弾道ミサイルへの対応

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべき行動について(PDF)

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべき行動について

弾道ミサイルが発射され、香川県内に全国臨時警報システム(Jアラート)を通じて防災行政無線等が発信された場合、また、ミサイルが着弾した場合の生徒への対応につきましては、以下のようにしておりますので、ご理解、ご協力をお願いします。

1 登校前にJアラートが送信された場合
   ・自宅で待機してください。
   ・その後の登校については、担任等から緊急連絡網等を使って連絡します。

2 登下校中、もしくは学校にいる場合にJアラートが送信された場合
(1)屋外にいる場合
 ● 自転車・徒歩通学者 
  ・近くの建物の中、または地下に避難してください。
  ・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ、頭部を守ってください。
 ● JR・ことでん等の公共交通機関による通学者
  ・係員の指示に従ってください。
   その後は、学校が近い場合は、周囲の状況に十分注意して登校。家が近い場合は、周囲の状況に十分注意して帰宅してください。
(2)屋内にいる場合
  ・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
   その後は、上記と同じ対応をしてください。
(3)学校にいる場合
  ・学校で状況を見て判断します。
   担任等から連絡が入る場合があります。保護者の方は連絡を受ける準備をしておいてください。
※休業日等の部活動に関しては、上記の「担任」を「顧問」に変えて対応してください。

3 ミサイルが着弾した場合
  ・屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋、または風上に避難してください。屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。
  ・弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なるため、テレビ・ラジオ・インターネット等を通して情報収集に努めるとともに、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。