校長室より

校長

 小豆島中央高校は平成29年4月に小豆島高校と土庄高校を統合し、校地や校舎も全く一新して開校した香川県内で最も新しい公立高校です。開校にあたり、そして開校後の今日まで、地域の皆様や、卒業生の方々、県や地元両町関係の方々など、各方面より多大なるご支援、ご尽力をいただき、素晴らしい施設・設備を整えた学校として新たなスタートを切ることができました。以来、本校を舞台とした多彩な教育活動を展開できておりますことに、改めて深く感謝の意を表したいと思います。

 さて、小豆島に一つの高校として、本校の果たすべき役割は大きなものがあります。この島や地域に生まれ育ってきた生徒、この島で貴重な青春時代を送る決意を持ってやってきた生徒、本校に集う生徒それぞれが抱く将来の希望は実に多様です。この多様な希望を持った生徒それぞれが目標とする自己及び進路の実現に向けた指導を、一人ひとりに寄り添いながら誠実に行ってまいります。

 加えて、本校では、学校目標として「自立 真心 小豆島」を掲げ、人としての成長を学びの根幹に据えながら、あらゆる教育活動に取り組んでいます。生徒たちがいかなる途へ進もうとも、確たる人としての基盤があってこそ、その実りのもたらす意味はより大きなものとなり、たとえ、苦難に出会っても揺るがない自己があれば、壁を乗り越えていけることを我々は期待しています。また、こうした生徒の人間性を高める教育の実践は、地域の期待に応え、将来を担う人づくりにつながると考えております。

 さらに、本校では、基本となる学習指導の充実に加えて、特色ある教育プログラムや体験活動の機会を準備しています。学校行事や部活動はもちろん、海外生徒との交流、文化芸術活動への参加、地域社会への参画、異世代との交流など、さまざまな活動を通して、人としての幅と深みを増していくことを生徒自身が実感できるよう、サポートしてまいります。

 現在、知識や情報・技術を取り巻く変化のスピードが増しており、社会の構造的変化はもはや、人類の予測をも超えて進展しているようにさえ感じます。こうした将来を予測することが難しい社会において、高校時代でなければ得られない、また、「島高」だからこそ提供できる学びを、この混迷の時代の最中だからこそ、なおさら大切にしていかねばならないと私たちは考えています。そして小豆島で一つの、備讃瀬戸の海上に開かれた高等学校として、島の内外を問わず皆様から応援していただける「誇れる学校」として、しっかりとその歩みを進めてまいります。

 生徒、教職員一丸となり、さらなる本校の発展のために尽力してまいりますので、今後とも小豆島中央高校の教育活動に対し、ますますのご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

                              香川県立小豆島中央高等学校

                              校長 長林  真司