定時制の活動

2022年5月12日 生徒総会

 5月12日(木)、生徒総会が行われました。今年度の生徒会役員の紹介や評議員の紹介、文化祭実行委員の紹介を行い、昨年度の生徒会の事業報告と生徒会予算の決算報告、今年度の事業案と生徒会予算案の承認が行われました。今年は生徒会本部役員が13人に増え、昨年よりもパワーアップした体制になりました。これからの本部役員の活躍に乞うご期待です!

2022年4月28日 前期校外学習

 4月28日(木)、前期校外学習として白山登山を行いました。白山は、讃岐七富士に数えられ、別名「東讃富士」とよばれる風光明媚な山です。学校からふもとの神社までみんなで歩き、そこから希望者で山頂まで登りました。山頂からは、三木の町、遠くは高松まで見渡すことができました。今回の登山を通して、三木定の絆がまた一段と深まったのではないでしょうか。

2022年4月8日 全体オリエンテーション

 4月8日(金)と11日(月)の2日間、全体オリエンテーションが行われました。
先生方から講話をいただき、新入生は三木定での学校生活について学ぶことができ、在校生はもう一度気を引き締めて学校生活に向かうことができたのではないでしょうか。

2022年4月8日 対面式

 4月8日(金)大講義室で対面式が行われました。
まず、在校生の代表が歓迎の言葉を述べ、新入生の代表がそれに対する言葉を述べました。そのあと、生徒会による1年間の学校行事の紹介が行われました。
今日から全学年そろって三木定がスタートします。今年度も自分の目標に向かって頑張っていきましょう!

2022年4月7日 入学式

 4月7日(木)令和4年度入学式が挙行されました。
新入生6名はみんな若干の緊張感がありつつも落ち着いた雰囲気で、良い入学式となりました。また、厳粛な雰囲気の中、新入生の代表が新入生宣誓を堂々と行ってくれました。
明日からは高校生としての生活が始まります。早く三木定の生活に慣れて、充実した高校生活を送ってもらいたいです。

2022年4月6日 離任式・着任式・始業式

 新年度を迎え、気持ちも新たに学校がスタートしました。登校してきた生徒たちの明るく元気な様子にホッとしました。
17時40分〜お世話になった先生方の離任式を行いました。三木定での思い出や在校生への励ましの言葉をいただきました。先生方からのエールを忘れず、三木定の生徒たちには成長し続けて欲しいです。

2022年3月18日 後期終業式

 3月18日(金)後期終業式を行いました。
校長先生から「心のものさし」についてお話がありました。同じものごとでも人によって捉え方は違う。マイナスに捉えるのか、プラスに捉えるのか、自分の「心のものさし」の目盛りをどう解釈するかで心の持ちようは変わってくるものである。しかし、気を付けなければならないことは、自分のものさしが絶対だと思い、人にあてることはしてはいけない。トラブルの原因になる。相手のものさしの目盛りを尊重する気持ちを持てば、みんなとうまく付き合っていけるというお話でした。
 その後、お世話になった川先生からお別れの言葉をいただきました。いつも優しく穏やかに話を聴いてくださって、先生に心を救われた生徒は多かったと思います。三木定が寂しくなります。でも、校長先生がお話してくださったように、三木定の生徒たちは、プラスにものごとを捉えて前に向いて歩んでいきます。
明日から春休みです。ゆったりと過ごして、4月6日に元気で会いましょう。

2022年3月17日 レク大会

 3月17日(木)、後期レクレーション大会を行いました。体育館で開会式を行なった後、全員で準備運動をして、ビーチボール(?)を使ったバレーボール大会を実施しました。
卒業生を送り出し、少し定時制も寂しくなっていましたが、久しぶりに生徒の明るい声が体育館に響き、みんなが元気になりました。

2022年3月16日 高校生のための消費者講座

 3月16日(水)、四国労働金庫 高原絵美様を講師に迎え、18歳成年を目前に控えた生徒たちに消費者講座を開催しました。「18歳成年になって、できるようになること。ならないこと。」「契約ってなんだろう。」「キャッシュレス化」などについて、クイズ形式でわかりやすくお話していただきました。

2022年3月15日 古典芸能に親しむ

 3月15日(火)豊かな心の育成や芸術文化に対する理解を深めることをねらいとした芸術鑑賞会を実施しました。落語や三味線の演奏を鑑賞し、古典芸能に親しみました。ほとんどの生徒が初めてライブで落語や演奏を聴くこととなり、話術や演奏に魅了された貴重な体験になりました。

