 グループでの発表は2回目です。どの班もプレゼンのコツである”GEL”を使うことができ、魅力的に発表することができました。(G…gesture、E…eyecontact、L…loud voice)

20230803_071335000_iOS 20230803_071413000_iOS 20230803_071452000_iOS 20230803_071543000_iOS 20230803_071603000_iOS 20230803_071634000_iOS

global studies program2日目(GSP)

2023年8月2日 16時26分

Global Studies Program 2日目(8/1)

 昨日の帰りの挨拶は、"See you TOMORROW! Come BACK, ok?"でしたが、みんな開始時間よりもずいぶん前に集合しています。「昨日は緊張して、Shy Shy, bye byeができなかったから、今日はgood byeする!」と目標を宣言してくれました。Shy Shy, bye byeはこのプログラムの合言葉です。

 IMG_3757 IMG_3850

 2日目のテーマは、「バイアス(BIAS)」。人間はなぜ、同じものを見ていても、人によって受け止め方が違ったり、考えることが異なったりするのでしょう。私たちの物事の見方は何に影響を受けているのか、話し合いました。

20230802_065803000_iOS 20230802_070749000_iOS IMG_3855 IMG_3853 IMG_3851

 気分転換のアクティビティでは、班対抗の塔作り。マシュマロを頂くスパゲティーの塔を、最も高くデザインできる班はどのチームでしょうか。独特な塔が出来上がっていきます。建築学を学ぶグループリーダーがいる班は少し有利だったかもしれません。

20230802_070243000_iOS 20230802_070032000_iOS 20230802_070315000_iOS 20230802_070415000_iOS 20230802_070504000_iOS

20230802_070551000_iOS IMG_3784 IMG_3783

 自分のコミュニティーを表す絵を描き、それを相手に見てもらいながら、相手が注目したことや推測したことと、自分が伝えたかった事を共有し、「同じ」や「違い」を認識しました。

20230802_070857000_iOS 20230802_071000000_iOS 20230802_071014000_iOS 20230802_071050000_iOS 20230802_071126000_iOS

 My opinion is different from others. But I'm not wrong. My friends are not wrong. It is the world we live. 

global studies program1日目(GSP)

2023年8月1日 16時00分

global studies program1日目(7月31日)

 プログラム開始前に生徒に話をきくと、「緊張してよく寝られなかった」「ついていけるか心配」などと言いつつも、それ以上に「やっと始まる!」「ずっと楽しみだった」「全部英語でやり切れたら、僕たち凄いよね」というワクワクしている様子が伝わってきました。

IMG_3799 IMG_3801

 外国人のファシリテーター(マニュエルさん)やグループリーダーが教室に入ってくると、大きな声で挨拶し、生徒たちから自己紹介を始めることができました。リーダーたちはそれぞれが異なる国から日本の大学に留学している優秀な学生たちです。

IMG_3802 IMG_3803

 初日のテーマはアイデンティティ。MBTIを使って性格診断を行い、その結果に納得するかしないかを話し合いました。

 最初は英語の説明を聞き取るのがやっとで、なかなか英語がでてきません。"I agree." "I don't agree."は言えるのですが、その後の言葉が出てこないのです。

 グループリーダーがyes,noで答えられるように問いかけてくれたり、「この単語を使ってみたら」と簡単な単語を挙げてくれたりしながら、生徒たちは何とか伝えようと努力しました。

IMG_3804 IMG_3812 IMG_3806 IMG_3805 IMG_3813

 レクチャーの途中で、マニュエルが尋ねます。 "Do you like OREO? "

Oreoの響きを耳にした生徒たちは、「お菓子!?」とちょっと嬉しそうな顔をしました。

 "No,it's not snuck. It is how to tell your opinion. You tell your opinion first, then tell the reason why you think so. Examples and explanations will be helpful to tell your idea correctly, and say your opinion again."

