とらすとK

同好会紹介

とらすとKって何?

  阪神・淡路大震災が起こったのは1995年(平成7年)1月17日ですが、それから10年後の2005年(平成17年)に結成された琴平高校の同好会です。とらすとは「信頼」を、Kは「神戸」と「琴平」を意味しており、「神戸と琴平を信頼で結びたい」という願いをこめて名づけられました。

どんな活動をしているの?

阪神・淡路大震災と東日本大震災で被災した方々にお手紙を送ったり、会いに行ったりする交流活動を行っています。2016年4月に発生した熊本地震の被災地にも、食器やメッセージカードを送り、交流を始めました。また、琴平町の地域行事に参加して、防災情報を発信したり、人間関係を広げる活動も行っています。


活動で大切にしていることは?

人と人とのつながり」です。
私たちは、被災者の皆さんから、震災を乗り越え生き抜いていくために何より大切なものは、「人と人とのつながり」だと教えていただきました。誰かとつながることで苦しみを減らし楽しみを分かち合う中に、人は「生きがい」を見出すことができるのです。たくさんの方々とのつながりに支えられて、私たちとらすとKも活動を続けてくることができました。


部員数

男子:1名(1年:0名、2年: 1名、3年:0名)
女子:26名(1年: 10名、2年: 12名、3年:4名)

主な受賞歴

平成21年度
  ボランティアスピリットアワード 全国賞
平成25年度
  学生ボランティア賞
平成27年度
  ボランティアスピリットアワード コミュニティー賞
平成28年度
  ボランティアスピリットアワード コミュニティー賞
  ベストコミュニケーション大賞(琴平町教育委員会)

平成29年度

  ボランティアスプリットアワード コミュニティー賞

 

○活動一周年記念のハナミズキ(琴高玄関前)

 

○神戸と宮城の皆さんへのクリスマスカード