2022年3月11日 進路ガイダンス

 3月11日(金)、生徒の進路に対する意識を高めることを目的に、進路ガイダンスを実施しました。県内の大学、専門学校から講師に来ていただき、話を聴きました。生徒たちは、自分が考えている進路について、より詳しく知ることができ、進路実現に向けて「頑張ろう」という意識づけができました。

2022年3月3日 卒業証書授与式

 3月3日(木)に卒業証書授与式を行いました。新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置期間ということで、卒業生と保護者、職員のみでの実施となりましたが、無事に実施することができました。体育館での式典の後、各クラスでの最後のHRがありました。3〜6年間の思い出を胸に次のステージに進みます。校長先生の式辞にあったように、これからはみなさんが自分の力で自分の道を拓いていきます。三木定で培った力で、ゆっくりと着実に前へと進んでください。卒業生の今後の活躍を祈っています。

2022年2月24日 第3回人権・同和教育HRを実施

 2月24日(木)夜間3、4校時に人権・同和教育のHRを行いました。
1組は、すべての人権課題を自分に関わることとして捉え、日常の行動につなげてもらうことを目標に、ドラマ「ほんとの空」を視聴しました。そして、今後の生活において正しい意見を持てるような意識を習得しました。
 2組は、これまでの過去のHRにおいて、部落の成り立ちや差別解消に向けての歴史について学んできました。多くの人の努力により解決に向かいつつも、今なお、日常生活の中に残る部落差別の問題について考え、差別と闘う人々の姿を通して、同和問題に取り組むさらなる意欲や態度を養いました。
 3、4組は、「障害」とは、それぞれの人の側にあるものではなく、社会の中にあるもので、その障害が人を生きにくくしています。そして、人にはそれぞれ「不便」と感じる「障害」はあるもので、その不便さを取り除いて、人がそれぞれの個性を発揮することができればみんなが「幸せな」人生をおくることができることを知りました。

2022年2月3日 第3回進路指導HR

 
 2月3日(木)「志望先の見つけ方〜自ら考え自ら選択しよう〜」と題して、進路指導HRを実施しました。進路担当の先生から、「自分のアピールポイントを作ること」「社会事情を知ること」「レジリエンスを高めること」など、今からすぐに取りかかれる準備について話をしていただきました。
月日の経つのは早いものです。全員が、進路目標を実現できるように早くから頑張りましょう。

2022年1月17日 第14期生徒会発足

 1月11日(火)生徒会長立候補者立会演説及び投票が行われ、新しい生徒会長が決まりました。
17日(月)には臨時の生徒総会が行われました。前生徒会長から「辛かったこと」「苦しかったこと」そして「楽しかったこと」さまざまな思いのこもった退任のあいさつがあり、新生徒会長へバトンが渡されました。前生徒会役員の人たちの思いを受け止め、みんなで協力し、みんなが過ごしやすい学校になるように頑張りましょう。

2022年1月11日 冬季休業後の全校集会

 新年を迎え、気持ちも新たに学校がスタートしました。17時過ぎに生徒の大きな笑い声が聞こえ、元気そうな顔が見えて、ホッとしました。
そして、17時35分〜冬季休業後の全校集会を行いました。校長先生から「一年の計は元旦にあり」今年の目標を決め、目標を持って進むことが大切である。目標に向かって進むとき、「やらされてやるのか」「自分からやるのか」は、同じ結末でも過程が違う。自分で動けば、失敗しても自信や成長につながるから、自ら考えて進む一年になるようにと、講話がありました。
卒業予定者にとっては、残り少ない高校生活です。校長先生の講話を思い出しながら、充実した高校生活を送ってください。

2021年12月24日 冬季休業前集会

 12月24日(金)冬季休業前集会を行いました。校長先生から校訓の「友愛」について、「友愛」は相手がいる。相手を理解しようとすることが大切。主観ではなく客観的にものごとを見て、相手の価値観を受け入れる努力をし、いつも「こうしよう」と考え、少しずつ努力を継続していると気づいたときには大きく成長しているとお話がありました。
 校長先生の講話を思い出しながら、明日からの冬休みを充実したものになるようゆっくりと過ごしてください。

2021年12月23日 レク大会

 12月23日(木)、レク大会が行われました。体育館で開会式を行ない、全員で準備運動を兼ねたジャエスチャーゲームをしました。先生と生徒のジェネレーションギャップを感じながら、心も体もほぐされました。その後、体育館と教室に分かれて、体育館ではビーチバレー(?)、教室では人生ゲームとトランプ大会を実施しました。先生も入って楽しいひと時を過ごすことができました。