IMG_3731 IMG_3809

 今日の最後の発表は、20分という限られた時間の中で、アイディア出しからプレゼンの完成までというタフワークでしたが、どの班もきちんと発表を行うことができました。初日は「原稿を読んでます」感がありましたが、ここがスタート地点です。レベルアップしていきましょう。

IMG_3814 IMG_3816 IMG_3817 IMG_3818 IMG_3819

交流会② 坂出高校×フューチャーデザイン日本語学校(GSP)

2023年7月20日 16時53分

 7月19日に、日本語学校との第2回交流会を行いました。坂高生は9名、留学生は16名も参加してくれました。(モンゴル、中国、フィリピン、ネパール、バングラデシュ、スリランカ出身の学生たち)

 留学生は「クラスでの先生の話はわかるのに、買い物や職場での会話はわからない。日 本人の“普通スピード”での会話に触れてみたい!」という熱意をもって、やってきてくれました。

 まずは車座になって自己紹介。漫画やアニメ、映画を観るのが好きという学生が、坂高 生にも留学生にも多いことがわかりました。共通点があると、距離がぐっと近づく感じがしますね。

IMG_3644

IMG_3645

 その後、坂高生1名×留学生2名のグループでの話し合いが始まりました。最初は「好きな日本の〇〇は何ですか?」という、インタビューや質疑応答のようなやりとりが。しばらくするとグループ全員が話せるように会話を回したり、相手が言ったことに重ねて質問をするなど、会話を広げようと努める姿勢が見えてきました。

IMG_3656

IMG_3660

 最後に感想を共有しました。やはり今回も「日本食は甘い」という留学生の意見に驚いたそう。「日本のエビチリは、中国のに比べて甘すぎる。」「そばのつゆ(麺つゆ)が甘 い。」とのこと。 IMG_3670

 あるグループは、留学生が街中で経験したエピソードを共有してくれました。同じ国出身の学生とスーパーで買い物をしていた際、通りすがりの方に「ここは日本。日本語を話しなさい。」と言われたそう。もしかするとその方は、日本や日本語に慣れるために意識的に日本語を使おう、という助言の意を込めておっしゃったのかもしれません。接し方や声のかけ方に、ちょっと心くばりをすることで、相手の受けとめ方が大きく変わることに気づきました。

 生徒たちは、坂出には様々な国出身の方が生活していることを実感しました。お互いを尊重しながら、仲良く生きていくために必要なことはなんでしょうか。交流会を重ねながら、少しずつ考えていきたいテーマです。

IMG_3672

IMG_3679

IMG_3675

交流会① 坂出高校×フューチャーデザイン日本語学校(GSP)

2023年7月17日 08時37分

 坂出高校は昨年度より、フューチャーデザイン日本語学校との交流を行っています。7月14日に今年度初めての交流会を行い、坂出高校生9名と日本語学校の留学生13名(モンゴル・バングラデシュ・スリランカ出身の学生たち)が参加しました。

 

まず両校の生徒が自己紹介を行いました。坂高生は名前と趣味を、留学生は名前と出身国の素敵なところを述べました。各国の素敵な場所や人柄などがよくわかりましたし、教室には準備してくれていたモンゴルの伝統的な住居であるゲルのミニチュア模型を囲んで盛り上がりました。坂高生も、ゆるキャラの「さかいでまろ」についてや、瀬戸大橋記念公園、大橋まつりなど、坂出について紹介しました。

IMG_3596-cleaned

その後、各グループに分かれて、自由に話し合いました。当日は天気が良くとても暑い日だったので、坂高生が「暑いですよね」というと、スリランカやバングラ出身の学生は、「全然平気、40度超えると暑いと思うけど」というのに対し、モンゴル出身の学生からは「5月でも雪が残ってる国からくると、地獄かと思うくらい暑い」との嘆きが。各グループで文化、学校生活、服装、言語など、いろいろなことをテーマに活発に話し合いをしていました。当初は30分の予定が、生徒たちの話す声が途切れることはなく、気づくと1時間近く時間が経ってしまっていました。

 IMG_3599-cleaned      IMG_3601-cleaned

最後に感想を述べあい、集合写真を撮りました。留学生は「日本人と直接話をする機会を持つことは難しい。学校の先生との会話や教科書に準備されている表現、ではない、生の日本語に触れられてうれしかった。」と伝えてくれました。

坂高生も、「まだ日本語を学び始めてから時間はあまりたっていないのに、たくさん日本語が出てきてすごいと思った。私たちが聞き取れなかったりすると、何度も言い直してくれたり、違う言葉で説明しようとしたりと伝える努力をしてくれてすごいと思った。言語を身につけるためには、どんどん使うことが大切なんだと感じた。」という感想を述べてくれました。

 IMG_3608-cleaned      IMG_3612-cleaned