2021年12月9日 総合的な探究(マイリサーチ)発表会

12月9日、総合的な探究(マイリサーチ)の研究発表会を実施しました。今年は、8名の生徒が、2年間総合的な探究の授業で、興味のあることを調べ、考え、分かりやすくまとめて発表してくれました。どの発表も素晴らしいものでした。
 来年は是非たくさんの保護者の方に見に来ていただきたいと思います。

2021年12月2日 第2回履修希望調査、進路希望調査

 後期中間考査も終わり、今年度も残すところ4か月ほどになりました。令和4年度に向けて、履修希望調査を行いました。生徒たちは、次年度、各々の進路に合わせて、どの科目を履修するか真剣に悩んでいました。
 生徒諸君!進路目標の実現に向けてがんばれ!

2021年11月19日 観月会

 11月19日(金)限りなく皆既に近い「部分月食」をみんなで観ました。校舎3階の音楽教室から、月が少しずつ影の中に入っていく様子に感動しました。なかなか観ることができない「赤黒い月」を観られて大満足です。

2021年11月11日 第2回人権・同和教育HR

11月11日(木)夜間3、4校時に人権・同和教育のHRを行いました。
 1組は、車いす体験、障がい者スポーツの体験を通して、障がいのある人の立場や身の回りにある様々なバリアに気づき、バリアフリー社会を実現するために自分ができることについて考えました。
 2組は、同和問題について正しい知識・歴史認識を得ることによって、差別を生み出し温存してきた社会の構造や民衆の意識、差別の理不尽さを理解し、差別の不合理性を見抜く力の基礎を身につけました。
 3、4組は、結婚差別の原因となっている考え方の不合理性について考え、身近な問題として結婚について考えました。

2021年11月4日 先輩講演会

 11月4日(木)、平成30年度卒業生の藤岡芳恵さんを迎えて、先輩講演会を実施しました。藤岡さんは、遠方から通いながら学業とアルバイトの両立に努力した三木定での3年間の思い出や、「嘘をついてはいけない」「いつも人のせいにしていたら信頼をなくす」と、社会人として大切なことを話してくれました。そして、後輩たちに「人と比べることはない。大切なことは自分がどうしたいか。自分がどうなりたいかを思い描くことだ。」と、エールを送ってくれました。生徒たちは、これからの学校生活をどのように取り組むかヒントをもらったと思います。

2021年11月2日 後期校外学習

 11月2日、後期校外学習が行われました。東かがわ市引田の讃州井筒屋敷に行き、和三盆の型抜き体験、地元の産業である手袋に使う革を使ってのキーホルダー作りをしました。その後、屋敷の母屋と引田の町並みを地元のボランティアガイドの方に案内していただきました。普段ではできない体験を楽しみ、町の歴史を学ぶことができた有意義な校外学習となりました

2021年10月29日 心の健康講演会を行いました。

 10月29日(金)に、東讃保健福祉事務所のご協力のもと、認定NPO法人マインドファーストの理事長、島津昌代氏による「心の健康講演会」を実施しました。ストレスを生みやすい思考のクセやコミュニケーションの大切さなどをお話しいただきました。生徒の感想には、「一人で抱え込まないことの大切さがわかった。」「友人や家族などに相談したい。」「気持を口に出せるようにしていきたい。」などがあり、有意義な講演会になりました。

2021年10月21日 交通安全教室

 高松東署交通課長、交通安全協会の方に来ていただき、自転車のシュミレーションを使って、事故を起こさないためにはどうすればよいかを学びました。

2021年10月19日 人間関係作りワークショップ

 
 「多様性を受け入れるとは?」と題して、香川大学教育学部 教授 坂井聡先生に講演をしていただきました。坂井先生は、いろいろな意見や考え方はあるけれど、見方を変えることで誰もが本当の力を発揮できる環境が整うこと、環境を整えるのは自分たち自身であることなどを生徒に気付かせてくださいました。生徒たちが、気持ちを楽にして高校生活が送れるようになるお話でした。

2021年10月12日 秋季入学式・始業式

 秋季入学式が行われました。1名の新入生を迎え、令和3年度後期がスタートしました。

2021年10月9日 生活体験発表

 サンポートホール高松にて、香川県内の定時制・通信制高等学校に学ぶ生徒が、学校生活を通して、感じ、学んだ貴重な体験を発表しました。

2021年10月 三木定通信 第2号 発行しました

三木定通信 第2号

2021年10月 三木定通信 修学旅行特別号 発行しました

三木定通信 修学旅行特別号

 

トップへ戻る